戸塚祥太 初主演ミュージカルは京本大我に「寄りかかっていきたい」!それぞれ役作りに努力していることとは?

戸塚祥太 初主演ミュージカルは京本大我に「寄りかかっていきたい」!それぞれ役作りに努力していることとは?1

『恋する♡ヴァンパイア』会見が開催!

 アイドルグループ『A.B.C-Z』の戸塚祥太(31)、『SixTONES』の京本大我(23)、『乃木坂46』の樋口日奈(20)が10日、都内ホテルでミュージカル『恋する♡ヴァンパイア』製作発表会見を開いた。

 本作は2015年に上映された映画『恋する♡ヴァンパイア』の連動展開として、映画のストーリーを新たにミュージカル作品として作り直したもの。映画では、ヒロイン“キイラ”が、ヴァンパイアとして登場し、人間の男の子“哲”との許されない恋物語が描かれたが、本舞台では、“哲”がヴァンパイアで、人間の女の子“キイラ”との間に生まれる恋心の行方を、時に切なく、時にハートウォーミングに描くという“逆転”が起こっているのも特徴だ。哲役を映画に引き続き戸塚、キイラ役を樋口、哲のクラスメイトでBlack Iceというグループのリーダ格の“ハルト”役を京本が演じる。

 戸塚は作品へ「恋の力でありえないことを可能にしてしまうという設定で、ラブの力の大切さと大きさを伝えていければ。ラブの力が世の中を動かすということを伝えたいと思います」と、意気込みを。

 一方の京本は、自身の役どころへ、「モテモテのキザなやつなので僕の中では初挑戦の役どころです」と、ちょっとした緊張があるようだったが、「戸塚くんと共演させて頂くのが夢だったので」と、憧れの存在との共演に喜びを語った。

 さらに、本作は戸塚にとって初ミュージカル。「いっぱいやることがあって大変だなって。楽譜も読めないですし。でも、大我はミュージカルを2本経験しているので、大我がいれば間違いない!後輩に寄りかかっていきたい(笑)」と、詰め寄ると、京本は「そんなことないです!」と、謙遜していた。

 役作りへ、戸塚は「見てくれも大事だと思ったので病弱ではなくシュッとしようと思っていま体重をちょっと落としているのでキープできればいいかなって」と、肉体改造にも取り組んでいるそう。

 すると京本はウインクシーンがあることへ「僕自身ウインクができないんです。だから、お手洗いに行った際にウインクの練習をしていて。プライベートで学生時代もモテたことはまったくなかったし、格好いいリーダーになれるよう体が仕上がった方がいいかなと思ってプロテインを飲んだりとかしています。でも、いまだに体に変化はありません(苦笑)。舞台までにはしっかり仕上げてついていこうと思うような格好いいリーダーになれるように」と、裏で努力をしているようだった。

 そんななかヒロインの樋口は、「ライブで歌やダンスをやらせて頂いているけど、2つ合わさったもののは初めてです。いままでに感じたことのない、全身鳥肌が立って。でも、私も感動を与えられる側になりたいと思って気を引き締めて頑張りたいなと思います」と、精いっぱいの演技を誓っていた。

 戸塚から「感動もしますし、笑いもありますし、観ている方にキュンキュンしてもらえるラブコメディお見逃しなく!」とアピールがあった、ミュージカル『恋する♡ヴァンパイア』は東京公演は3月9日から11日まで全5ステージ&3月28日から4月1日までの全9ステージを天王洲銀河劇場にて、広島公演は3月16日に全2ステージで広島アステールプラザにて、大阪公演は3月23日から25日(日)までの全5ステージで森ノ宮ピロティホールにて上演!

 ※この後の囲み会見の模様はコチラ!(戸塚祥太 京本大我と決めた初主演ミュージカル裏テーマは「ウインクできない系ジャニーズ2人の逆襲」!ぬいぐるみを一緒にお買い物へ

戸塚祥太 初主演ミュージカルは京本大我に「寄りかかっていきたい」!それぞれ役作りに努力していることとは?2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする