下野紘 高校時代は「絶対に唐揚げしか俺食ってなかった」に梶裕貴「狙ってフッた甲斐ある回答」!住野よる氏書き下ろし「濃厚チョコブラウニー」オーディオ小説第2弾配信

下野紘 高校時代は「絶対に唐揚げしか俺食ってなかった」に梶裕貴「狙ってフッた甲斐ある回答」!住野よる氏書き下ろし「濃厚チョコブラウニー」オーディオ小説第2弾配信1

 声優・下野紘、梶裕貴、悠木碧が12日から配信となる『濃厚チョコブラウニー』のオーディオ小説第2弾『no doubt+1(ノーダウトプラスイチ)』に出演する。

 今年、4月より公開され話題となった『no doubt』は、『君の膵臓をたべたい』で知られる作家・住野よる氏が初めて書き下ろしたオリジナル企業タイアップ小説。全5話の合計視聴回数は約30万回と、多くの方が楽しんだ。続編となる本作では「小説やお菓子を含め、生きることに直接は必要なさそうなものが、心に余白を作り人を豊かにする」が テーマ。キャラクターデザインは、前作に続きイラストレーター・いつか氏が担当していることも特徴だ。

 濃厚チョコブラウニーと青春の一部をともに過ごした前作では高校生だったイマイ(下野)とイガラシ(梶)の関係性を、大学生になったイマイの彼女であるコバヤシ(悠木)視点から、高校時代の回想も交えながら描くというもの。大学生になったイマイが登場し、恋人であるコバヤシと一緒に濃厚チョコブラウニーを食べるシーンや、『濃厚な味は、消えない。』を表現していく。

 この続編へ下野は「『イマイ』と『イガラシ』の話の続きができると思っていなかったので、またやれるんだという喜びとともに、『イマイ』と『イガラシ』って連絡を全然とっていないのだけれど、成長してもなにかどこかで繋がっているというのを今回の話で感じることができ、次回もあるのかななんて期待をすでに僕自身してしまいます。ぜひともたくさんの方に、彼らが果たしてどんなストーリーを紡いでいるのか聞いてもらえるとありがたいです」と、メッセージを。

 梶からは、「この作品をふたたび読むことができ、そして、みなさんに触れていただけることがとても嬉しいです。高校時代の『イガラシ』は、なかなか掴みどころがなく不思議な空気をまとった男の子でした。そんな彼が大学生になって、そしてこれから社会人へ……というタイミングで、どのような変化を迎えているのか、自分の中でたくさん考えて演じました。難しくもあり、とても楽しかったです。時を経て少し大人になった彼らと、それに伴う関係性の変化を、リアリティをもって感じていただけたらなと思っています」と、話した。

 そして悠木からは「住野先生の作品の食べ物と日常の描写が本当にほんっとうに大好きで、食べ物と日常の描写が本当に素敵で、役と一緒に、コバヤシの過去を懐かしく感じるとともに、口の中が美味しくなっちゃいました笑。イマイとイガラシに2人だけの名前がつけられない関係があるように、イマイとコバヤシ、イガラシとコバヤシしも、それぞれの名前がつけられない関係があって、それが人との関わりの醍醐味なんだよなぁと染み入るお話でした。ぜひ!濃厚チョコブラウニーと一緒にお楽しみください!」と、コメントを寄せた。

 なお、ブルボン公式You Tubeチャンネルにて公開されているメイキングでは、の声としてコバヤシを演じる悠木が、下野と梶にインタビューをする様子を楽しむことができる。以下、その内容。

 ――第2弾となる今回の作品への、意気込みや感想を教えてください!
 下野:まさかイマイとイガラシに、さらに続きがあるということに、びっくりしました!
 梶:小説を読んで……時間が経っても、2人らしい距離感が維持されている雰囲気が素敵だなと思いましたね。

 ――学生時代から今も変わらないなと思うことはありますか?
 梶:学生時代と聞いて、僕はパッと部活動をやっていた時のことを思い出しました。練習中やけいこ中に食べたお弁当が頭に浮かんできて。おかずの選択肢があったら、いまだにチキン南蛮を選びがちだなって思いました(笑)。ずっと好きですね。
 下野:俺も高校時代、友達の家の近くにある弁当屋で、すごい種類の弁当があるんだけど、絶対に唐揚げしか俺食ってなかったもんね、やっぱりね。
 梶:やっぱり!狙ってフッた甲斐ある回答をありがとうございます(笑)。

 ――濃厚チョコブラウニーにちなんで、最近あった濃厚な1日を教えてください!
 梶:仕事の面で言うとアフレコ以外のこと……映像でのお芝居とか舞台とか歌とか、普段とはちょっと違うことをやると、すごく1日が長く感じられますね。家に帰って、濃かったー!って思います。
 下野:ちょっとわかる。アフレコやナレーションをボンボンボンと連続でやった日はすごい喋ったなと思う。本当にずっと喋って、今日1日疲れたなぁ、すげえ頑張ったなぁ俺って思った後に、家帰って、ビールを飲むっていうのが……。
 梶:あと、もちろん濃厚チョコブラウニーもね!

 ――作品をご覧になるみなさまへのメッセージをお願いします!
 梶:この作品をまた読める、みなさんに触れていただけるというのが、何より嬉しかったです。前回演じてみて……イガラシという男の子は掴みどころがなく、そのミステリアスさが面白いキャラクターだなと感じてい
ました。なので今回、彼が大学生になって、これから社会へというタイミングを描いた時にどういう変化をしているのか、そのあたりはすごく考えながら演じました。楽しかったです。
 下野:イマイとイガラシっておそらく連絡を全然とっていないのだけれど、なにかどこかで繋がっていて。いつかもっともっと成長した2人はどのような大人になって、そしてどのような話をするのかな、と今回の話でさらに期待感が湧く物語だったかなあと思います。

 ■住野よる氏
 この度、濃厚チョコブラウニーのCM原作小説「no doubt」の続編を書かせていただきました! せっかくのもう1回ということで、今回は出演されている悠木さん、梶さん、下野さんのお声や、いつかさんのイラスト、マカロニえんぴつのみなさんが演奏される『トマソン』をおおいに意識して話や台詞を作りました。大学生になったコバヤシ達の日々が、触れてくださった方の良い余白になることを祈ります。そして、たくさんの人のおいしい笑顔の真ん中にあるだろう濃厚チョコブラウニーにこの物語で少しでも華を添えることができていたら嬉しいです。

 ■いつか氏
 前回の『no doubt』の続き、第2弾『no doubt+1』制作のお話をいただきとても楽しみにしていました!
 イマイくんの大学生姿を描けるとは思っていなかったので嬉しいです。高校生から大学生になり就職活動を終えて、少し大人びて落ち着いた雰囲気になっているイマイ君をイメージして描かせていただきました。
 コバヤシさんは前回、イラストでは登場していなかったので、楽しくのびのびと描かせていただきました。

 ■オーディオ小説『no doubt+1』第1話(10月12日0時よりブルボン公式YouTubeチャンネルにて先行公開予定)
 https://youtu.be/5V_zL4walh4

 ■TVCM『no doubt+1』(10月12日0時よりブルボン公式YouTubeチャンネルにて先行公開予定)
 https://youtu.be/L80Exnin-xw

 ■テーマソング マカロニえんぴつ『トマソン』各配信サイト
 https://tf.lnk.to/Tomason

 ※下野紘過去関連記事
 ・下野紘 岡本信彦から「ヘタレの叫び声が世界を救う」!リーミュ「池袋ナイトアウルテールズ2」初日開幕で浪川大輔へ「俺とか、どうですか?」【昼の部レポ】
 ・下野紘 昼公演の間ずっとチャックが開いたままだった!?浪川大輔、岡本信彦、松岡禎丞とリーミュスペシャルイベントを開催で生朗読劇や振り返りも
 ・下野紘 酒井法子らから“全集中”受けタジタジでもう笑うしかない状況に!「プロデューサーK #4」でも“チームK”メンバー続投でとっさのアドリブにも「助け合っていきます」

 ※梶裕貴過去関連記事
 ・下野紘“THE今っぽい少年”指示され「齢40を超えたボクとしては少し緊張しました」!梶裕貴 男子高校生役で住野よる氏書き下ろしオリジナルオーディオ小説で共演
 ・村中知 梶裕貴から「頑張ろうとしすぎてないですか」とサプライズ気遣いメッセ!ワールドトリガーイベントで村瀬歩“バレーボール”、豊永利行“アイススケート”話題にPツッコミ
 ・朗読劇「恋を読む vol.3『秒速5センチメートル』」公開直前で入野自由×桜井玲香×田村芽実舞台写真公開!キャスト梶裕貴、福原遥、黒羽麻璃央、生駒里奈ら15人意気込みも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする