佐藤勝利 単独初主演に「みんな言いそうな台詞を言ってみました(笑)」とお茶目さ全開な切り出し!思春期にはSexy Zone“あの2人”から「独特なお話を聞きました」

佐藤勝利 単独初主演に「みんな言いそうな台詞を言ってみました(笑)」とお茶目さ全開な切り出し!思春期にはSexy Zone“あの2人”から「独特なお話を聞きました」2

 “セクゾ”の愛称で親しまれているアイドルグループ『Sexy Zone』の佐藤勝利が18日、東京・池袋の東京芸術劇場 プレイハウスで初単独主演舞台「PARCO PRODUCE『ブライトン・ビーチ回顧録』」(演出:小山ゆうな)取材会を開催した。

 1980年代に上演されたアメリカ・ブロードウェイの大御所コメディ作家ニール・サイモンのB・B三部作と呼ばれる青春成長物語のうちの1作(あと2作は『ビロクシー・ブルース』『ブロードウェイ・バウンド』)。サイモンの少年時代を描いたとされ、貧しくもたくましく生きるユダヤ人一家と思春期の主人公・ユージンの成長を描いた作品となる。ほかにも、ユージンの母ケイト役を松下由樹、ユージンの兄スタンリーに入野自由、父親のジャック役は神保悟志、ユージンの叔母ブランチ役に須藤理彩、ユージンの従姉妹、姉のノーラ役に川島海荷、妹のローリー役に岩田華怜が出演している。

 取材会に先駆けて第1幕がメディア向けに公開。佐藤は思春期直前の無邪気な少年としてスタンリーを質問攻めにする姿や、母親にピシャリと怒られたりと、さまざまな表情を披露し、作品の魅力を表現していた。

 その後の取材会は佐藤、松下、入野、演出の小山氏とともに開催。ジャニーズ以外での舞台の単独初主演ということで「感慨深いですね。舞台が大好きでストレートプレイをいつかやってみたいと思っていましたし、芸術劇場もいつかやってみたい舞台だったので」と、喜びにあふれていた……と、みせかけつつ「まずは、みんな言いそうな台詞を言ってみました(笑)」と、お茶目さ全開の切り出しを見せることに。

 そんな佐藤は『Sexy Zone』メンバーから激励を受けていたという。「『幕が開けられるかな……』とメールを入れてたら、さっき松島(聡)からメールがきていて、『絶対大丈夫だからみんなを信じてけいこで頑張った分を、頑張ってください』と来ていて。先輩かなと思って(笑)」と、同じく池袋で舞台に出演している松島のおかげで気持ちが前を向いたという話や、「風磨くんはちょこちょこ僕にというより、風磨くん自体結構長い台詞に挑戦した部分があるので『僕は噛まなかった!』と、自慢を無茶苦茶してきてました」と、菊池らしさが光る声をもらったとも。

 一方、小山氏は佐藤の印象へ、「初めてという感じは最初からしなくて。いつの間にかすご勢いでどんどん良くなっていって、毎日全然新しくなっていっててけいこ場に行くのが楽しみでした。長い台詞を聴いているだけでも変わっていったんです」と、手放しで褒めていたが、佐藤自身としては「説明台詞とかもあるので、毎回ドキドキしていますね」と、まだまだといった様子。

 役作りとしては、「無理して子供っぽくしないように気をつけているというか。14歳ですけど、14歳の時の自分って大人だと思っていたし。あと僕、童顔なので、それは大丈夫かなって(笑)。そこはそう思いながら14歳は僕が 事務所に入った年齢なので。グループが10周年のなかで、この舞台をやるのは感慨深いなって」と、自身のことと交えて去来するものがあるそうだ。

 思春期の少年が主人公ということで、自身の思春期時代はどうだったかとの質問も飛んだが、「この舞台では、お兄ちゃんに教わったりしてますけど、僕の実際の家族とか、あまりそういう話をしたことなくて。でも、くしくもグループの年上の2人(中島健人、菊池風磨)から、独特なお話を聞きました(笑)。セクシートークになりましたね(笑)」と、学ぶ(?)ものもあったと笑いながら話していた。

 そして、佐藤から「本当に立ちたかった舞台で念願かなうなと思っています。家族の物語で、いまの時期は仕方がなく家族と距離が出ていると思います。そんななかで、あらためて家族って良いなと思ってもらって、クスッと笑ってもらって、今の時期にぴったりだと思います」と、アピールしていた。

 舞台「PARCO PRODUCE『ブライトン・ビーチ回顧録』」東京公演は18日から10月3日まで東京芸術劇場 プレイハウスにて、京都公演は10月7日から同13日まで京都劇場にて上演予定!

 ※公演別記事
 ・入野自由 舞台「ブライトン・ビーチ回顧録」は「ターニングポイントになるような作品」!“弟”佐藤勝利和ませエピソード連発で「この世の終わりぐらいに緊張」してたとも

 ※佐藤勝利過去関連記事
 ・佐藤勝利 舞台初単独主演で14歳思春期の男の子演じ「念願の初ストレートプレイ、とても嬉しいです!」共演に松下由樹、入野自由、神保悟志ら
 ・佐藤勝利 幽霊役で初ラブストーリー主演で原作読んで「怖くて眠れなくなってしまった」!「青野くんに触りたいから死にたい」WOWOWでドラマ化
 ・北山宏光&佐藤勝利W主演「でっけぇ風呂場で待ってます」9月29日にBlu-ray BOX&DVD BOXとして発売!特典映像では新たな世界に苦労しながらも体当たりで挑む姿なども

 ※菊池風磨舞台記事
 ・菊池風磨 気の置けない関係窺わせる田中樹への「僕のチャンプの方がちょっとだけ良かったかな(笑)」!逆に「中島健人と答えていた可能性もなくはない」の応酬も【会見ロング・前編】
 ・菊池風磨 名物の壁フライングは「本当にコスパが悪い!」と声張る!万感の「すごく大親友の樹と帝国劇場の真ん中まで連れてきてくださったみなさんに感謝しております」【会見ロング・後編】
 ・菊池風磨 無事ゲネプロ終えて田中樹とガッチリ握手!田中がしゃべっているところにまさかの幕も「こういったなかでは恥ずかしい……」【ゲネプロ記事】

 ※松島聡舞台記事
 ・桐山照史 後輩の松島聡に見せたい「背中」や褒め倒されて「キュンです」!ジャニーズWEST内を駆け巡った“見てる!”噂話で自身は念押しも
 ・松島聡 桐山照史に「胸を触ってください!」といったワケ?初舞台で着付けできるようになったりSexy Zoneメンバーには「ひっそり観に来て!」と訴えも

佐藤勝利 単独初主演に「みんな言いそうな台詞を言ってみました(笑)」とお茶目さ全開な切り出し!思春期にはSexy Zone“あの2人”から「独特なお話を聞きました」1

佐藤勝利 単独初主演に「みんな言いそうな台詞を言ってみました(笑)」とお茶目さ全開な切り出し!思春期にはSexy Zone“あの2人”から「独特なお話を聞きました」4

佐藤勝利 単独初主演に「みんな言いそうな台詞を言ってみました(笑)」とお茶目さ全開な切り出し!思春期にはSexy Zone“あの2人”から「独特なお話を聞きました」3