藤田玲 映画「ボーダーライン」の苦労した部分とは?DUSTZとして主題歌も熱唱パフォーマンス

藤田玲 映画「ボーダーライン」の苦労した部分とは?DUSTZとして主題歌も熱唱パフォーマンス2

映画「ボーダーライン」ライブ付き舞台あいさつが開催!

 ロックバンド“DUSTZ”のボーカル・Ray、ギター・kohei、DJ・helloが23日、東京・シネマート新宿で映画『ボーダーライン』(監督:渡辺武/配給:AMGエンタテインメント)ライブ付き舞台あいさつを開いた。

 AMGエンタテインメントが、ヤンキー映画『ガチバン』、闇金を描いた映画『闇金ドッグス』と同じ世界感で描くアウトローな荒くれ者に特化したシリーズ作品。自動車整備工場で働きながら、あることがきっかけで運び屋をしている藤田玲演じるアベルが、かつての悪友・紅井レオ(荒井敦史)との出会いを契機に最悪の事態に巻き込まれていく姿を描くバイオレンスカーアクション。藤田は主題歌『BORDERLINE -A side-』を歌う『DUSTZ』のRayとしてアーティスト活動しており、この日はkoheiこと江畑こーへー、helloこと藤野雄也とバンドメンバーとの登場となった。

 まずは本作主演の藤田として登壇。音楽機材が用意されている光景を眺め「映画館で弾くのはないですからね。子供の頃この映画館に親と観に来ていたんです。その絶対入っちゃいけないところにいるから不思議な気分です」と、率直な心情を。

 演じているときの気持ちへは「すべてはレオのせいですよ。あいつさえ出てこなければ。いい人たちに囲まれて真面目に生きていたのに、すべてを失うという状況になってしまって」と、同情する部分もあるようだ。

 イベントではお客さんからの声に答えるコーナーへ。自身とアベルが似ている部分へ「なんだろうな。僕しゃべるタイプだし……汗っかきなところかな。あとは車が好きなところですね」と話したり、「抑えめにしないといけないのは大変でした。お芝居って1回振り切れると出せるんですけど、ためる役作りで、そういうのが難しかったしつらかったかなって」と、苦労したという部分も披露。

 さらには、自動車の性能が良すぎて現場でハプニングが起こったことや、アベルの出てきていない設定やシーンへの心情なども想像で熱弁、俳優ではなかったら「シェフになりたい。自分のご飯で人が喜ぶのは見たい」と、さまざまな質問にざっくばらんに話していた。

 プレゼントコーナーのじゃんけん大会を経ていよいよ『BORDERLINE -A side-』の歌唱へ。劇場のファンたちも総立ちになるなか、アップテンポの楽曲をところ狭しとパフォーマンスし、大盛り上がりのなかイベントは終演を迎えていた。

 映画『ボーダーライン』はシネマート新宿ほかにて公開中!

藤田玲 映画「ボーダーライン」の苦労した部分とは?DUSTZとして主題歌も熱唱パフォーマンス5

藤田玲 映画「ボーダーライン」の苦労した部分とは?DUSTZとして主題歌も熱唱パフォーマンス4

藤田玲 映画「ボーダーライン」の苦労した部分とは?DUSTZとして主題歌も熱唱パフォーマンス1

藤田玲 映画「ボーダーライン」の苦労した部分とは?DUSTZとして主題歌も熱唱パフォーマンス3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする