横浜・八景島シーパラダイス、ジンベエザメ公開記念!原寸大サイト&はみだした中吊り広告

横浜・八景島シーパラダイス、ジンベエザメ公開記念!原寸大サイト&はみだした中吊り広告

 神奈川県横浜市の「横浜・八景島シーパラダイス」に、10月から東日本で唯一となるジンベエザメが仲間入りした。その公開を記念し11月14日より原寸大のジンベエザメサイトを公開。また、同日より横浜市営地下鉄ブルーラインにて、日本初の“はみ出てしまった”中吊り広告を掲載した。

 「ジンベエザメの大きさ・迫力をリアルに体感して頂くため原寸大のサイズで制作した」というサイトを覗いてみると、巨大過ぎて画面を見ても何が表記されているのか理解できない!とにかくスクロールしてもスクロールしても、青い画面のまま(ちなみに、パソコンで操作しても縦横のスクロールがハンパない!)。

 例えば、スマホの5インチの画面サイズが横幅:6.22cm、縦幅:11.05cmであった場合、横浜・八景島シーパラダイスにやってきたジンベエザメの大きさは4.5m(最大で12m以上になると言われている)ので、どのぐらいスクロールしなければならないのか・・・。

 辛抱強くスクロールし続けていると、ジンベエザメの各部位が姿を現します。それぞれの部位にたどり着くと「?」マークのウンチクアイコンが現れ、タップするとジンベエザメのウンチクが表示。口先から尾ビレまで全21のウンチクアイコンが存在します。

 しかし、サメだけに油断は禁物。口の方に近づき過ぎると突然ジンベエザメに飲み込まれ、いつの間にかジンベエザメの腹の中に。すると、「真っ暗な体内を進み出口である肛門を目指してください」と指示が。真っ暗な体内には、オキアミや謎の人物も潜んでおり脱出することが困難なサイトになっております。

 ぜひ冒険してみては!

横浜・八景島シーパラダイス、ジンベエザメ公開記念!原寸大サイト&はみだした中吊り広告
 また、横浜市営地下鉄ブルーラインに、ジンベエザメの迫力を伝えるべく、広告枠をオーバーする程はみだした中吊り広告を掲載。そのサイズは、隣の炎上供養で話題となった国上寺に“はみ出てしまった”ほど。

 ※国上寺様はご迷惑をおかけすることになってしまいましたが、快く承諾頂き、広告が登場することになりました。

 ジンベエザメ原寸サイト
 http://www.seaparadise.co.jp/special/jinbe_special/realscale

 横浜・八景島シーパラダイス
 www.seaparadise.co.jp

 ※横浜・八景島シーパラダイスにやってきたジンベエザメは、体長5.5mを超えたら外洋に放流予定だとか。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする