奥野壮「劇場版ジオウ」に「こんなこと起こっていいの!?」や押田岳も「僕らも衝撃の展開」!DA PUMP・ISSAは「改造人間になりたい」

奥野壮「劇場版ジオウ」に「こんなこと起こっていいの!?」や押田岳も「僕らも衝撃の展開」!DA PUMP・ISSAは「改造人間になりたい」3

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』会見が開催!

 『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』(配給:東映)製作会見が22日、都内ホテルで開かれ常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ役の奥野壮、明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ役の押田岳、ツクヨミ役の大幡しえり、ウォズ/仮面ライダーウォズ役の渡邊圭祐、田﨑竜太監督、そして主題歌と劇場版ゲストとなるダンス&パフォーマンスグループ『DA PUMP』のISSA、TOMO、KENZO、KIMI、DAICHI、U-YEAH、YORIが登壇した。

 平成仮面ライダーシリーズの20作記念作品としてスタートし、時空を超えて登場する過去のレジェンドライダーたちの出演していることで話題の『仮面ライダージオウ』が“平成仮面ライダー・最後の劇場版”で、史上最大のクライマックスを迎える。なお、同時公開で『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』も上映となる。

 本作はあっと驚くようなエンディングを迎えるようで、奥野は、「観ている人が『こんなこと起こっていいの!?』と思ってもらえるような映画です」と、自信を見せれば、渡邊も、「TV版とは違う、最終回という形で、僕らの聞いていない未来のことが展開していくんです。僕らも衝撃の展開で、心の中が沸き立つようなものになりました」と、興奮したという。

 前作では、かつての平成ライダーだった佐藤健が出演したりとサプライズもあった。しかし本作では大幡によると、「台本を読んで、自分たちだけの映画になったので、全力で臨みたいと思いました」と、気合が入ったといい、押田も、「今回ジオウの作品なので、僕たちの力で作っていかなきゃいけないというのにプレッシャーを感じました。それと同時、楽しんで撮影してきました」と、話していた。

 さらに、ISSAは、主題歌と出演をすることへ、「自分の大好きな仮面ライダーという作品に出させて頂くのが光栄でした。ずっと仮面ライダーという作品が好きで、いつか改造人間になりたいと思って生きてきたんです。本当に、涙が出て嬉しかったです」と感無量という様子で、TOMOは「僕らは謎の集団という役どころですが、ISSAくんの取り巻きが僕ら全員という役です。ありがとうございます」と、チラリと設定も披露。

 ちなみに、田﨑監督によると、本作では『DA PUMP』はダンスを封印しているそうで、U-YEAHも、「ダンスのシーンいつ出てくるんだと思っていたんです」と、戸惑いもあったよう。そんななか、DAICHIだけは調子よく、「『DA PUMP』の活動を通じて培った演技力を見せました」とお茶目に笑いISSAから「いつの間に演技力つけたんだ!(笑)」と、和気あいあいなやりとりを繰り広げていた。

 『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer(オーヴァー・クォーツァー)』と『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』は7月26日より全国公開!

奥野壮「劇場版ジオウ」に「こんなこと起こっていいの!?」や押田岳も「僕らも衝撃の展開」!DA PUMP・ISSAは「改造人間になりたい」2

奥野壮「劇場版ジオウ」に「こんなこと起こっていいの!?」や押田岳も「僕らも衝撃の展開」!DA PUMP・ISSAは「改造人間になりたい」4

奥野壮「劇場版ジオウ」に「こんなこと起こっていいの!?」や押田岳も「僕らも衝撃の展開」!DA PUMP・ISSAは「改造人間になりたい」1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする