国分太一が恐怖を感じたワケや「あとで全員やらせるからね」とのぼやきにスタッフ爆笑!ジャパネットCMシリーズから2篇放送へ

国分太一が恐怖を感じたワケや「あとで全員やらせるからね」とのぼやきにスタッフ爆笑!ジャパネットCMシリーズから2篇放送へ1

 アイドルグループ『TOKIO』の国分太一がCMキャラクターを務める株式会社ジャパネットホールディングスのCMシリーズ『イガイなようで、イガイじゃない』第2弾『スマホの訪問サービスってイガイ?』篇、『BS放送局ってイガイ?』篇が6月1日より全国放送となる。

 CMでは、「ジャパネットって、そんな事業やってるの?なんで?」という人々の会話が聞こえると、突如、国分が演じる“イガイ・ジャナイ氏”が登場。それぞれの取り組みに込められた、ジャパネットだからこそのこだわりを、身振り手振りで熱意たっぷりに伝える。本シリーズは各篇ごとに毎回、国分が“イガイ”な登場をするところが見どころの1つとなっている。

 『スマホの訪問サービスってイガイ?』篇では、草陰からのぞき見をするイガイな国分さんの姿からスタート。スマホの訪問サービスをイメージしたポーズをとるシーンでは、第1弾よりもさらに激しさが増したものとなる。2秒間で4つの動きをこなすスピードがポイントとなっている。

国分太一が恐怖を感じたワケや「あとで全員やらせるからね」とのぼやきにスタッフ爆笑!ジャパネットCMシリーズから2篇放送へ3

 撮影当日は25度を超える夏日。国分のキャラクター衣装が冬物のチェックスーツのため「この衣装を外で着るのか……」と、恐怖を感じたと語る国分。坂を下りるシーンや決めポーズの撮影では、太ももをさすりながら「あとで全員やらせるからね」と思わずぼやく場面も。そんな本音まじりの冗談で現場を笑わせつつ、暑い日差しの中、本番まで何度もポーズを自主練習する熱意を見せていた。

 そんな国分だったが、ハードな撮影が続く中、撮影場所の横を通り過ぎる園児たちのおさんぽの様子に、表情を緩め「1歳、2歳くらいかなぁ。まだオムツ履いてるよね……」と、目を細める様子も見せていた。

 ■「スマホの訪問サービスってイガイ?」篇
 https://youtu.be/IH7OxPRBNak

 ■「BS 放送局ってイガイ?」篇 YouTube
 https://youtu.be/IV0swr8FOz0

 ■メイキング YouTube
 https://youtu.be/6mj8jUfXhmk

 ※国分太一過去記事
 ・TOKIO「SUITS OF THE YEAR 2021」でアート&カルチャー部門受賞!城島茂 国分太一&松岡昌宏に「惚れ直した!」や「会社やるってこんなに大変なんや」としみじみ
 ・城島茂社長「日本を元気にするお手伝い」で国分太一頼りがいUP証言や松岡昌宏がフォローも!株式会社TOKIOとして丸亀製麺と共創型パートナーシップ締結
 ・城島茂、国分太一、松岡昌宏 新体制「TOKIO」として初CMは25年続投のフマキラー!国分クリエイティブディレクター就任や城島「重役出勤させていただきました(笑)」【インタ部分全文】

国分太一が恐怖を感じたワケや「あとで全員やらせるからね」とのぼやきにスタッフ爆笑!ジャパネットCMシリーズから2篇放送へ2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする