岡村隆史 相方・矢部浩之からこんこんと生放送で説教 問題の原因を岡村のパーソナルなところまで切り込むとともに「甘えがどんどん大きくなった」

 お笑いコンビ『ナインティナイン』の岡村隆史(49)が30日深夜生放送のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送、毎週木曜深夜1時~)に出演し、先週23日の放送での番組での発言について謝罪。中盤からは相方の矢部浩之(48)が登場し、番組終了までこんこんと説教をし続けた。

 23日放送の同番組にて岡村は、新型コロナウイルスの感染拡大と風俗をめぐる発言をし、その後、さまざまな批判があがった。27日にはニッポン放送からスポンサーに謝罪したうえで、番組の公式サイトにおいて「パーソナリティの岡村隆史氏から、現在のコロナ禍に対する認識の不足による発言、また、女性の尊厳と職業への配慮に欠ける発言がございました」と謝罪。29日は岡村が所属している吉本興業の公式サイトを通じ「私の発言により不快な思いをされた方々に深くお詫び申し上げます。大変申し訳ございませんでした」と、陳謝し、30日の番組でも冒頭から岡村はお詫びし続けた。

 (関連記事:岡村隆史 4月23日放送のANNでの発言を生放送で謝罪「理解や想像力を欠いた発言をしてしまいました。心からお詫びいたします」

 そして番組開始から36分過ぎ、「やったな、おまえ。やってもうたなぁ。もう、もたんやろ2時間」と、矢部が語気を強めてスタジオに入ってくる。

 矢部は「緊急事態よ。『ナインティナイン』も。なぁ。情けないやろ。情けないなぁ」と、切り出すと「これはもうきょうはね、こんな言い方したら岡村隆史の発言で不快に思われた方、勘違いされるのは嫌ですけど、ええ機会もらったよ。きょうはもう公開説教しようと思ってね」といい、これまで矢部がコンビを組んで以降のことを振り返りつつ岡村に思っていた部分を率直にぶつけていく。

 コンビで楽屋が別々にしたことへ矢部は、「まだ同じ楽屋におったときに、たとえばプロデューサーとかマネージャーとかがコーヒー持ってきてくれたときに『ありがとう』って出るんよね。でも、(岡村からは)1回も聞いたことがないねん。それは身内やからや、たぶん。もう甘えてんねん。その甘えがどんどんどんどん大きくなったのが今回やと思うねん。リスナーもありがたい、ずっとついてきてくれて。いや俺も大したことないよ。別に『ナインティナイン』大したことないやん。応援してくれる人たちはありがたいけど、茨木西高校で先にサッカー部に入って、学校でちょっとおもしろかったやつと、ちょっとモテてたやつ、ただそれだけや。で、やっぱり、普段、俺は俺であんまり感情出さへんし、距離とるし、岡村隆史と。それが俺が1番やりやすいから。でも、それはそれでたぶんラジオでも言ってるんやろし、いきなり楽屋が1人1人になったと、寂しいわと。なんか、俺の中でそういうの見たくなくなっていったのよね」と、心情を明かし、岡村も「俺自身の悪いところというか……」というと矢部は「ぬるま湯に浸かったらあぐらかくと。すごい覚えてるのよね。さすがに体壊して5ヶ月で帰ってこられてよかったなって、収録終わりであんたからかな、メールが来たのよ。『すべて笑いに』という一行。いやいやもうちょっとあるやろ。収録で土の中から出てきて、相方すまんかった……仕事やからできる。なんかオフのところが大事なんちゃうかなと思うのよね。お笑いコンビの前に人間で出会ってるから、なんかそういうところ見たくなくて距離とったところもあるのよね」と、語った。

 矢部は続けて、「ようあんた言うやん、『俺に飽きたから楽屋1人1人にしたんや』って。でも、違うねん。飽きてないし、ただ、飽きるのが怖かった。嫌いになるのが怖くて……飽きるのが怖くて嫌いになるのが怖いからその術やってん。1人1人にしてくれとお願いしたのも」と、本音をぶつけた。

 さらに矢部は「自分のホームで20年以上やってて、リスナーも全員大好きよ、岡村隆史を。それはもうイエスマンで。俺も実際そうやけど、注意してくれる人たちがかなり少なくなってきてるやんか。だからこそ、自分でより気をつけなあかんと思うし。ぬるいところから出たと思うのよね。それを昔の人とかはあぐらかくというのはあると思うのよね。別に犯罪じゃないから、モラルとかそういう問題やから、ほかの芸人さんを挙げて申し訳ないけど(『チュートリアル』の)徳井(義実)とか一瞬そういう感じに入ったと思う。大丈夫、俺このままきてたし、毎年これてるし、誰も注意されへんし……というのでどんと。そういうのがあると思う。ミスはみんなあると思うし、あんたもよう言うやん、誰かの不祥事の後に『ミスした後が大事』やと。ほんまその通りやと思うし、これで終わりやないし、この後の岡村隆史、『ナインティナイン』を見てもらいたいしね……まだ早いかもしれんけど。ちょっとずつ。

 こういう仕事やから人気商売やし、キャラクターやから、ある意味自己プロデュースやし、ある意味自分でそういうのを作ってきたのもあるやん。また思い出して不快な思いをされたらごめんなさいやけど風俗キャラとかそういうの。そういうキャラクターになってたから、たぶん無意識にいつもみたいにしゃべってたと思うのよ、1(いち)笑い。それは同業者は分かるしスタッフも分かるけど、これは岡村隆史にはタブーやけど、根本やねんって。今回、電波に乗せてそう言ったのが大問題。大炎上になったんやけど、別にラジオってガチガチにセリフが決まってて、100%演じてないから、自分の考え、自分の言葉でしゃべってるから、そういう人間やと思われても仕方ないよね。いやもう致命的やと思う。岡村隆史が女性に対してそう思っている人やと」と、自身の考えを語る。

 矢部としては、結婚をし子供も生まれたことにより、女性に対して「女の人はすごいなって。リスペクトが増した」といい、岡村へは「景色を変えた方がいい」と、気持ちをぶつけた。

 「1個1個気づいていかなあかんと思うのよね」と諭す矢部は、「恋愛ものの番組で、結婚がうまくいく秘訣を聞かれて『ありがとう』『ごめんなさい』ですと言ったら、(岡村が)『白旗あげたんか……』と。もう女性を敵として見てるんかと。まあコンプレックスあるしな、何個かコンプレックスになった相手のことも知ってるけど、結婚してましてや子供もおったらチームやと。お母さんが監督でいっぱい怒るしいっぱい褒めるし。こっちはそういうさまをいっぱい見てるから『ありがとう』『ごめんなさい』がどんだけ大事かいま身にしみてるから、『白旗あげたんか……』と言われておーおーと思って。そのとき女性タレントもいたからこれ以上言ったら怖いと思って流してん」と、たとえを挙げ、岡村は「それを俺はボケてるつもりで言ってるんやろな」と、聞き入る。

 矢部としては「まあそれもあるんやろなぁ。それってやっぱ性格やねんな、根本に。でもタレントやから、カメラ回ったらほんまにあかんこと言わへんやん。TVの収録やったら今回の問題発言は絶対してへん。(ラジオという)ザ・ホームね」といい、それを受けて岡村は「ラジオっていうホーム。それは本当にそうやったと思う。リスナーのみんなに甘えてた部分がほんまにそれはあるんやと思う」。

 さらに、矢部は「俺なんか途中で(オールナイト出演を)リタイアしたから長く続けるってすごいのよ。リスナーのみなさんに言うの忘れてました突然出てきて申し訳ございません、きょうは緊急事態やと思って来させて頂きましたけど、辞めた人間に言われたくないでしょうけど、リスナーも含めてスタッフ含めて、全員がそうしたんですよ」と、指摘し岡村は「なあなあにしてしまった……」と受け取る。続けて矢部は「知らん間に芸歴も長なって、偉なってもうたからそれはあると思う。客観視したら周りから見えてくるんですよね。外にいると」という。

 岡村は「自分が見えてなかったんやな。そう言われれば言われるほど申し訳ないなと思う」と、声を落とし、矢部は「時代が違うとか、いまの状況とっていう問題とは違うのかなって思ったかな。そういう考えを持っている人間なんだ、岡村隆史は、って」「僕も申し訳ない気持ちがあるんですよね。自分がもしやってたら、俺もぬるま湯に浸かってたかもしれんからタラレバやけど、何かしらツッコんで収めてたと思う。でも、俺がそれをやったところで、問題は変わらないと。そういう考えを持っている岡村隆史は変わらないから。お笑い芸人やから仕事のときは意識してやるものだけど、何があっても俺の中にあるのは、格好つけるわけでもなんでもないけど、俺が誘ったというのはでかいのよね。この仕事でなんかあったとき」といい、矢部がその直前に話していた「もうこんな顔している相方見たない。でもなんかあったら行こうかと思ってた」という気持ちを説明した。

 ほかにも、矢部は19歳のときに岡村に言われた「性格変えろ」と言葉をいまの岡村に渡しつつ、岡村が一時休業していたこと以降の話で、「復帰したらみんなさらに優しなってんねん。そら難しいよ。もっとぬるいお湯になったかもしれん。あんたはあんたで地獄を見て大変だったと思うけど、コンプレックスがあって……もう、かわいそうさんやねん。なかなかのかわいそうさんやねん。普通のタレントさんの基準がわからへんけど、あるタレントが言ったら炎上するけど、あんたが言ってもしない。幅が広かった。なぜならかわいそうさんだから。でも、世の中にはもっとつらい人がおるってことやな。だって、こういう世界に入ってきて、もちろん自分の努力と良いスタッフとの出会いもあって運もあるけど、成功してん。50歳になってお金持ってて、自分の思ったような家に住めて、好きなカッコいい車買えて、かわいそうさんちゃうもん。一般的に見たら。絶対かわいそうさんじゃない。キャラクターとか、あなたの本質は真面目とか、自己プロデュース、番組プロデュースもあるから、いろんな人の力でやってこれたけど。だから、景色を変えたほうがいいと思う」と伝え、岡村は「気づいてない部分があったんやと思う初めて言われて気づいた部分もあると思う」。

 番組の終盤では、あらためて岡村から謝罪し、矢部は「こういう機会に全部さらけ出した方がええんちゃうかなって。自分らの恥ずかしい部分を見てもらって。どっちかっていうと、そういうタイプでやってきたじゃないですか。全部見てもらって」といい、岡村は「こういう状況やから余計に、恩師の人にも言われたんやけど、寄り添ってあげるべきやったと。そこができひんかったのは絶対にあかんと言われた。何回も何回も連絡を頂いて、何回でもそう言ってくれはったんやけど、そういう思いが全然自分の頭の中になかったことを、リスナーのみなさん聴いていた人に本当に申し訳ないと、本当に思っています。自分でも何をお話していいのかっていうのも最初に言って、相方に来て言ってもらったことで、自分が全然気づいてなかった部分があったと思います。それを言われて、初めてうわーと思う部分もあったので、来てもらったことでも、わかったこと、もっともっと反省せなあかんことに自分でも気づいたと思います」と、現在の気持ちを伝えた。

 そして、矢部は「まあミスした後は切り替えて頑張っていきましょう」と、声をかけ締めくくり、番組を締めくくるフレーズを2人で声を合わせると、岡村は矢部に「ありがとう」とお礼の言葉を発し、そのまま番組を終えた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする