2.5次元ミュージカル2021年作品数、動員数前年上回る結果

 一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会とぴあ総研が2021年の2.5次元ミュージカルの年間上演作品数、ならびに年間総動員数を発表した。

 2.5次元ミュージカルとは日本の2次元の漫画・アニメ・ゲームを原作とする3次元の舞台コンテンツの総称のこと。年間上演作品数、ならびに年間総動員数は一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会とぴあ総研が毎年発表している。

 年間上演作品数は172作品、年間総動員数は233万人となり、2020年(作品数102作品、動員数89万人)に比べ、どちらも大きく前年を上回る結果に。新型コロナウイルス感染症の流行前の数字には及ばないまでも、近い数字にまで復活してきているとしている。(数字はぴあ総研調べ)

 一方で、配信の充実により、劇場に足を運べない環境の方達にも2.5元ミュージカルを楽しんでもらう機会は増えている。劇場での公演をライブ及びアーカイブ配信する作品が増えたことにより、劇場に行けなくても自宅やその他の場所で、多くの方に2.5次元ミュージカルを楽しんでいただく環境が整い、有料での海外配信についても積極的に取り組んでいる。

 2022年3月、同協会は設立9年目に。同協会が運営している無料のメルマガ会員組織
「2.5 フレンズ」の会員数は20万人を超えています。また、新たな協会員を迎え、現在会員数は71(特別会員7社、法人会員58社、個人会員6人)となっています。(別紙以降会員名参照)さらに、この10月より新たな理事を迎え、より一層体制を強化していくとしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする