東山紀之「7 MEN 侍」&「Jr.SP」と「リネージュM」TVCMで初共演!「グループで対抗戦をやったら面白い」

東山紀之「7 MEN 侍」&「Jr.SP」と「リネージュM」TVCMで初共演!「グループで対抗戦をやったら面白い」1

TVCM『リネージュM 伝説が来る篇』が放送へ!

 俳優・東山紀之、ジャニーズJr.でアイドルグループ『7 MEN 侍』と『Jr.SP』のメンバーたち11人が新作モバイルゲーム『リネージュM』のTVCMで初共演を果たす。

 『リネージュM』は人気オンラインゲーム『リネージュ』を元としたMMORPG。『リネージュ』は1998年に韓国でサービスをスタートをしたオンラインゲームで、その後『リネージュ2』などシリーズ化。今回CMで取り扱われるシリーズ最新ゲーム『リネージュM』は今月29日からサービスイン予定で、事前登録者数は150万人を突破と大きな反響を呼んでいる。

 CMは東山、『7 MEN 侍(せぶん・めん・さむらい)』から五十嵐玲央、今野大輝、佐々木大光、菅田琳寧、中村嶺亜、本髙克樹、矢花黎、『Jr.SP(じゅにあすぺしゃる)』から中村浩大、林蓮音、松尾龍、和田優希が出演。

 今月10日から放送の『リネージュM 伝説が来る篇』では、軍勢を従えハットをかぶってうつむくリーダー格の人物(東山)にカメラが寄っていく画から。その上にゴールドの「M」が表示されるなか「M、これ以上は存在しない」と、東山の重厚なナレーションとともに闘志を秘めた目線で顔を上げる。歴戦の勝利の記憶のフラッシュバックのようなローアングルカット、天空からの一条の光に浮かぶ東山。風でMの軍旗がはためく様子を超ハイスピードショットで描く。戦いに向けて走り出す東山の超ハイスピード映像が見どころだ。なお、本CMでは『7 MEN 侍』&『Jr.SP』のメンバーたちも少し写り込んでおり、後日放送予定のCMでは東山と、『7 MEN 侍』&『Jr.SP』の11人はしっかり写り込んだものとなるという。

 超ハイスピードカメラで撮影した映像に、同じカメラアングルで制作した背景CGを合成する手法で作成。そのため、ハイスピードカメラとCG上のカメラが完全に同期するようにプログラムを組んでコンピューター制御されたカメラワークで何度でも同じ動きができる最新鋭のモーションコントロールカメラ『BOLT』を使用するものとなっている。スタジオも大掛かりなセットとなり、広大なグリーンバックの空間に、レール上を動く大型の最新鋭のカメラの前で演技をすることとなる。

 CMの撮影現場で初対面となったが、11人は東山の単独の撮影シーンでは、控室に戻ることなくスタジオ内のモニターから東山の演技を食い入るように熱心に観る姿も。撮影中、東山が気遣って初共演の緊張が和やかとなり、一緒に演技するシーンでは一体感あるものでスムーズとなった。撮影の合間には開発中の『リネージュM』をプレーするタイミングもあったが、初プレーながら「グループで対抗戦をやったら面白いね」と、感想を漏らし、短時間でもその世界観を楽しんでいたようだった。

 TVCM『リネージュM 伝説が来る篇』(15秒)は10日より関東、関西、中部で放送スタート!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする