SILENT SIREN「BanG Dream!」は「自分たちの作品じゃないか」と共感!対バン通じてPoppin’Partyにデレデレで「妹のような存在であり仲間」【DAY2ライブレポ前編】

SILENT SIREN「BanG Dream!」は「自分たちの作品じゃないか」と共感!対バン通じてPoppin’Partyにデレデレで「妹のような存在であり仲間」【DAY2ライブレポ前編】2

SILENT SIREN「BanG Dream!」は「自分たちの作品じゃないか」と共感!

 アニメ、ゲーム、コミック、声優によるリアルライブなどさまざまなメディアミックスを展開するバンドプロジェクト『BanG Dream!(バンドリ!)』発のガールズバンド『Poppin’Party』と4人組ガールズバンド『SILENT SIREN』が5月19日、埼玉・所沢のメットライフドームで対バンライブ『NO GIRL NO CRY』DAY2を開催。夢の豪華対バンに観客たちは熱狂の一夜となった。

 両ガールズバンドは今年2月23日に日本武道館で開催されたTOKYO MX presents『「BanG Dream! 7th☆LIVE」DAY3: Poppin’Party「Jumpin’ Music♪」』にて5月18、19日に対バンライブの開催を発表。“東スポ”の呼び名で親しまれる東京スポーツが号外を出すほどの反響を見せていた。

 午後5時の開演時間となると、 “RAS(ラス)”の略称でも知られる『BanG Dream!』第3のリアルバンド『RAISE A SUILEN(レイズ ア スイレン)』のベース&ボーカル担当でレイヤ役・Raychell、ギター担当のロック役の小原莉子、ドラム担当でマスキング役の夏芽、キーボード担当のパレオ役の倉知玲鳳、DJ担当のチュチュ役の紡木吏佐が手を振りながらオープニングアクトに登場。

 夏芽がバーンとドラムを思い切り叩くと、それに応えるように観客達も一気に総立ち状態。そこにRaychellが、「盛り上げに来ました」「盛り上がりたいやつ拳を挙げな!」と、ハスキーな声で呼びかけ、観客たちからも本気の声が返り、アップテンポナンバー『A DECLARATION OF ×××』の演奏を始める。RASカラーのサイリウムに会場が包まれるなか、疾走感を感じさせる『UNSTOPPABLE』『R・I・O・T』『EXPOSE ʻBurn out!!!ʼ』の4曲を披露したうえ、Raychellも楽曲の合間に「全力でかかってきな!」など、巧みな煽りで会場のヴォルテージをガンガンに上げ、オープニングアクトの役割をしっかりと務め上げた。

 その熱くなった空気のなか、現れたのは“サイサイ”の愛称で親しまれている『SILENT SIREN(サイレント サイレン)』。メットライフドームで対バンするまでの軌跡の映像と、目の覚めるような特効演出の後、ステージ中央のパネルが割れその後ろにボーカル&ギター担当・すぅ、ドラム担当・ひなんちゅ、ベース担当・あいにゃん、キーボード担当・ゆかるんがライブセットとともにスタンバイしているというド派手演出で現れ、ゆかるんが楽曲『チェリボム』の振り付けをレクチャーし、すぅの「『SILENT SIREN』はじめまーす!」との声とともに楽曲『チェリボム』からスタートを切った。

 2曲目の『八月の夜』を歌った後、すぅは「2曲しか歌ってないけど泣きそうです!みんな最初から盛り上がってるね」と、感極まりながら「最高に楽しい時間になる気しかしてないから、歴史に残るイベントにしようぜ!」「みんな一緒にキラキラドキドキしようね!」と、思いの丈を絶叫。ゆかるんも、「最高の状態でポピパちゃんにつなぐぞ~!」と、気合は十分といった様子。

 3曲目『天下一品のテーマ』では、あいにゃんと、“天下一品”ののぼり旗を振りまくるゆかるんがトロッコで会場の左右をめぐり、ひなんちゅとすぅがリフトアップされたステージを楽器ごと観客の真上をムービングしながらパフォーマンスする、大会場ならではの演出も。

 MCでは、すぅが対バンを行う以前から『SILENT SIREN』『Poppin’Party』ともにお互いのライブを観に行っていたことを明かし、「お互いが良いバンドだなと思っていたから、いつかライブしたいなって心の中で思っていたの。そうしたらこんなに早く対バンができることになりました!ありがとうございます!!」と、あふれる感謝の気持ちを伝える。

 対バンを発表してから『Poppin’Party』との距離が近くなって喜んだというすぅは「想像以上に仲良くなることができて、プライベートでもご飯を行かせてもらうようになったり、メールしたりとか」と、良い関係を築けているようで、「DAY1が終わったときに写真を撮ろうと言ったんだけど、ポピパちゃんたちはメイクを落としちゃった後だったの。でも、『全然いいですよ』と言ってくれて。これってすごくない!?」と、『Poppin’Party』メンバーたちの温かさを熱弁。

 ひなんちゅも「ポピパの大橋彩香ちゃんから、『ひなんちゅさんの家の猫を見に行きたいです!』と言ってくれて。それって、家に来たいってことだよね。愛美ちゃんも、『一緒の部屋で寝てほしいです』と言ってくれたり、えー、なんか好きになっちゃうかも……と思って」と、デレデレといった姿を見せたり、『RAISE A SUILEN』のRaychellや夏芽を尊敬していることなどを告白。

 あいにゃんは西本りみとやりとりしているそうで、「DAY1のコラボで『チェリボム』をやったじゃないですか。私はベースなので、りみりん(西本の愛称)と一緒に弾いたんですけど、前日の夜にLINEで、『一緒に弾かせてもらって嬉しいです。あいにゃんさんが弾いててやりづらいところがありませんでしたか?』と、くれて(笑)。もう、めっちゃかわいくない!?私の心は持っていかれて、チョココロネを何個でも買ってあげたくなっちゃった!妹のような存在であり仲間です」と、西本にメロメロになったようだった。

 ゆかるんも、スマートフォン向けゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティー!』のプレイ動画を自身のSNSに掲載したところ、『Bang Dream!』のファンから温かいアドバイスがあったことに感謝したり、すぅは、『SILENT SIREN』メンバーたちと『Bang Dream!』のアニメを観たそうで、「自分たちと重なる部分があって、自分たちの作品じゃないかなと思ったんです」と、大きく共感もしていたそうで、「初期衝動を忘れずにやってきたらドームに立つことができました」と、万感の気持ちを語った。

 そして、すぅが「大好きなポピパちゃんたちの歌!」と『Poppin’Party』の楽曲『ときめきエクスペリエンス!』の披露などで楽しませていたが、最終曲『恋のエスパー』演奏中に、すぅが“STOP”をかけ、バンドメンバーから観客までが“停止”する事態に。すぅは「超能力を使ってます(笑)。ポピパちゃんたちに渡さないといけないと思うんですけど、終わりたくなさすぎてみんなとライブをしたいなって。だから、超能力をを使って、時間を巻き戻したいと思います!」と、手を振り“時間を戻し”「こんにちは!『SILENT SIREN』です!」と、この日の1曲目『チェリボム』の演奏まで“巻き戻し”て披露。そこから『恋のエスパー』へと戻し、「時間を止めちゃいたいくらい最高のライブです!きょうはありがとう!!」と、あいさつとともに演奏を終えた。

 【後編(Poppin’Party初披露の「Returns」がエモすぎ!らしさ全開の“STOP”演出やSILENT SIRENから学んだこととは)へ】

 ※記事内画像は(c)BanG Dream! Project (c)Craft Egg Inc. (c)bushiroad All Rights Reserved.
(c)PLATINUM PIXEL

SILENT SIREN「BanG Dream!」は「自分たちの作品じゃないか」と共感!対バン通じてPoppin’Partyにデレデレで「妹のような存在であり仲間」【DAY2ライブレポ前編】5

SILENT SIREN「BanG Dream!」は「自分たちの作品じゃないか」と共感!対バン通じてPoppin’Partyにデレデレで「妹のような存在であり仲間」【DAY2ライブレポ前編】3

SILENT SIREN「BanG Dream!」は「自分たちの作品じゃないか」と共感!対バン通じてPoppin’Partyにデレデレで「妹のような存在であり仲間」【DAY2ライブレポ前編】4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする