濱田崇裕 海パン姿も披露で「むしろ裸のままでいいんじゃ」!主演舞台のために記憶を“消した“?

ジャニーズWEST・濱田崇裕 続編主演舞台「歌喜劇/市場三郎~グアムの恋」で前作より成長した部分とは?体の仕上がりへもコメント2

「歌喜劇/市場三郎~グアムの恋」囲み会見が開催!

 アイドルグループ『ジャニーズWEST』の濱田崇裕(29)、女優・大和田美帆(35)らが6日、東京・新大久保のグローブ座で『歌喜劇/市場三郎~グアムの恋』(演出:河原雅彦)フォトコールを開き、その数シーンをメディア向けに公開した。

 2016年に濱田単独初座長を務め好評を博した『歌喜劇/市場三郎~温泉宿の恋』。その濱田演じる少し古風で不器用な市場三郎が舞台にカムバック!今回は前作のラストで予告されていたグアムとなっており、温泉街の旅先でフラれて恋にはこりごりだった三郎が、再び恋にめぐりあうという、笑って泣ける人情モノだ。

 フォトコールでは序盤約30分が公開。『歌喜劇』と聞き慣れないタイトルだが、舞台上では濱田をはじめとしたキャストがいきなりアカペラで歌いだしたり、効果音まで共演者たちもコーラスで表現して、ハイテンションなダンスを繰り広げるなど、前作と同じく観ているだけで愉快で思わず笑ってしまうものに。前作では温泉だったため濱田がタオル1枚になる“サービスシーン”があったが、今回は海に入るため海パンになるなどやっぱり“サービスシーン”は健在な様子を見せていた。

 終演後には濱田、大和田、演出の河原氏による囲み会見が開催。続編ということで濱田は「すごい嬉しいです!続編できることを楽しみにしていたので、決まった時は喜びでいっぱいでした!前作は、続いたらいいなという雰囲気で、出演者のみなさんもあったらいいなという雰囲気のなか、できるので嬉しいです」と、喜びを噛みしめる。

 本作から登場の大和田は、「続編に出るってすごい緊張するんですよ!経験したことのない感じですね。みなさんさりげなくアカペラの部分をやっているんですけど、途中から入った私達からしたら難しくて、体に馴染むのに時間がかかりました。何度も時間をかけてやって覚えました。新しく入ってきたキャストは3人ですけど前作より質は落としたくなくて、もっともっと盛り上げたいので」と、前作出演のキャスト陣がしっかり歌喜劇に体が慣れている様子を伺わせるコメントも。

 前作に比べ河原氏は「せっかくだから1作目になかった要素をと思っていて、それを濱ちゃんにチャレンジしてもらいたいと思ったりした部分も入れているんです。それでミュージカル女優さんを2人起用して、とことん歌を練習しました。本当に芝居のけいこをやっているのか歌のけいこをやっているのか分からないくらい歌をやってますから。みんな練習してできましたけど、観ているとバカバカしいですけど、やっていることは本当に高度なことです」とレベルが上っていること、歌周りに力を入れていたようで、濱田は、「歌にかんしては『2』も大変です。アカペラはやっぱり難しいのに気づきましたね。ひたすら頭の中に音を入れる作業がずっとで、四六時中音を聴いていました。覚えてもみんなで合わせるとまた違うんですよね」と、苦労したよう。

 その座長ぶりについては、「いい意味で前回と変わっていないと思います」という濱田だが「前回より視野を広くできたらと思っていて、ちょっとだけ、周りが見れるようになったかなって。前しか見えない感じだったのが、しっかり、みなさんのお芝居を見れるようになって、アドバイスもしっかりして頂いて視野が広がって」と、少し成長もしたそうだ。

 役作りへはグアムへ行くということで、濱田は「僕は1度仕事で行ったことがありますけど、それを頭の中で『これも知らない』と、リセットしましたね」と、記憶を“消した”のだとか。

 また、見どころの1つである水着シーンへは、記者から「なで肩が見えますが」と言われると「(なで肩を)どんどん出していかないと。これが唯一、生まれつきの取り柄だと思っているので(笑)」と、冗談交じりにコメント。続けて、記者から「水着になるとなで肩があまり分からない感じですね」と言われ「そうなんです!僕裸になるとなで肩が強調されなくて、服を着るとすごいねって言われるんですよ。むしろ裸のままでいいんじゃないかなって」と、苦笑いしつつ「あとは体を鍛えないとというプレッシャーはあったんですけど」と、体も仕上げても来たようだった。

 さらに、濱田としては「三郎というタイトルですけど、そこに出てくる人たちを好きになってもらえる舞台だなって思っていて、三郎以外の登場人物のファンができたらいいなって思って」と、自身の見でほしい部分も伝えていた。

 最後に、濱田から「今回は続編ということで歌もグレードアップしていると思っています。自分たちもたくさん練習しました。グアムへの旅へ、歌喜劇でお連れしますので、ぜひ、楽しみに待っていてください」と呼びかけていた『歌喜劇/市場三郎~グアムの恋』東京公演は7日から12月2日まで東京グローブ座にて、大阪公演は12月7日から10日までシアター・ドラマシティにて上演!

 ■出演
 市場三郎:濱田崇裕
 サラ:大和田美帆
 上司:高木稟
 田中:玉置孝匡
 佐藤:山岸門人
 従業員1:前田悟
 従業員2:シューレスジョー
 従業員3:小松利昌
 従業員4:松之木天辺
 女社長:玉置成実

 ※追記に伴いタイトルを変更しました。

濱田崇裕 海パン姿も披露で「むしろ裸のままでいいんじゃ」!主演舞台のために記憶を“消した“?15

濱田崇裕 海パン姿も披露で「むしろ裸のままでいいんじゃ」!主演舞台のために記憶を“消した“?18

濱田崇裕 海パン姿も披露で「むしろ裸のままでいいんじゃ」!主演舞台のために記憶を“消した“?21

濱田崇裕 海パン姿も披露で「むしろ裸のままでいいんじゃ」!主演舞台のために記憶を“消した“?22

ジャニーズWEST・濱田崇裕 続編主演舞台「歌喜劇/市場三郎~グアムの恋」で前作より成長した部分とは?体の仕上がりへもコメント1

濱田崇裕 海パン姿も披露で「むしろ裸のままでいいんじゃ」!主演舞台のために記憶を“消した“?12

濱田崇裕 海パン姿も披露で「むしろ裸のままでいいんじゃ」!主演舞台のために記憶を“消した“?14

濱田崇裕 海パン姿も披露で「むしろ裸のままでいいんじゃ」!主演舞台のために記憶を“消した“?20

濱田崇裕 海パン姿も披露で「むしろ裸のままでいいんじゃ」!主演舞台のために記憶を“消した“?11

濱田崇裕 海パン姿も披露で「むしろ裸のままでいいんじゃ」!主演舞台のために記憶を“消した“?13

濱田崇裕 海パン姿も披露で「むしろ裸のままでいいんじゃ」!主演舞台のために記憶を“消した“?16

濱田崇裕 海パン姿も披露で「むしろ裸のままでいいんじゃ」!主演舞台のために記憶を“消した“?17

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする