浦井健治 2022年2月上演予定のミュージカル「笑う男」主演で共演に山口祐一郎!演出は2019年日本初演で担当の上田一豪氏続投

浦井健治 2022年2月上演予定のミュージカル「笑う男」主演で共演に山口祐一郎!演出は2019年日本初演で担当の上田一豪氏続投2

 俳優・浦井健治が2022年2月3日から同19日まで東京・帝国劇場で上演予定のミュージカル『笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-』(翻訳・訳詞・演出:上田一豪)を主演することが19日、発表となった。

 文豪ヴィクトル・ユゴーが自身の最高傑作と評した小説が原作。ミュージカル『マリー・アントワネット』の演出を手掛けたロバート・ヨハンソンが脚本を担当、フランク・ワイルドホーンの音楽、ジャック・マーフィーの歌詞でつむいだミュージカル『笑う男』は、2018年に韓国で世界初演、翌年の2019年4月に日生劇場にて日本初演され人気を博した。当時から再演の声も寄せられた公演だったが、装いも新たに帝国劇場での公演が決定となった。

 浦井は、口を割かれた奇怪な顔のために幼少から見世物として生きる“笑う男”グウィンプレン役を。さらに、グウィンプレンの育ての親であり見世物興行を取り仕切るウルシュス役に、山口祐一郎がキャスティングされており、2019年の日本初演に続いて続投。なお、演出も2019年の日本初演の演出をつとめた上田氏が続投することとなった。

 ■あらすじ
 1689 年、イングランド、冬。
 “子供買い”の異名を持つコンプラチコの手により、見世物として口を裂かれた醜悪な笑みを貼り付けられた少年、グウィンプレンは、一行の船から放り出され、一人あてもなく雪の中を彷徨う。そのさなか、凍え死んだ女性が抱える赤ん坊、後のデアを見つけ、道すがら偶然辿り着いた興行師、ウルシュスの元へ身を寄せた二人は彼と生活を共にすることになる。時はたち青年となったグウィンプレンは、その奇怪な見た目で“笑う男”として話題を呼び、一躍有名人になっていた。盲目であるデアと共に自らの生い立ちを演じる興行で人気を博す二人は、いつしか互いを信頼し、愛し合う関係となる。
 そこへ彼らの興行に興味を持ったジョシアナ公爵とその婚約者、デヴィッド・ディリー・ムーア卿が来訪する。醜くも魅惑的なグウィンプレンの姿に心を惹かれたジョシアナは、彼を自身の元へ呼びつけ誘惑する。突然の愛の言葉に動揺するグウィンプレンがウルシュスらの元に戻ると、突然牢獄に連行され、そこで王宮の使用人、フェドロより衝撃の事実が明かされる―。
 本当に醜いのは、刻まれた貧者の笑顔か、それとも富める者の嘲笑か。運命に翻弄される“笑う男”が辿り着く先に待っているものとは―。

 ※浦井健治過去関連記事
 ・浦井健治 5月開催の「世界ふれあい街歩きコンサート」登場で観客をヨーロッパ周遊の旅へ!「とても素敵なこと」と気持ちも
 ・浦井健治「Dressing Room」初ストリーミング配信イベント6月16日に開催発表!「奇跡のような配信にしていけたら」と熱い胸の内も披露
 ・浦井健治 初の番組イベントで井上芳雄から愛あるツッコミやコラボライブ!浴衣姿に観客の視線も釘付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする