岡田紗佳 初写真集「muse」準備なしで撮っても抜群のプロポーションだったワケ!運動アレルギーエピソードも披露

岡田紗佳 初写真集「muse」準備なしで撮っても抜群のプロポーションだったワケ!運動アレルギーエピソードも披露3

岡田紗佳が初写真集「muse」発売記念イベントを開催!

 モデルでプロ雀士・岡田紗佳(24)が7日、東京・福家書店新宿サブナード店で1st写真集『muse』(ワニブックス)発売記念握手会を300冊で開いた。

 おみあし眩しい短めのスカート姿で現れた岡田。履いていた靴が緑ということで「緑一色(りゅーいーそー)ですね(笑)」と、麻雀の役を絡めたコメントも飛び出すなど、雀士らしさたっぷりな感じでの会見に。

 初写真集へ「ずっと出すことが目標というか出したいなと思っていたのですごく嬉しいです!」と、ニッコリ。お気に入りはバニーガールの格好をしたカットだが、「あまり着たこともないし、普段しないのでバニーガールを私がやりたいという感じで自分で要望を出したんです。そのときは割とノリノリでした。バニーガールを着た女性は割と好きなので」と、楽しい雰囲気での撮影だったようだ。

 スレンダーなプロポーションの岡田だが、この写真集のためにとくに何かしたということはないといい、「撮ると決まってから1週間後くらいで撮ったので、準備しないでこんな感じです」と、普段とまったく変わらないといい、「それはすごいですね」と声がかかると岡田は「天性のものですね」と、サラリと大言して報道陣の笑いを誘った。

 ちなみに、岡田が体を絞るために運動するということはアレルギーが出るため一切できないのだとか。その部分を突っ込んで尋ねてみると「本当にアレルギーで、走ったりするとじんましんが出るんです。高校2年生のときに、体育の授業中に顔がパンパンになって救急車で運ばれたことがあって」ということがあったそうだ。

 そのため普段の生活から気をつけているようで、ヨガをすることや、「食事を気をつけるのと柔軟性。体はとにかく柔らかくしています。あとは代謝がよくなるようにとか、ゆっくり歩いたりとか、人より熱い湯船に浸かったりしています」と、スタイルの維持する方法も披露していた。

 もし写真集に2冊目があるなら「今回ナチュラルな感じで、おうちのなかのシチュエーションが多かったので、次はファッション寄りのものがやりたいなって」と希望を挙げたり、もし行けるなら「キューバにレトロなアメリカがあって町並みが違って真逆ですし」と憧れがあるようだった。

 写真集を麻雀の点数でたとえてもらうと、「親の倍満(2万4000点)くらい」とのことで「役満じゃないのは、役満だと次がないので」と笑い、男性のタイプとしても、「麻雀は自分より強いか、全くわからないかというくらいがいいです」と、アピールしていた。

 写真集『muse』は3240円(税込)で好評発売中!

岡田紗佳 初写真集「muse」準備なしで撮っても抜群のプロポーションだったワケ!運動アレルギーエピソードも披露5

お気に入りのバニーガールカット

岡田紗佳 初写真集「muse」準備なしで撮っても抜群のプロポーションだったワケ!運動アレルギーエピソードも披露4

岡田紗佳 初写真集「muse」準備なしで撮っても抜群のプロポーションだったワケ!運動アレルギーエピソードも披露6

岡田紗佳 初写真集「muse」準備なしで撮っても抜群のプロポーションだったワケ!運動アレルギーエピソードも披露2

岡田紗佳 初写真集「muse」準備なしで撮っても抜群のプロポーションだったワケ!運動アレルギーエピソードも披露1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする