戸田恵梨香らが観客へサプライズし情緒たっぷり!大原櫻子“愛あるビンタ”は「傷つくと同時に愛情を感じる」

戸田恵梨香らが観客へサプライズし情緒たっぷり!大原櫻子“愛あるビンタ”は「傷つくと同時に愛情を感じる」4

映画『あの日のオルガン』公開記念舞台あいさつが開催!

 女優・戸田恵梨香(30)、大原櫻子(23)、お笑いコンビ『ココリコ』の田中直樹(47)が23日、東京・新宿ピカデリーで映画『あの日のオルガン』(監督:平松恵美子/配給:マンシーズエンターテインメント)公開記念舞台あいさつを平松監督(51)とともに開いた。

 太平洋戦争末期の日本が舞台。子どもたちのいのちを守るために日本で初めて保育園を疎開させることに挑んだ保母たちの実話をもとに描いている。保母たちのリーダーで責任感の強い板倉楓を戸田、天真爛漫で音楽好きの保母・野々宮光枝を大原が演じ、2人でW主演している。

 黒いドレスで登壇した戸田。ともに主演を張った大原へ、「小さいカワイイ、ふわふわとしていたんです。実際に保育園に一緒に行って、保母さんを体験をさせて頂いたんですけど、にっこにこで走り回っているさくちゃん(大原)を見て、なんて元気なフレッシュな人なんだって。“みっちゃん先生”と同じ目線で子どもたちを見ているし、本当に太陽のような人」と、眩しさを感じるほどなのだとか。

 逆に、大原は戸田からビンタされたシーンが印象的だったようで「愛のあるビンタを受けることがあって。リハーサルのときは振りでしたけど、いざ本番で愛のビンタを受けたときに、人って、傷つくと同時に愛情を感じるんだって。カットかかった瞬間にみっちゃんを忘れて、戸田さんに近寄っていって」と、振り返り戸田は「ビンタするとか蹴りを入れたことはあったんです……もちろん芝居でですよ(苦笑)。でも、女性に対してビンタするのが初めてで緊張しましたね。変な当たり方をしたらどうしようと思って」と、心配していたのだとか。これに大原は「自慢ですよ戸田さんからビンタを受けるなんて」と、勲章になったと胸を張り、これに戸田は「やめてください」と、照れくさそうだった。

 一方、田中は2人の勤める戸越保育所・所長の脇本滋役を務めているが、楓とのロマンスを感じさせるシーンもあるのだとか。戸田が「あれはラブシーンですよね」といえば、田中も「そう聞いてますし、緊張しました。あのシーンの細かいお話をしながらでした。脇本から楓への気持ちをどれくらい出したらいいのかなと」と、苦労もあったようだった。

 話が少し変わって、5月1日には新年号に変わることから、キャスト陣に新しい時代になっても変わらずにやり続けたい「こと」について質問が。戸田はずっと続けているというダイビングを挙げ、「海に潜るのが好きなんです。自然を感じる時間が自分にとって必要な時間で」と、しみじみ。そのダイビングの思い出へ、「4、5年前に沈没船を見たことがあって、歴史を海底でみるというのにゾクゾクして、その瞬間に人はいたんだよなと、すごく感じて、感動したんです」と、感動体験を。

 続く大原は、自動車運転免許をとったそうで、運転技術を落とさないようにしたいという。さらに、田中は、「コンビなので、コンビを続けていく」と言い出し、これに戸田は身を乗り出して「大丈夫ですか!?」と、本気で心配する姿も見せていた。

 最後に戸田から「今生きているみなさんの次世代に語り継いでいきたいなと思っています。私達は戦争のあった時代のことは分かりきらないです。少しでも知ったことが、すごく大事で、ずっと語り継いでいかなければならないことだなと、この作品にかかわって思いました」と、気持ちを伝える。そして、この日、出演者たちで話し合って決めたという、観客も携帯での写真撮影が可能なうえ、場内を練り歩くことをサプライズで伝え、たくさんのシャッターが切られるなか、戸田も「みなさんのお力を頂ければ」と、呼びかける情緒あるものとなっていた。

 映画『あの日のオルガン』は新宿ピカデリーほかにて全国公開中!

戸田恵梨香らが観客へサプライズし情緒たっぷり!大原櫻子“愛あるビンタ”は「傷つくと同時に愛情を感じる」5

戸田恵梨香らが観客へサプライズし情緒たっぷり!大原櫻子“愛あるビンタ”は「傷つくと同時に愛情を感じる」3

戸田恵梨香らが観客へサプライズし情緒たっぷり!大原櫻子“愛あるビンタ”は「傷つくと同時に愛情を感じる」6

戸田恵梨香らが観客へサプライズし情緒たっぷり!大原櫻子“愛あるビンタ”は「傷つくと同時に愛情を感じる」1

戸田恵梨香らが観客へサプライズし情緒たっぷり!大原櫻子“愛あるビンタ”は「傷つくと同時に愛情を感じる」2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする