橋本環奈の七夕の願い事に杉野遥亮、城田優ら共演者一同うなる!アクション厳しすぎ「だんだん体が動かなくなってくる」

橋本環奈の七夕の願い事に杉野遥亮、城田優ら共演者一同うなる!アクション厳しすぎ「だんだん体が動かなくなってくる」3

 俳優・橋本環奈(23)が6日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで主演映画『バイオレンスアクション』(監督:瑠東東一郎/配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)完成披露試写会を杉野遥亮(26)、鈴鹿央士(26)、馬場ふみか(27)、太田夢莉(22)、城田優(36)、高橋克典(57)とともに開いた。

 浅井蓮次氏と沢田新氏が『やわらかスピリッツ』(小学館)で連載している累計発行部数50万部超え、オンラインアクセス数1000万PV超えの人気同名コミックが原作。ピンクのショートボブでゆるふわな雰囲気の女の子・菊野ケイ(橋本)が日商簿記検定2級取得を目指し専門学校に通いながら、アルバイトをする日常を描く。しかし、そのバイト先は指名制の殺し屋で、ケイはナンバーワン指名の実力を持つ超凄腕の殺し屋“ヒットガール”だった。どんな相手も臆せずバイトとしてターゲット撃破を完遂し、バイトが終われば「おつかれさまー」と颯爽と現場を後にする。そんなゆるふわ最強ヒットガール・菊野ケイに史上最悪の依頼が舞い込んでくる……という物語。

 直前には同所屋外の階段でピンクカーペットイベントを開いてから登壇したキャスト陣。本作の撮影へ、橋本は「大変でしたね。タイトルに『バイオレンスアクション』と入っているくらいなので、毎日、毎日戦っていて。私はワイヤーアクションが難しかったですね。だんだん体が動かなくなってくるというか……」と身体的なキツさとともに「自分でテンションをあげちゃうと、周り過ぎちゃうんです。そこのバランスが難しいですね」と、ケイの性格のバランスをとるのも難しかったそうだ。

 さらに、橋本は、「360度グリーンバックのなかって本当に360度そうなんです。アクションって視覚的な要素が重要なんですけど、目標物がないので、どう動いて良いのか分からなくなってくるんです」と、しみじみ。ほかにも、城田との身長差でパンチを当てるのが難しかったり、「こもっちゃてとにかく暑くて」と、苦労の連続だったようだった。

 ほかにも、撮影現場の雰囲気として「めっちゃしゃべる人が集まったという感じではないですけど、基本的にお店の中で話していました。1個面白い話があります!」と、馬場の方を向いてニコリ。馬場は照れ笑いしながら「すごいNGを出したんです。『そこの酔っぱらい!』っていうセリフがあったんですけど……」と、『そこの酔っぱらい!』をまさかの方向で言い間違いしていたのだとか。それを横で聞いていたという鈴鹿は「いい声だなって」と、半分呆れるような視線を送っていた。

 また、七夕前日ということで、ハート型パネルに記入した各キャスト希望を発表していくことに。橋本は『大ヒット祈願』としたためており、「七夕とかでお願いするのは、きょうこのイベントを何のためにやっているのかと」と、イベント主旨に合わせた満点の回答をして、共演者一同をうならせる一幕もあった。

 映画『バイオレンスアクション』はで8月19日より公開予定!

 ※橋本環奈過去記事
 ・橋本環奈&上白石萌音 舞台『千と千尋の神隠し』上演関係者一同が菊田一夫演劇大賞受賞で「大変光栄」!松本白鸚は特別賞受賞に「今日はお礼の言葉で終始したい」
 ・橋本環奈&上白石萌音 舞台「千と千尋の神隠し」へ意気込みや稽古を通していい雰囲気窺わせることも!鈴木敏夫Pからのコメントに感激の一幕も
 ・杉野遥亮「作品の中にたしかに存在する真実をみなさんに」!鈴鹿央士、馬場ふみか、森崎ウィン、大東駿介、太田夢莉が橋本環奈主演映画出演発表【各出演者コメント全文】

橋本環奈の七夕の願い事に杉野遥亮、城田優ら共演者一同うなる!アクション厳しすぎ「だんだん体が動かなくなってくる」2

橋本環奈の七夕の願い事に杉野遥亮、城田優ら共演者一同うなる!アクション厳しすぎ「だんだん体が動かなくなってくる」4

橋本環奈の七夕の願い事に杉野遥亮、城田優ら共演者一同うなる!アクション厳しすぎ「だんだん体が動かなくなってくる」1