井上咲楽「低空飛行で中途半端」な悩みから“相方”と別れ話題沸騰に「興味を持って頂けて」と好循環!水着姿で会見開催で「落ち着かないです」と照れる

井上咲楽「低空飛行で中途半端」な悩みから“相方”と別れ話題沸騰に「興味を持って頂けて」と好循環!水着姿で会見開催で「落ち着かないです」と照れる3

恥ずかしそうにしながらも写真集を頭の上にする井上

 タレント・井上咲楽(21)が18日、東京・渋谷のHMV&BOOKSで1stフォトブック『さよならMAYUGE』(幻冬舎)発売記念イベントに登場した。

 昨年末にトレードマークだったゲジ眉毛を整えたところ大きな話題になった井上初のフォトブック。本作のために、鍛えたレタッチなしの肌・ボディが楽しめるとともに、そのボディメイクの裏側や、自身の人生ことも語るロングインタビューなども掲載されている。

 「私がフォトブックを出せるんだとふわふわした気持ちでした。1年前からしたら、細い眉毛で、髪の毛を下ろしてここにいるというのが信じられないですね」と、夢心地のような気持ちという井上。

 本日はシースルーの記事と合わせて白色の水着で登場した。自身でチョイスしたものだそうだが「落ち着かないですね。私服とかの衣装もダボッとした服を着ることが多くて、水着だとお姉さんみたいだなと思ってソワソワしてます」と、照れながら話していたが、「でもせっかくジムで鍛えているので」と、その健康的な体が映えるようにという気持ちもあるそうだ。

 千葉で撮影したという本作。お気に入りのカットは水着のカットだそうで、「あのカットに変身したすべてが詰まっていて」というところから選んだそうだが「このフォトブックに向けて筋トレを頑張ったんです。それまで腹筋とかは言ってもらえることが多かったのでお尻を鍛えたいなと思って」と、理由とともに、 そのチャームポイントのお尻へ井上は、「お尻もフォトブックで初公開なので!」と、アピールも。

 そもそも眉毛を剃ろうと思ったきっかけへ、「(芸能活動をはじめて)6年間低空飛行で中途半端なところを行って悩んでいた時に、お話を頂いてなんかの起爆剤になったらいいなと思って。これで何かが変わるならという気持ちでした」と話が来たことで思い切ってみたという。

 その後、眉を剃った姿に反響が出たが、剃った当時は不安があったそう。「これまで21年間眉毛と生きてきて、二人三脚でコンビを組んでいるような気分だったので、最初は解散するような気分で得した。仕事道具をなくして本当に裸になった気分で、これで仕事やっていけるのかと思いました」という心情になったそうだ。

 そんな不安を吹き飛ばすように、眉毛を剃ってからは仕事も増えたそうだが、これまでに趣味としてきた昆虫食もうまくつながってきたという。「眉毛があったときは仕事のために『昆虫食をやってるの?』と見られていたんです。ですが、眉毛を剃ってから腹筋とか、何を食べたますかとか?その白い肌はどうやってなったんですか?とか聞かれて、これまで点だったことが線になったんです!私が剃ったことで、食生活とかも興味を持って頂けて、注目してもらえるようになりました」と、いい循環が生まれているといい、本イベント取材でも熱い昆虫食話を計5分近くにわたって熱弁することもあった。

 そして「私自身、眉毛を剃る前とか、眉毛縛りみたいなものを作っていたような気がしていたんです。眉毛に合わせた自分がいたんです。ですので、ぜひ、変わりたいたいけど勇気が出ないという人に」と、アピールしイベントへと向かっていった。

 フォトブック『さよならMAYUGE』は1500円(税別)で発売中!

 ※井上咲楽過去関連記事
 ・井上咲楽 大好きな昆虫食のカイコメニューに大興奮!FUJIWARA・藤本敏史「仕事がなくなる!」と言わしめたものとは
 ・井上咲楽 アンガールズ田中卓志の恐怖サプライズに走って逃げ「トラウマです」!意外な恋愛対象挙げ田中も「あんなクソ人間」と吠える
 ・丸山桂里奈&井上咲楽「ザ・コーポレートゲームズ」リレーマラソン後を直撃!定岡遊歩“初仕事”で2人と宣誓も

井上咲楽「低空飛行で中途半端」な悩みから“相方”と別れ話題沸騰に「興味を持って頂けて」と好循環!水着姿で会見開催で「落ち着かないです」と照れる2

井上咲楽「低空飛行で中途半端」な悩みから“相方”と別れ話題沸騰に「興味を持って頂けて」と好循環!水着姿で会見開催で「落ち着かないです」と照れる1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする