渡邉美穂×木村柾哉 2024年秋公開映画『あたしの!』W主演!負けられない恋の戦い

渡邉美穂×木村柾哉 2024年秋公開映画『あたしの!』W主演!負けられない恋の戦い1

 アイドルグループ『日向坂46』元メンバーの渡邉美穂とグローバルボーイズグループ『INI』木村柾哉が2024年秋に公開予定の映画『あたしの!』(配給:GAGA)をW主演することが6月6日に発表した。

 漫画『ヒロイン失格』『センセイ君主』など数々の大ヒットラブコメ漫画を生み出している漫画家・幸田もも子氏が『別冊マーガレット』にて2017年~2018年に連載していた作品。

 正直で嘘がつけず思ったことはすぐに伝えてしまうド直球で生きてきた関川あこ子(せきかわ・あここ)と、心の奥を見せられない、あこ子の小学生からの大親友・谷口充希(たにぐち・みつき)。高2の新学期初日、学校イチの人気を誇る1つ年上の先輩・御共直己(みとも・なおみ)がまさかの留年により2人の同学年に降臨!即一目ぼれしたあこ子と、好きではないと言いながら怪しい動きをする充希。負けられない恋の戦いの始ま……りなのか?というラブコメ作品。

 主人公・あこ子を渡邉、学校イチの王子様・直己役を木村が演じる。メガホンをとるとのは、『マカロニえんぴつ』の『なんでもないよ、』や『乃木坂46』の『君に叱られた』、Vaundy『走馬灯』など多くのMV、TVCMを手掛け、2022年にはドラマ『夫婦円満レシピ~交換しない?一晩だけ~』(TX)を監督した横堀光範監督が務める。横堀監督は長編映画初監督とともに、監督に加え、撮影、編集も務めている。脚本は、映画『恋わずらいのエリー』、ドラマ「あなたがしてくれなくても」、「瓜を破る~一線を越えた、その先には」、「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」などを手がける、おかざきさとこ氏が務めている。

 撮影は2023年夏に1ヶ月間で関東近郊で撮影されたことも明かされた。

 今回の発表にあわせてキャスト・スタッフからコメントを寄せている。以下全文。

 ●関川あこ子役:渡邉美穂
 『あたしの!』の出演のオファーをいただき、初めての映画で初主演という大きなチャレンジにとても緊張しプレッシャーも感じていました。
 けれど、キャスト・監督・スタッフの皆様が「みんなで頑張っていこう」と現場をとても明るくしていただき、背負い込みすぎず、でも一生懸命に撮影に臨むことができました。
 映画『あたしの!』は恋をとるか、友情をとるか、悩ましくてもどかしいお話ではありますが、笑いあり、涙あり、キュンキュンあり!の本当に盛りだくさんな内容になっていると思います。
 私の演じる、あこ子は猪突猛進で素直でパワフルな女の子で、周りの人を巻き込んでドタバタしますが、あこ子やみんなが成長する姿も見届けていただけたらと思います。ぜひお楽しみにしてください!

 ●御共直己(なおみ)役:木村柾哉(INI)
 最初お話を頂いたときは、初めての映画への挑戦でもあるので、嬉しいと同時に不安も大きかったです。
 ですが、監督が通常の本読みに加え、リモートでも本読みをしてくださり、撮影では人見知りの僕をキャストやスタッフの皆さんが盛り上げてくださって、クランクアップの時には、不安もなくなり、達成感で感極まってしまいました。
 友情、恋だけではなく、他にもすごく色々なことが詰まっている映画です。
 喜んでいただけるようなシーンもたくさんあり、見終わった後は絶対に好きになってもらえる映画になっていると思います。
 わくわくしながら公開をお待ちいただけたらと思います。映画館で観てくださった方の心を動かせたら嬉しいです。

 ●監督:横堀光範
 SNSやインターネットでコミュニケーションを取ることが多くなった今の時代で、ここまでど直球で素直に気持ちを伝える事の出来るあこ子という主人公が羨ましくも、懐かしく思えます。
 この映画は「恋愛」と「友情」の間で悩むあこ子が、持ち前の強さで壁に立ち向かい、少し大人に成長するお話しです。
 あこ子と一緒に、甘酸っぱくて、笑えて、少し泣ける、「青春」をど直球に体験できるような映画になったと思います。
 人を好きになって、ぶつかって、分かり合えたその先にある「成長」と「喜び」を、
あこ子を通してみなさまの心に響く映画になることを願っています。
 僕にとって初めての映画監督作品です。
 今までの少女漫画原作映画とは一味違う映画にしたい、そんな思いを最高にフレッシュな役者陣、スタッフ陣と共にできたことをとても嬉しく思っています。
 早く皆様にこの映画が届くのを楽しみにしています。

 ●原作者:幸田もも子
 とにかく何事にもど直球のあこ子、はたからみたらかなりヤベェやつになりかねないのに美穂ちゃんの演じるあこ子は清々しく誰もが応援したくなっちゃうようなあこ子でした。
 恋に必死なあこ子に、時には笑い、終盤では涙止まりませんでした。
 あこ子と充希がバッチバチに取り合う直己くんは画面直視できないくらいパーフェクトなかっこよさでとっても素敵でした!
 原作を読んでくれた方も、読んでない方も間違いなく楽しめる映画だと思います!
私も幼なじみ誘っていっぱい観に行きたいと思います●

 ■ストーリー
 真っすぐで素直過ぎる性格で、思ったことは即行動、自分にも他人にも嘘がつけないあこ子。
 あこ子の隣には、小3からの親友・充希がいつもいた。
 新学期、初登校の日、全女子の学校に行く原動力・学校イチの超人気者・直己が、まさかの留年により2人と同学年に降臨!
 直己に一目ぼれしたあこ子は、ド直球なアプローチを開始。
 充希は「カッコイイと思うけど恋愛って感じじゃない」と好きではないと断言するものの、充希の怪しい動きを察知するあこ子。
 先手必勝!と、直己に告白するあこ子だが、「彼女つくる気ないから」とあっけなくフラれてしまう。
 落ち込むあこ子だが、直己の親友・成田から直己が彼女を作らない理由を聞き、彼を好きでい続けることを決意。
 一方で、充希も直己に近づきはじめて…

 ※記事内画像は(c)幸田もも子/集英社・映画「あたしの!」製作委員会