菅田将暉主演の「CUBE」特別映像第1弾が解禁!HPも大幅リニューアルで全28通りにも及ぶ“危険なトラップ”が発動する仕組みに

菅田将暉主演の「CUBE」特別映像第1弾が解禁!HPも大幅リニューアルで全28通りにも及ぶ“危険なトラップ”が発動する仕組みに1

 俳優・菅田将暉が主演し今年10月22日より公開予定の映画『CUBE』(監督:清水康彦/配給:松竹)。作品の第1弾特別映像が18日、解禁となった。

 本作は、1997年に公開されたヴィンチェンゾ・ナタリ監督が手掛け、カルト的な人気を誇った密室サスペンス映画『CUBE』をナタリ監督公認でリメイクした作品。 突然ある空間に閉じ込められた男女6人。エンジニア、団体職員、フリーター、中学生、整備士、会社役員……彼らには何の接点もつながりもない。理由もわからないまま、脱出を試みる彼らを、熱感知式レーザー、ワイヤースライサーや火炎噴射など、殺人的なトラップが次々と襲う。仕掛けられた暗号を解明しなくては、そこから抜け出すことは絶対にできない。体力と精神力の限界、極度の緊張と恐怖と不安、そして徐々に表れていく人間の本性……終わりが見えない道のりを、それでも「生きる」ためにひたすら進んでいく。果たして彼らは無事に脱出することはできるのか……。

 今回の発表で、「一度入ったら、最後」という、危険の象徴である「CUBE」=「部屋」にかけて、本作では毎月18日を<「CUBE」=部屋の日>とし、さまざまな情報を解禁していくことを決定!その初回となる4月18日“死ぬ部屋の日”に特別映像を解禁した。

 映像では、謎に満ちた部屋『CUBE』で巻き起こる絶望と隣り合わせの様々なシーンとともに、サブリミナル的に映し出される謎の立方体のイラストや並べられた数字、計算式といった、不穏な気配漂うシーンが散りばめられたものに。次々と開く「CUBE」の扉。「一度入ったら、最後。」のこの部屋で、一体何が展開されていくのか。今後の毎月18日の情報解禁では、一体何が待っているのか……。

 さらに、同日より公式HP(https://movies.shochiku.co.jp/cube/)も大幅にリニューアル!ページTOPを開くと、「CUBE」(=部屋)の中で串刺しにされた靴とともに、劇中で登場人物たちに襲いかかるレーザー照射やガス噴射、また感情で変化する部屋の色……など、全28通りにも及ぶ“危険なトラップ”が発動する仕組みとなっている。トラップの発動条件は素数。示す時間によってその仕掛けは変化していくが、なぜ素数なのか……、この靴が何を意味するのか……謎が謎を呼ぶ仕上がりとなる。

 ※菅田将暉過去関連記事
 ・中村倫也、菅田将暉の巨大広告ポスターの展示も!アンバサダーの白石麻衣が語る「スーパードライ ミュージアム」のオススメスポットとは?
 ・松坂桃李、賀来賢人「ちょっと待った!」連発も菅田将暉は「ふつーに白いけど…」と飄々!“#洗濯愛してる会”新TVCM放送や印象的な撮影振り返ることも【3人インタやりとりロング】
 ・菅田将暉 山田洋次監督組で感じた役者として無上の喜びや切々とメッセージを伝え続ける姿も!映画「キネマの神様」完成報告会見で永野芽郁の腕握って手振りなど温か光景
 ・二宮和也「日本アカデミー賞」晴れの舞台でも菅田将暉&妻夫木聡から出てくるエピソードは「ゲームしている姿」に苦笑い!「嫌らしくならないように気をつけました」
 ・菅田将暉 小松菜奈をなぜか恐縮させる結果に!?「お邪魔にはなってないですけど、そんな人初めて見ました」

 ※記事内画像は(C)2021「CUBE」製作委員会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする