桜井ユキ、満島真之介、高橋一生らが映画「THE LIMIT OF SLEEPING BEARUTY」完成披露試写開催!マスコミまで気遣った“神対応”も

桜井ユキ、満島真之介、高橋一生らが映画「THE LIMIT OF SLEEPING BEARUTY」完成披露試写開催!マスコミまで気遣った“神対応”も2

映画「THE LIMIT OF SLEEPING BEARUTY」完成披露試写開催!

 女優・桜井ユキ(30)、阿部純子(24)、俳優・佐々木一平(38)、満島真之介(28)、高橋一生(36)が28日、東京・新宿武蔵野館で映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEARUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』(監督:二宮健/配給:アーク・フィルムズ)完成披露上映会を二宮監督とともに開いた。

 30歳を目前にし、催眠状態を演じているうちに妄想と現実の境界が揺れてくる主人公・オリアアキ(桜井)の人生再生が始まっていく姿が描かれる。ショー番組のMC役に満島、アキの恋人・カイト役を高橋が演じている。

 上映前に観客たちの前に立ったキャスト陣。外はあいにくの雨模様ということで、阿部が「お足元の雨の中……」と少々言葉に詰まってしまったことから、高橋は「お足元の雨の中ようこそいらっしゃいました(笑)」と、乗っかってフォローしたあいさつをし場内を沸かせることに。

 高橋によると本イベントにはなんと3715人の応募があったといい超高倍率というプレミアチケットになっているのだとか。それだけに「ようこそいらっしゃいました」と、当選者を祝福し、「カイトを演じさせていただきました高橋一生です。見せ方だったり、素敵な映画になっていると思います。登場人物の造詣がしっかり作られていて、アキという人物を通しての成長譚だと思っていますので、みなさんがどうシンクロしてくれるか楽しみです」と、呼びかけた。

 さらに、二宮監督が若干25歳ということで、キャスト陣それぞれそのことをイジりつつ、満島が「日本の映画界に光が差しました。こんなにも楽しく映画を撮っている監督がいるというのも嬉しいし、全精力を費やすんですよ。本当に希望だったんです。その希望に高橋さんも入ってきてくださいね」と声をかけると、高橋も笑みが漏れる。そこで、高橋は二宮監督へ「作り込みがしっかりしていて、どういうふうにやっていくかその都度、その都度お話して」と、コミュニケーションをとりながら作り上げた裏話を話していた。

 トークは本作が最も輝いた時間を切り取っているということから、自身にとっての輝いている瞬間はいつかという質問が飛び、桜井は「小さい頃は靄がかかっていたみたいで(苦笑)。でも、大分のおばあちゃんおとk路にいた記憶だけは鮮明に覚えているんです。どこで石を拾ったとか」と思い出すと、満島は「いまこの瞬間を切り取りたい」とのこと。

 すると高橋も「僕も今ですね。今を更新していこうと思っています」とうなずく。さらには会見中盤にカメラマンがフラッシュ撮影していたことから、司会から光がきついのでトーク中に止めるようアナウンスがあったことを踏まえて、「今輝いていると思いますよ。フラッシュがきついからたかないでくれと。どんどんこういう瞬間を増やしていきたい」と、悪くなりそうな雰囲気をひっくり返すマスコミまで気遣った“神対応”なコメントもしていた。

 最後に高橋から「ただただ純粋に自分の中で起こったことを純粋に楽しんでもらえたら」と、呼びかけると、桜井からは「自分の思っているストーリーや世界観が観てくれる人によって変化していくので、これからどんどん変化して、自由に解釈できる映画になると思いますの。2度3度と観てもらえれば」とPRしていた。

 映画『THE LIMIT OF SLEEPING BEARUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ』は10月21日より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

桜井ユキ、満島真之介、高橋一生らが映画「THE LIMIT OF SLEEPING BEARUTY」完成披露試写開催!マスコミまで気遣った“神対応”も1

桜井ユキ、満島真之介、高橋一生らが映画「THE LIMIT OF SLEEPING BEARUTY」完成披露試写開催!マスコミまで気遣った“神対応”も3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする