中村悠一「このプレッシャー」と“赤い彗星”の真似!木村良平らと「機動戦士ガンダム サンダーボルト」初日開催

中村悠一「このプレッシャー」と“赤い彗星”の真似!木村良平らと「機動戦士ガンダム サンダーボルト」初日開催1

『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』初日舞台あいさつが開催!(左から松尾監督、古川、中村、木村、小形プロデューサー)

 アニメーション『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』(監督:松尾衡/配給:松竹)初日舞台あいさつが18日、東京・新宿ピカデリーでイオ・フレミング役の中村悠一、ダリル・ローレンツ役の木村良平、松尾衡監督、小形尚弘プロデューサーが登壇し、司会はビアンカ・カーライル役の古川由利奈が努めた。

 漫画家・太田垣康男氏による『機動戦士ガンダム サンダーボルト』(ビッグコミックスペリオール)をアニメ化。本作はその第2シーズンに当たり、有料配信した全4話に新作シーンを加えた特別編とガンダムファンクラブで独占配信した全6話構成のショートアニメに新作シーンを加えた特別編『機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影』を合わせた作品となる。

 初日を迎え中村は「大部分が随分前に完成していたんですけど、1本になったものを観て頂けると、見え方が違うのかなと言うのが感想でした。意外と1本に観えるんだなって。ようやくお届けできた、いい作品です」と、配信版の4話と違った印象を受けたとしみじみ。

 木村も「ようやくかという感じです。随分前に撮っていたので。上映会もやっているので、ここまで来てようや完成しているんだなって。それを劇場で観てもらえるので嬉しいです」と、うなずいた。

 演じるうえで、中村は「イオとしてはダリルが死んでいると思っていると思うんです。ですから、今回ライバル不在の状態で戦うから戦い方が難しいんです」と、苦労があったそう。木村はダリル側はダリル側で良かったそうだが、「前回はイオとの戦いのためにすべてを込めていて、失ったものは大きいんです。そこで逢坂良太(が演じるビリー・ヒッカム)ですよ!本当に手が焼ける。でも頑張りますよ隊長的には」と、“ヤンチャな部下”に思うものもあったようだ。

 好きなシーンについては、中村は「アトラスガンダムの戦闘シーンがあるんですけど、戦闘狂みたいなところがあって、そこらへんがイオらしさが出ているなって」と、血が沸くような戦闘シーンをオススメ。木村は曲まわりが強化されたことや「“アッガイダンス”ですね。そこの曲は大好きですし、温泉に入っているというか。その曲からシリアス展開になっていくのが好きなんです」とのことだった。

 劇中にはガンダムシリーズでおなじみのニュータイプ的な演出もあるという話題になった際に、中村は「主人公も『そこ!』と言いたい(笑)。でもまったく言わない。勘が悪い」と言いつつ、ここぞとばかり「これはクローディア」「このプレッシャー」と、人気の“赤い彗星”風な言い方をして「ある人の真似をしています」と、ファンを楽しませていた。

 ほかにも、本作タイトルについて松尾監督が花が好きということで、東日本大震災以降に被災地に行って花が咲いていたことに感銘を受けたそうで、「花のように進んでいく人達とかけました」と、思いがこもったものだったことなどが明かされていた。

 アニメーション『機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER』は全国15館で2週間限定で公開!

 ©創通・サンライズ

中村悠一「このプレッシャー」と“赤い彗星”の真似!木村良平らと「機動戦士ガンダム サンダーボルト」初日開催3

中村悠一「このプレッシャー」と“赤い彗星”の真似!木村良平らと「機動戦士ガンダム サンダーボルト」初日開催2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする