博多華丸 映画「めんたいぴりり」全国公開で「積み上げてきたものを出し尽くしました」と万感!富田靖子の“母ちゃん”ぷりで和ませる

博多華丸 映画「めんたいぴりり」全国公開で「積み上げてきたものを出し尽くしました」と万感!富田靖子の“母ちゃん”ぷりで和ませる3

映画「めんたいぴりり」初日舞台あいさつが開催!

 お笑いコンビ『博多華丸・大吉』の博多華丸、博多大吉、女優・富田靖子、子役・豊嶋花、山時聡真、増永成遥、俳優・でんでん、『バッドボーイズ』佐田正樹が18日、東京・新宿バルト9で『映画 めんたいぴりり』(監督:江口カン/配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー)初日舞台あいさつを江口監督とともに開いた。

 明太子を日本で初めて製造した福岡・博多にある『ふくや』の創業者・川原俊夫氏の人生をモデルに、戦後の復興期から成長期へ向かっていく昭和の感動物語。これまでドラマ、舞台で描かれており主要キャストはそのままに、ついに映画化となった。

 華丸はこれまでの本作がたどってきた流れを振り返り「2013年にドラマとして福岡で放送して、パート2があって舞台版があってこの映画になり、全国ロードショーということになりました。地元で頑張ってきて、初めて甲子園の出場を決めたような高校球児のような気持ちでさせて頂いています」と、万感の思いを。

 とはいえ、同日には木村拓哉が主演する映画『マスカレード・ホテル』が初日を迎えるとあり「高校野球でいえば大阪桐蔭が『マスカレード・ホテル』です。でも、6年間やってきてチームワークができてますんで、みんなで1つになって束になれば1点か2点になればと思っています」と、ユーモアを交えたコメントで「少しでも福岡の良さが伝わればいいなと思います」と、意気込んだ。

 作品へは、大吉はスケトウダラの妖精役ということで、「いまだに自分でなんのことなのか、何をやらされているか分かりません」とぼやいて笑わせれば、でんでんは「この映画を観て涙が出ました」と感動したといい、「劇中に出てきた立派な明太子は食べたことも見たことがありません。本当においしかったです」と、アピールも。一方、佐田はワンポイントの出演だそうで、「『まずいっちゃろ』と言って帰る役です」と、場内を賑わせた。

 会見中盤には富田が増永の洋服がまくれていたということで直してあげる、本作の役と同じ“母ちゃん”っぷりな対応。すると、増永と山時がお礼のメッセージをしたためた手紙を読み上げるときに華丸が、自身と富田の部分を“父ちゃん”“母ちゃん”というように細かい指導を入れる“大人げない”対応で笑いが起こり、しっかりやりきった2人に富田が「こんないい息子に育って嬉しいです」と、フォローをしっかり入れていた。

 そして富田から、「本気で誰かのために笑って泣いている映画です」と、呼びかければ、華丸は、「2013年から積み上げてきたものを出し尽くしました。映画館の方は明太子と一緒で賞味期限がありますので、なるべくお早めにお召し上がり頂ければ!みなさんのお口に合えば」と、アピールしていた。

 『映画 めんたいぴりり』は全国ロードショー中!

博多華丸 映画「めんたいぴりり」全国公開で「積み上げてきたものを出し尽くしました」と万感!富田靖子の“母ちゃん”ぷりで和ませる1

博多華丸 映画「めんたいぴりり」全国公開で「積み上げてきたものを出し尽くしました」と万感!富田靖子の“母ちゃん”ぷりで和ませる2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする