松坂桃李 役所広司からもらったライター見せニッコリ!原作者も映画「孤狼の血」の出来に太鼓判

松坂桃李 役所広司からもらったライター見せニッコリ!

 俳優・役所広司(62)、松坂桃李(29)、真木よう子(35)、中村倫也(31)、音尾琢真(42)、阿部純子(24)、竹野内豊(47)、伊吹吾郎(72)、ピエール瀧(51)、江口洋介(50)が25日、東京・丸の内TOEIで映画『孤狼の血』(監督:白石和彌/配給:東映)完成披露試写会を白石監督、原作者の柚月裕子氏とともに開いた。

 昭和60年代の広島・呉市をモチーフとした場所が舞台。一匹狼という言葉がふさわしい一癖も二癖もある暴力団係の刑事・大上章吾(役所)と、その大上につけられた松坂桃李演じる新人刑事・日岡秀一が、地元で抗争を繰り広げている2組の大規模なヤクザ組織と渡り合っていくハードボイルド作品だ。

 フォーマルな装いで登場した12人。本作で刑事役を演じてみての感想へ松坂は、「刑事の役をやったと言うより、所さんとバディを組ませてもらったことが宝です。役所さんの演じた大上が使っていたライターをもらいました。濃厚な関係性のなかでやらせてもらったことが嬉しかったですね」と、役所を見て顔がほころぶ。

 その言葉を受けて役所は、「松坂くんとは2度目の共演ですけど、ほとんど一緒のシーンが多かったので、とても共演者として楽しい俳優さんです」と、目を細めた。

 一方、ヤクザの関係者を演じた中村は「童顔の僕が、タバコを買うと年齢確認を聞かれる僕が、左手に注射器、右手に銃という役を振ってくださいました。もし、ダメだったら白石さんのせいにしようと思ってます」と、話したが、白石監督はそんなことないとばかり首を横に振っていた。

 さらに真木は「私が演じた役は、ヤクザの方々が常連として来るクラブのママですけど、切磋琢磨するうシーンがありまして、格好いいというのがありまして、それと同時にすごく格好いい男性たちばかりで、いいなって言ったらおかしいですけど、格好いいなと思いました」と、女性も憧れるものと話していた。

 そんな本作へ、柚月氏からは「私が考えていた以上の格好良さが感じられると思います」と、太鼓判を押し、役所からは「もう観て頂ければ楽しんでもらえると思います。初めて白石監督と出会ったときに元気の出る日本映画を作りたいんだと言われてなんとか元気になる映画を作ろうと思って映画を作りました。たくさんの人に進めてもらえれば」と、呼びかけていた。

 映画『孤狼の血』は5月12日より全国公開!

松坂桃李 役所広司からもらったライター見せニッコリ!原作者も映画「孤狼の血」の出来に太鼓判1

松坂桃李 役所広司からもらったライター見せニッコリ!原作者も映画「孤狼の血」の出来に太鼓判2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする