吉沢亮 日本アカデミー賞でプレゼンター務め「またきょうこうしてこの場に来れて幸せに思います」!オールブラック衣装に白手袋で最優秀助演女優賞の黒木華を祝福

 俳優・吉沢亮が19日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪で開催された『第44回 日本アカデミー賞授賞式』にプレゼンターとして登場した。

 吉沢は2019年公開の映画『キングダム』で最優秀助演男優賞を受賞。この日は、最優秀助演女優賞の発表と、そのプレゼンターを務めることとなった。

 黒シャツに黒スーツ、黒のタイとオールブラックでシックに決めて登場した吉沢。最優秀助演女優賞を発表前に、まずは「受賞者のみなさんおめでとうございます。僕も去年、受賞させて頂いて、本当にたくさんの反響を頂いて、またきょうこうしてこの場に来れて幸せに思います」と、心境を。

 そして、最優秀助演女優賞の封を破り受賞者の黒木華をコール。白い手袋をして、本賞のトロフィーに当たるブロンズを手渡すと、小さく拍手して黒木を祝福。そのままその場を後にした。

 ※吉沢亮関連過去記事
 ・吉沢亮 二十歳の袴姿へ浜辺美波から「すごい……絵みたい」と称賛!新成人へメッセージやTwitterキャンペーン展開で2人がデザインされた限定レンチキュラープレゼントなど
 ・吉沢亮 偏差値底辺から「上の下」まで上げた方法や漫画は“転生系”ジャンルにハマる!ガーナチョコは「やっぱりブラック」【インタ部分全文】
 ・吉沢亮“勝負服”でお正月舞台あいさつ開催も「僕としてはダボッとした服が好きでオシャレと思って着ているのに……」と、ボヤキ!元旦の過ごし方や紅白歌合戦を回想
 ・吉沢亮「第43回 日本アカデミー賞」最優秀助演男優賞受賞!山崎賢人から真っ先におめでとうの思い出や「2人でここに来よう」【スピーチロング追記】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする