人気コミック「ULTRAMAN」フル3DCGで神山健治監督×荒牧伸志監督によりアニメ化!サプライズゲストの原作者からも期待の声

人気コミック「ULTRAMAN」フル3DCGで神山健治監督×荒牧伸志監督によりアニメ化!サプライズゲストの原作者からも期待の声3

『ULTRAMAN』発表会が開催!(左から清水氏、下口氏、神山監督、荒牧監督)

 『月刊ヒーローズ』で連載中の人気コミック『ULTRAMAN』がTVアニメ化されることが1日、千葉・幕張メッセでの発表会ではピョウされた。

 監督は監督は『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズ、『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』の神山健治監督と、『APPLESEED』『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』の荒牧伸志監督の2人体制。Production I.G×SOLA DIGITAL ARTSによるフル3DCG制作で公開は2019年を予定しているとのこと。

 ゲストとして登壇した神山監督は、「携わると思っていなかったので光栄です」と、喜びを口にし、幼少の頃に『ウルトラQ』や『ウルトラマン』に親しんだという荒牧監督は「光栄ですし肩に力も入ります」と、意気込んだ。

 作品はモーションキャプチャーを使いながらの撮影だそうで、荒牧監督は「月並みですけど、TVアニメでは観たことのないような絵になっていると思います」というと、神山監督は「映像をチェックしている段階で、ちょっと特撮っぽいなと言う感じがします」とのこと。すると荒牧監督も、「デジタル時代の特撮なんじゃないかなと思っています。そこまで意識して作ったわけではないんですけど、あがってきた絵を見るとそういう感じで」と、しみじみだった。

 イベント中盤からは原作者の清水氏、下口氏もスペシャルゲストとして登場。清水氏は、「両監督のファンだったので、本当に楽しみにしているんです」と、2人の起用に喜んでいるそうで、下口氏
以前撮影されているところを拝見しに行ったんですけど、ウルトラマンが動いているのをリアルタイムで見れて、観たことがない映像が見れるんだろうなって思って相方と楽しみにしています」と、期待を寄せた。

 さらに、神山監督はモーションキャプチャーの利用により、「先の動きを手に入れることができて、そこからアニメーターの方にアニメーション的な動きをつけてもらえるんです」といい、そこで縮まった工程がさらなるクオリティーアップにつながっているそう。

 ウルトラマンスーツについては、荒牧監督は「もともとカッコイイので全然いじってないんです」というと、清水氏も下口氏もニッコリ。そこから荒牧監督は「ギミック感が面白かったのでそこは盛って行きたいなって思います」とのことで、清水氏は、「漫画の方にもフィードバックしたいことがあって両監督がOKしてくれたらと思っているんです」と、原作にもいいシナジー効果を生みそうな雰囲気だった。

 そして、神山監督から「ウルトラマンが好きな方にも楽しんで頂けるような作品にしていきたいと思います。楽しみに待っていてください」と、呼びかけていた。

人気コミック「ULTRAMAN」フル3DCGで神山健治監督×荒牧伸志監督によりアニメ化!サプライズゲストの原作者からも期待の声1

人気コミック「ULTRAMAN」フル3DCGで神山健治監督×荒牧伸志監督によりアニメ化!サプライズゲストの原作者からも期待の声2

人気コミック「ULTRAMAN」フル3DCGで神山健治監督×荒牧伸志監督によりアニメ化!サプライズゲストの原作者からも期待の声4

ビジュアル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする