加藤シゲアキ「チュベローズで待ってる」15万部売れ重版の大反響!ホストのお悩み相談で焦りへの対処は「昨日の自分に勝つ」

加藤シゲアキ「チュベローズで待ってる」15万部売れ重版の大反響!ホストのお悩み相談で焦りへの対処は「昨日の自分に勝つ」2

加藤シゲアキ「チュベローズで待ってる」15万部売れ重版の大反響!

 アイドルグループ『NEWS』の加藤シゲアキ(30)が12日、東京・歌舞伎町ブックセンターで新刊『チュベローズで待ってる』(扶桑社)発売記念イベントを開き、司会はタケトが務めた。

 現役アイドル兼作家として活動している加藤による3年9ヶ月ぶりの長編小説。雑誌『SPA!』で連載されたものをまとめたものと書き下ろしで構成され、第1部がAGE22、第2部AGE32の2部作となる。就活として失敗した若者がホストでナンバーワンになり、普通に就職していく姿を描いている。

 会場には歌舞伎町のホストやホステス、飲食業に務める方たちを招いて芥川賞作家・羽田圭介氏、同所の店長で元ホストの手塚マキ氏とともにトークショーを開催。まずは、発売日にして、すでに15万部が売れ重版がかかるという大反響ということがタケトから伝えられ、場内も沸き返ることに。

 ノーネクタイの黒の上下に白シャツ姿の加藤は本作へ「書いていて不安でもあって」と、告白。それは「僕は実際ホストをやったことがなくて、取材をしたことがなくて、就活もしたことがなくて」と、取材をせず想像で書いたことだそうで、「このリアリティーをどう描くかと思って、こんなホストクラブありそうだなとかいうのとかから広げていった部分があって、僕自身、ジャニーズで人生の半分以上やってきて、お客様を魅了するというのが共通点なのかなって」と、説明。

 そんな不安がる加藤へ、羽田氏は、本作へ「いままでの中で最高の作品」と加藤の最高作と手放しで褒め、「アイドルの加藤さんにしか興味のない方にも、昔から文学が好きな人にも楽しめる。名前を替えて出しても良かったくらい」と、覆面作家として出しても十分に反響が出るだろうと太鼓判。さらに羽田氏は純文学のように風景描写を入れつつ省略のうまさ、伏線の回収の鮮やかさなど熱弁し、「勝ち負けではないですけど、ここは負けたと。僕は本当に困っています」とまで言わしめる。手塚氏も、「ここにいるホストでも、5年以上やっていないと分からない感じですね。(作家・村上春樹の)『ノルウェイの森』の主人公・ワタナベですよ」と、うなずいた。

 加藤はこれらの声に、「嬉しいですね。ちょっとくらいディスられると思っていたんです」と、ホッと胸をなでおろし笑みがこぼれ、早くも構想はまだだそうだが次作を何か書きたいという気持ちも高まっているとも。

 そのまま、集まったホストたちからの悩みに加藤が答えるというコーナーへ。10年ホストをやっていて後輩に嫉妬してしまうというという悩みへ、加藤は自身のことを引き合いに、「後輩に嫉妬したことはないですけど、焦ってはいたんです。先輩と比較してしまって。大先輩がこの歳で月9の主役を張っていたとか、年齢で比較してしまって。でも本を書くようになって、1作目は社会と比較してましたけど、2作目以降は自分の作品との比較なんです。自分対自分で比較するんです。よくある言葉で言えば『昨日の自分に勝つ』ということが目標になったんです。本を書くジャニーズって僕しかないから」と、乗り越えたエピソードも交えて披露。

 さらに、コミュニケーションのとり方の話になった際には、先輩たちのグループにおもしろい話が多いため羽田氏に軍団を作るように加藤が勧め、もしできたら“傘下”に入りたいとも。これに、羽田氏もまんざらでもないようで「軍団を作って『きょうシゲくん来るよ』と言ってみるのも……」と、色気を出して場内を沸かせていた。

 また、『NEWS』の中でホストをやったら誰がモテるかという話題が振られると、「たぶん手越(祐也)だと思うんです。でも、イメージで3番手で盛り上げる人を買う人とかもいますよね。そこの感じがすごい小山(慶一郎)さんですよ。キャスターもやっているから、実地ネタもいけるし会話をまとめてくれたりするし。意外といけるのではないでしょうか。10年くらい前はホストみたいな顔でしたし。小山さんもそうですけど、関ジャニ∞の村上くんは面白いですし、率先してお酒を継いでくれたりとか周りから愛されるし、ホストみたいな人ですね」と、挙げていた。

 ほかにも記者からは今年の自身のことを漢字1字で現してもらうと、加藤は「咲」とし、「チュベローズってお花ですし、だいぶ水空けている期間が長かったのでようやく出せたなって。メンバーとの時間も過ごして、咲には笑うという意味もあるのでたくさん笑ったなって」と、しみじみだった。

 その名前を挙げた村上には加藤から「名前出したし読んでほしいなって」と、アピールもしていた新刊『チュベローズで待ってる』は好評発売中!

加藤シゲアキ「チュベローズで待ってる」15万部売れ重版の大反響!ホストのお悩み相談で焦りへの対処は「昨日の自分に勝つ」1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする