和田雅成×八代拓バディの「団地探偵R」最新第5弾公開!八代の「ちょっと他人事には思えなかった」という共感ポイントとは

和田雅成×八代拓バディの「団地探偵R」最新第5弾公開!八代の「ちょっと他人事には思えなかった」という共感ポイントとは2

 俳優・和田雅成(29)、声優・八代拓(28)が7日より公開となっているUR賃貸住宅のPR動画『団地探偵R~娘とパパの部屋探し篇~』に出演している。

 本作は、団地に起こる不思議な出来事を解決していく、ドラマ『団地探偵R』シリーズの第5弾。前作に引き続き、主役の『探偵R(アール)』を演じるのは和田、探偵Rの相棒であるインコの「α(アルファ)」の声を八代が務めている。

 今回、出張探偵事務所に相談に来たのは、あこがれている団地で、一人暮らしをしたい女の子とそれを反対するパパ。果たして頑固なパパを納得させ、気に入った部屋に住むことはできるのか……というもの。埼玉県ふじみ野市にあるコンフォール霞ヶ丘を舞台に撮影が行われた。

 撮影後、和田へインタビューが行われることに。以下、全文。

 ――今回はどのような内容ですか?
 和田:娘とパパが中心のストーリーということで、シリーズの中でもかなりあったかい内容になっているんじゃないでしょうか? テンポが良いドラマになっていますよ!

 ――和田さんはご実家を離れる際、家族に掛けられた言葉などはありますか?
 和田:東京に引っ越すときは心配されましたね。ただ僕は新しい場所でも適応できるタイプなので、家族からも『あんたならいけるわ』と励まされながら、送り出してもらいました。

 一方の八代はボイスメッセージで、CMについての感想を伝えることに。八代が深く共感を覚えた部分へ登場する女の子の夢が声優だったということで「ちょっと他人事には思えなかったんです。僕も声優になりたくて、上京した身なので。とはいえ娘さんが上京して一人暮らしをしたいと言われるパパの気持ちも、相当苦しさとかあるんだろうなと思いながらでした」と、感じたことを。

 さらに、八代は「僕のワガママもあるんですけれども、アルファのアドリブが増えているというか、増やさせて頂いているというか、入れ込んでいるというか(苦笑)。どこまで入っているか分かりませんが、そんなところまで演じさせて頂きました」と、裏話も披露している。

 ■『団地探偵R~娘とパパの部屋探し篇~』動画
 https://youtu.be/tWBkJTaLXTQ

 ※『団地探偵R』過去関連記事
 ・和田雅成「声優にチャレンジしましたが難しかったですね」!八代拓との「団地探偵R」コンビが第4弾動画はパペット
 ・和田雅成「団地探偵R」新動画で監督から「好きにやって良いよ」!植田圭輔「まーしーと一緒だと、コミュニケーションが取りやすい」や声優・八代拓も“インコ”声担当

和田雅成×八代拓バディの「団地探偵R」最新第5弾公開!八代の「ちょっと他人事には思えなかった」という共感ポイントとは1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする