【平昌五輪】スピードスケート高木選手、1000mで銅!小平選手とW表彰台!高木選手「自分の身体がよく戦ってくれた」

【平昌五輪】スピードスケート高木選手、1000mで銅!小平選手とW表彰台!高木選手「自分の身体がよく戦ってくれた」1

 平昌オリンピックは14日、スピードスケート 女子1000mが行われ、小平奈緒選手(31=相沢病院)と高木美帆選手(23=日体大助手)が出場。小平選手が1分13秒82で2位となり、銀メダルを。小平選手が1分13秒98で3位となり、銅メダルを獲得した。また、郷亜里砂選手(30=イヨテツク)は1分15秒84で13位だった。

 なお、金メダルは、オリンピック記録を更新したヨリン・テルモルス選手(オランダ)の1分13秒56だった。

 高木選手
 200m 17.66
 600m 45.24
 1.13.98
 ゴールして、掲示板を見た瞬間、頭を抱えて、ちょっと残念そうに苦笑い。

 高木選手は、「1000mでの低地、自己ベストが出すことが出来て。掲示板で2番を確認した時は、1番取れなかったなと思ったんですけど、レース内容として、この身体の状況で、自分が想定していた以上のレースが出来たので、そこは1500m以上に自分を褒めてあげたいなと言うふうに思っています。
 (目の前で驚異的なオリンピックレコードが出て、どう思ってました?)タイムは見ていなかったので、1番になったんだなというのだけは把握して、でも、それ以上は自分との闘いだなと思っていたので、自分の滑りだけに集中して滑りました。
 (1500mで銀を獲って、また、違った心持ちで望めたんでしょうか?)1500mのダメージが思った以上にあって、直前まで、自分もどうなるんだろうと、思っていたんですけど、自分の身体がよくここまで闘ってくれたなと思っています」


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする