TOKIO長瀬智也シャンプーCMに起用されても「農業なら土」!「非常識に見えますかね」と苦笑いやバレンタインデーの心に刺さった思い出も

TOKIO長瀬智也シャンプーCMに起用されても「農業なら土」!「非常識に見えますかね」と苦笑いやバレンタインデーの心に刺さった思い出も1

TOKIO長瀬智也がユニリーバ『CLEAR』新CMに起用!

 アイドルグループ『TOKIO』の長瀬智也(40)が13日、都内でユニリーバ『CLEAR』新CM発表会に登場した。

 男性用シャンプーブランド『CLEAR』が5年ぶりに大型リニューアル。30代の男性と女性が抱える髪や頭皮の悩みをケアする新シリーズとなり、男性用、女性用を合わせ全10種類の商品ラインナップで展開する。合わせて、“常識にとらわれない”をコンセプトに、長瀬をブランドメッセンジャーとして起用し、18日から新TVCM『CLEAR 常識にとらわれない男 ~登場篇~』を全国放送することとなった。

 CM内で、長瀬は“常識にとらわれないオトコ”を演じる。その内容としては、宇宙船のような家に住み、彼女は機械なうえ、その彼女に髪を引っ張られたり、「農業なら土」というコメントも入ったりと、自由な発想で演出が展開しまくる仕上がりだ。

 「この年でシャンプーのCMは光栄だなって、みなさんに観て頂けることを嬉しく思っています」と、黒で統一されたコーデで登場した長瀬。

 CMでは髪の毛を引っ張られていたが、「変な気持ちになりましたけど、すごく新鮮でしたね。客観的に自分が見たことのない自分になっていて、なんかそういう気持ちにさせらたというか」と、手応えを感じたよう。ちなみに撮影では、自身の髪の毛へ「もっと引っ張っていいよというくらいだったので、僕の頭皮は強かったんだと思います。『CLEAR』でより強くなったと思います」と、ユーモアを挟みつつさりげなく宣伝を入れ込む様子も。

 引っ張るにかけて仲間を引っ張るタイプか逆に引っ張られるタイプかとの質問も挙がったが、「引っ張りもしないし引っ張られもしないですね。どちらかという一緒に引っ張りあっていく感じですね。引っ張るというと自分の世界にという感じがしますし、自分も引っ張ってあげて相手の動くスイッチを入れていくというか。あまり、引っ張っていくという感じではないと思います。楽しくワイワイとやる方が好きですね」と話す長瀬。それでも、この製品のPRにかんしては「任せとけ!」と、先頭に立つことをしっかりと宣言していた。

 “常識にとらわれない”というメッセージについては、「僕自身は常識人だと思うんですけど、非常識に見えますかね(苦笑)?常識にとらわれないというのは、仕事をしていて、常に心がけている言葉ですね。どうしても概念に縛られてしまい、自分らしいものできないかとか、常識に囚われていないほうが面白いかなって。気にしないで前に進み続けたことで、突き進んでいるという感じが1つの正解なんじゃないかなと思いますね。ドラマ、お芝居にしても、ジャニーズがやるような作品をやらないでやってきたので、こんなやつが1人くらい居てもいいじゃないですか」と、これまでの活動を振り返りしみじみ。

 製品の使用感へ「最高でしたね」と褒めつつ、「髪の毛は丈夫な方と言われるです。たまにパーマを掛けたりするんですけど、すごく直毛で、パーマをかけても、お風呂に入ると、直毛に戻っちゃうくらいなんです。それで、これを使うと髪がしっとりしてくれて、ウェーブが残ってくれて、セットが楽だなって思って。40という歳にもなったので、匂いも気になる歳にもなってきましたので」と、ケアもしっかりできているとアピールしていた。

 また、2日後にはバレンタインデーも迫っている。日本ではバレンタインは女性から男性へチョコレートのプレゼントだが、海外では逆ということで、“常識にとらわれない”がコンセプトの本製品にかけて、メッセージを書いたシャンプーを贈るというのはどうかと、ユニリーバ関係者から提案。これに長瀬は「チョコレートじゃなくてもいいですよね。シャンプーというのもなかなかいいんじゃないですかね。僕もバレンタインに縁がないので、あげるのはキャラじゃなくて。チョコだとベタといいますか、シャンプーとかだと逆にフランクに渡せるというか」と話しつつ、用意してきたという“常識にとらわれず輝き続けてください”というメッセージを新製品にシールとして貼ることも。

 続けて、長瀬自身のバレンタインデーの思い出の話題へ。さぞかしチョコレートをもらったのではという司会に、長瀬は「ジャニーズにいてこういう立場だとみなさんにそう言って頂けるんですけど、2月14日がバレンタインということを忘れるくらいもらうことも無かったんです。自分の母親の誕生日で、母親のことを思い出す方が多かったですね」と、苦笑い。それでも、「モテない男で、気持ち悪いと思われていたんじゃないかなと。でも、そんななかで1人だけチョコレートをくれた人がいたんです。そういう人が自分の中で大事な存在だったんだなって思って。僕にくれた人も勇気を振り絞ってくれたと思うんです。嬉しかったですね」と、心に刺さった思い出を懐かしげに披露していた。

 そして長瀬から、「製品のメッセージには『おっさん』というフレーズが入っていたり、自分もそう言われる歳になってきましていままで気にしてこなかった髪の毛も、気にしないといけない年なんじゃないかと、今回をきっかけにしたいなと思って。自分と同世代の男性に使ってもらって僕の言っていることが少しでも伝わればいいなと思いますね」と、思いの丈を伝えていた。

 その後の記念撮影でも、長瀬は「カメラの画角にとらわれないでくださいね!」と、さまざまなポーズと表情でカメラマンたちに目線を配り、何度も笑いを誘うなど、長瀬らしさを感じられる雰囲気満点となっていた。

TOKIO長瀬智也シャンプーCMに起用されても「農業なら土」!「非常識に見えますかね」と苦笑いやバレンタインデーの心に刺さった思い出も4

TOKIO長瀬智也シャンプーCMに起用されても「農業なら土」!「非常識に見えますかね」と苦笑いやバレンタインデーの心に刺さった思い出も3

長瀬のメッセージを貼った製品も

TOKIO長瀬智也シャンプーCMに起用されても「農業なら土」!「非常識に見えますかね」と苦笑いやバレンタインデーの心に刺さった思い出も2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする