伊藤万理華「小学生からおばあちゃんまで演じられるように」と最優秀新進女優賞受賞の第13回TAMA映画賞授賞式で抱負!10年前の「ときめいた感覚」から万感の気持ち

伊藤万理華「小学生からおばあちゃんまで演じられるように」と最優秀新進女優賞受賞の第13回TAMA映画賞授賞式で抱負!10年前の「ときめいた感覚」から万感の気持ち2

 俳優・伊藤万理華(25)が21日、東京・府中の森芸術劇場 どりーむホールで『第13回TAMA映画賞授賞式』に最優秀新進女優賞を受賞したことから登壇となった。

 伊藤は、『サマーフィルムにのって』『息をするように』の演技が評価され本年度最も活躍した女優、もしくは顕著な活躍をした新人女優として、三浦透子とともに同賞に輝いた。

 壇上ではがむしゃらに役荷入り込む姿などが評価されることとなり、伊藤は、「本日はこのような素晴らしい賞を頂いて率直に感動しています。本当にありがとうございます」と、受賞へのお礼を。

 『サマーフィルムにのって』という作品へ、「私が演じたハダシという役は学生です。映画監督を目指していて『サマーフィルム』のなかで、“武士の青春”という映画をなんとか撮り切ろうとしていて、私自身、そんな役に携わるのは初めてでした」と、説明しつつ、「脚本を読んで、松本壮史監督が描きたかった最後のシーンに向けてなんとかつなげようという気持ちで、自分がそのときにどんな気持ちでというより、なんとかこの映画を最後まで完成させようという気持ちを脚本を読んだ時点で思っていました」と、必死だったという。

 今後やってみたい役へは、「具体的にはありません。ですが、それでも性役をやったり年齢にとらわれず見た目にとらわれない、小学生からおばあちゃんまで演じられるようになりたいと思います」と、幅広い役へチャレンジしたいという気持ちを話し「ちょうど10年前、15歳のときにこの世界に入って、初めて映画作品に出たときに、これから映像作品とか映画に関わっていくんだろうなと、ときめいた感覚があって、その10年後にこうして賞を頂けて嬉しいです。作品で伝えていることと一緒ですけど映画を未来に伝えていけるような役者として頑張っていきたいと思っています」と、抱負を語っていた。

 この日は同作で共演した俳優・金子大地が最優秀新進男優賞を、松本壮史監督が最優秀新進監督賞を受賞したことから登壇しており、3人でトークすることも。そのなかで松本監督は伊藤と金子の魅力へ「2人のカットバックだけで、30、40秒続くシーンがあるんですけど、1カットにいろんな込めたものが、僕の想像を超えていたんです。クランクイン前にこうなったらいいなと思っていたものを超えていました。それは2人のお力だと思います」と讃え、2人ともはにかんでいた。

 ※伊藤万理華過去関連記事
 ・伊藤万理華、あの、珍味、世津田スンが7日深夜24時ごろから放映の一夜限りのCMに登場へ
 ・伊藤万理華 ドレス姿で「東京国際映画祭2020」の舞台挨拶に登場で「こんなに早く立てて嬉しい!」!金子大地からも褒められた「研究した」部分とは?
 ・橋本奈々未初ソロ曲や生田絵梨花・伊藤万理華・衛藤美彩・齋藤飛鳥・堀未央奈・若月佑美ユニット曲が乃木坂46MV集に収録!完全生産限定盤と初回仕様限定盤に

伊藤万理華「小学生からおばあちゃんまで演じられるように」と最優秀新進女優賞受賞の第13回TAMA映画賞授賞式で抱負!10年前の「ときめいた感覚」から万感の気持ち1

伊藤万理華「小学生からおばあちゃんまで演じられるように」と最優秀新進女優賞受賞の第13回TAMA映画賞授賞式で抱負!10年前の「ときめいた感覚」から万感の気持ち4

伊藤万理華「小学生からおばあちゃんまで演じられるように」と最優秀新進女優賞受賞の第13回TAMA映画賞授賞式で抱負!10年前の「ときめいた感覚」から万感の気持ち5

伊藤万理華「小学生からおばあちゃんまで演じられるように」と最優秀新進女優賞受賞の第13回TAMA映画賞授賞式で抱負!10年前の「ときめいた感覚」から万感の気持ち3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする