須賀健太 映画初主演で19歳の事務所後輩・阪本一樹は「可愛い」!阪本も最初は近づけなくてもいまは「優しくて大好き」

須賀健太 映画初主演で19歳の事務所後輩・阪本一樹は「可愛い」!阪本も最初は近づけなくてもいまは「優しくて大好き」4

映画『サイモン&タダタカシ』舞台あいさつが開催!

 俳優・阪本一樹(19)、須賀健太(23)が12日、東京シネ・リーブル池袋で映画『サイモン&タダタカシ』(監督:小田学/配給:日活)舞台あいさつ付き先行上映会を小田監督(37)とともに開いた。

 園子温、橋口亮輔、矢口史靖、熊切和嘉、李相日、荻上直子、内田けんじ、石井裕也ら日本の第一線で活躍する監督たちを世に送り出していてる新人監督の登竜門『PFF(ぴあフィルムフェスティバル)』。そのPFFアワード2014に入選し、受賞監督8人のなかから完全オリジナルの脚本で新作の企画を募り、1名のみが権利を獲得できる<PFFスカラシップ>に選出され作り上げられた作品。親友のタダタカシ(須賀)にかなわない想いを抱えながら、タダの運命の女を探す無謀な旅についていくサイモン(阪本)を描いている。

 阪本は本作が初主演なうえ演技自体も初とあって初々しさあふれる緊張気味なあいさつをしていたが、台本をもらったときのことへ「まずはセリフが多いなって。脚本の内容より覚える不安の方が強くて、2、3日眠れない日々が続きました。これをしっかり覚えられるのかという不安の方が大きかったです」と、内容よりも量の方に圧倒されたと心情を。

 須賀は「僕は4、5日眠れませんでした……ウソが記事になるのはいけないですから」と、おどけて場内の空気を和ませつつ、「台本を読んだときからどういう映像にするんだろうと思って。文字だとどうなんだろうこれ?みたいなのばかかりだったので、いろんな要素をこれでもかというくらい詰め込んでましたね」と、内容も説明。

 本作のために阪本は「しっかり準備しないといけないかなと思って、早口言葉とか落語とかを見てマネしたり、口を動かす訓練したりして」と、頑張ったそうだが須賀が「落語っぽいセリフあったっけ?」と、首をひねると、阪本は「ないです」と、滑舌を良くする訓練だったようだ。

 撮影については、須賀は「可愛いなと思ってずっと見ていました。事務所に後輩がいるというのも知らなかったんですけど、嬉しかったですね。すごい可愛かった」と、とにかく阪本が魅力的だったと証言。

 そんな本作の印象的なシーンへ、阪本は「須賀さんとの河原のシーンがあっておちゃらけたりして、じゃれたりするシーンが個人的にはいいなって。UFOから逃げるシーンで、先生役の方がふんどし姿で太鼓を叩くのは男らしくて格好いいなって」と、ピンポイントすぎる部分を話して沸かせる。

 一方の須賀は“宇宙人”が出てくるシーンを挙げ「あれ僕がやってるんです。特殊メイクで4時間かかってるんですよ」と、気合を入れて臨んだそうだが、「撮影最終日にやっていて、朝の8時くらいで、スタッフさんみんな疲れている状態で、黄色いのが入ってきたのに、すぐに『はい、やりましょう』と、淡々とやって10分で撮影が終わって。俺、1回不安になって大丈夫かなと思ったんです」と、現場がノーリアクションだったことに不安を漏らしたが、本舞台ではしっかりとリアクションがあり、胸をなでおろしていた。

 ほかにも、阪本は、「須賀さんのことを好きになろうと努力して、コミュニケーションをとっていたんです」と、告白。須賀は“努力”の部分が気になったようでツッコんで尋ねると、阪本は「芸歴が長いしちょっと怖いんじゃないかと。いざしゃべっていくうちに、こんな新人にも優しくて、今も大好きです」とは言ったものの、なぜか棒読みのようなセリフで須賀は苦笑いだった。

 イベント終盤には須賀から「本当にするのか?」と、謎の念押しがあったが、その内容は阪本から映画大ヒットをかけ、初日舞台あいさつにふんどしで登壇することを宣言するというもの。須田がするかどうかは不明だが、阪本は「初演技で初主演と思い入れも深いので、やれることはやりたいなと。ふんどし姿で貧弱なので筋肉つけて頑張りたい」と、まさに“一肌脱ぐ”来月の初日に向けて意気込んでいた。

 映画『サイモン&タダタカシ』は3月24日よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開!

須賀健太 映画初主演で19歳の事務所後輩・阪本一樹は「可愛い」!阪本も最初は近づけなくてもいまは「優しくて大好き」1

須賀健太 映画初主演で19歳の事務所後輩・阪本一樹は「可愛い」!阪本も最初は近づけなくてもいまは「優しくて大好き」2

宣言する阪本に笑いをこらえる須賀(右)

観客へバレンタインプレゼントも

須賀健太 映画初主演で19歳の事務所後輩・阪本一樹は「可愛い」!阪本も最初は近づけなくてもいまは「優しくて大好き」3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする