i☆Ris芹澤優 日本武道館公演以降の本音吐露でパシフィコ横浜公演決まり「押せるときに押してくれっ!」【スピーチ全文付きライブレポート】

i☆Ris芹澤優 日本武道館公演以降の本音吐露でパシフィコ横浜公演決まり「押せるときに押してくれっ!」【スピーチ全文付きライブレポート】

 6人組声優&アイドルグループ『i☆Ris』の山北早紀、芹澤優、茜屋日海夏、若井友希、久保田未夢、澁谷梓希が1日、東京・中野サンプラザで全国ライブツアー『i☆Ris 5th Live Tour 2019 ~FEVER~』千秋楽公演を開催。20曲以上の歌唱やパシフィコ横浜公演開催の大発表などで集まった満員の観客たちを熱狂させた。

 『i☆Ris(アイリス)』とは声優とアイドルの活動の両立を目指すことをコンセプトに、エイベックス・グループと81プロデュース共同オーディションで2012年に選ばれた6人で結成。2014年からはTVアニメ『プリパラ』の主要キャストをメンバー全員が務め、初の日本武道館公演も成功させるなど活躍している。本ツアーは昨年のツアーより会場と公演数を増やした全国8会場を16公演で巡り、活動に勢いを増している。

 開演直前に、6人でリレー方式で影ナレーションを担当。山北は噛んでしまうご愛嬌や茜屋以降は「FEVER!!」と語尾に入れて笑わせるなど楽しげな雰囲気を作り上げる。

 そして、白と黒のモノトーンで大人っぽい雰囲気の衣装で6人が飛び出してくると、1曲目『ありえんほどフィーバー』から。いきなりのテープ特効や、6人のイメージカラーがそれぞれのメンバーに当たるという照明演出もあったりと、気分もアガる演出も満載で、会場の熱気も一気に大フィーバーとなった。

 『Happy New World☆』『DIVE TO LIVE』とアップテンポでダンスもハードな楽曲を続け、“FEVER確変”状態で最初のMCに突入。千秋楽公演とあって、全員全力を出し切る宣言をしていたが、芹澤は「楽しすぎてどうにかなりそうですよね!私も楽しすぎてフリを間違えてしまいました」と、ファンの熱気に紛れて告白したり、久保田のMCで観客が“わんわんおー”と盛り上がり過ぎた後の澁谷が「みなさんの声で、(澁谷の愛称の)“ずっちゃん”、“あずき”の2つが聞こえるんです!けど、きょうはあずきでいきましょう」と、冷静なMCでうまく場をコントロールするなど、バランスの良いトーク回しを見せた。

 中盤は全員のソロ曲やTVアニメ『おジャ魔女どれみ』の名曲『おジャ魔女カーニバル!!』を可愛らしい振り付けをしながら歌唱したり、山北と芹澤が『Over the future』で背中合わせのエモーショナルな演出や、コーナー終わりでの椅子を使ったムードたっぷりなショーを感じさせるダンスも。一気に11曲連続パフォーマンスコーナーを駆け抜けた後のライブ後半は、『Endless Notes』でしっとりと魅せ、緩急をつけることも忘れず、意欲的な演出もふんだんに盛り込んだ。

 17曲目『Shining Star』からは『Make it!』、『ドリームパレード』、『Realize』と、キラーチューンの連打でまさにラストスパート!力を出し尽くすように畳み掛ける全力のパフォーマンスに、会場のボルテージも最高潮でメンバーたちの息の合ったジャンプに合わせて会場も何度もタテ揺れするほど。歌い終えた後にはメンバーたちも清々しい表情を浮かべ観客たちも惜しみない万雷の拍手を送るエモーショナルな雰囲気のなか、お礼をして舞台袖へと下がった。

 客席から嵐のような「i☆Ris!」アンコールが巻き起こったが、そこから映像が上映。こちらはメンバーにとっての『i☆Ris』とはというインタビューがあり、「家族」(澁谷)、「姉妹」(久保田)、「戦友」(若井)、「酸素」(茜屋)、「氷」(芹澤)、「愛」(山北)と、らしさ全開の回答が連発し、会場を和ませる。

 一息入った後のアンコール1曲目の『ミラクル☆パラダイス』では、メンバーが3人ずつ舞台を降りて客席を塗ってハイタッチや、高速ダンスなどでより距離の近く、視線を釘付けにすることも。

 そして告知では、2019年夏アニメ『手品先輩』のOP主題歌が、グループの最新19thシングルにもなる楽曲『FANTASTIC ILLUSION』となり、8月28日に発売することが明かされたり、11月24日のデビュー7周年記念『i☆Ris 7th Anniversary Live』が神奈川・パシフィコ横浜で開催されることも発表。

 祝福の拍手が場内に響いた後、メンバー1人1人がスピーチをはじめた。

 ○澁谷梓希
 「きょうは灰になろうと思って、やってたら声が枯れてきました(苦笑)。ファンのみなさんも毎回頑張ってくれているんだなと思うと自分も負けてられないなと」

 「今回のツアーを通して、メンバーのこと、スタッフさんのこと、ここに来てくれるみんなのこと、本当に大好きなんだなって感じられて、すごく良い期間だったなって思います。(澁谷自身が)なんかアイドルっぽくないしさ、みんなに心配をかけることも多いですけど、やっぱり澁谷梓希がこうやってステージに立っている以上は、1人でも多くの人に笑顔になってもらえるように、ライブ活動とかその他もろもろの仕事で恩返していけたらなと思います。今後も澁谷梓希をよろしくお願いします!!」

 ○久保田未夢
 「私も『i☆Ris』のライブは、基本的に私以外のメンバーって、セトリとかコンセプトというのを決めていたんです。今回のツアーから私もゼロから参加させて頂いて、リリイベのセトリもみんなに丸投げしていたのが、今回のツアーは、みんなでスタッフという形でゼロから作ったツアーです。自分も隅から隅まで全部理解して、全部わかった状態でこうして、全国8箇所16公演をやってきて、この楽しい気持ちがどんどんみんなに侵食していって。みんなも友達とかに『i☆Ris』のツアーすごく良かったよって言ってもらって、この中野サンプラザも完売したし、大きいハコも決まったし、『i☆Ris』ってすごいなって、最近つくづく思います」

 「私だけの特権なんだけど、私達はイヤモニをつけているんですけど、メンバーの5人は本当に歌が上手いんですよ!歌上手いなぁと思う中、ダンスもしていて、こんなすごいメンバーと一緒に、7年も続けてこれて、いろんな未来が決まって、シングルもあって、大きいハコもあって、最高の5人とこれからも一緒に突っ走っていこうと思います。ありがとうございました!」

 ○若井友希
 「涙もろいんで、泣きたくないから頑張って我慢します(苦笑)」

 「今回のツアーって、うちらがゼロから作ったというのもあるんですけど、ツアー5回目だけど『i☆Ris』ってこれまでも良いライブもあって、日本武道館もすごくいいライブだったし、ファーストライブツアーもすごく思い出に残るツアーだったなって思うんです。あのライブ良かったよねと言われることが多いんだけど、でも、更新しないと意味ないじゃんと思っていて。だから、今回のツアーは今までで1番最高のツアーにするというのを自分にもスタッフさんにも誓ってツアーを始めていたんです。私は1番いいツアーになったと思うんですけどいかがですか?(観客から拍手が返る)」

 「最近『i☆Ris』のこと初めて知ってくれる人が増えた気がして、ツアー中にいろんな初めての顔も見た気がして、最近、幸せを噛み締めてて。この勢いは令和になって止まりたくないから、ついてきてくれますか!これからもよろしくお願いします!!」

 ○茜屋日海夏
 「ツアーの振り返りと言いつつ、ちゃんとした達成感は後でです(笑)。ここまで突っ走ってきて公演の千秋楽ですけど、すっごい楽しかった!自分でもビックリするぐらい、こんなにアドレナリンって出るんだっていうくらい。各地で昼・夜2公演やってきて、私達もだけど、観客のみなさんもずっとジャンプするの大変だったよね。それなのにずっとついてきてくれて、本当に“良い奴ら”だよあんたたち(笑)

 「毎年、この時期はみんなと会えるから嬉しいし、今年はリリイベもあったからみなさんとお話する機会があって、みんなと会えている時間がすっごい楽しい。1週間くらいみんなと仕事で会えない時期があると、もっとやりたい!もっとできる……自分は!と思う時期があるんですよ。パシフィコ横浜決まったじゃないですか。嬉しいと同時にもっともっとレベルを上げてステージに立ちたい。この悔しさがあるということは、向上心がある『i☆Ris』はまだまだ上にいけるということです!そんな私達をみなさん見ていてくれますか?会えるときに、みなさんに会いたい!とにかく会いたいです!これからもたくさんたくさん歌いますし、踊ります。みなさんも生の姿を観に来てください!」

 ○芹澤優
 「パシフィコ横浜を頂きまして……頂きまして?(苦笑)私、こうして『i☆Ris』として頑張るのは、セリコが汗をたらーと垂らしながら踊っているのを観て、『あー、俺も頑張ろう』『私も明日も頑張ろう』と思ってほしくて。自分のためもあるけど、頑張ってる姿とか一生懸命の姿を見てもらって、なんか活力とかあげれたらいいなと思っていたんです」

 「けど、『i☆Ris』として活動していて、日本武道館の後に、目標がなくなっちゃって……なんとなく、もっと頑張りたいと思っていたんですけど、会場とかちゃんとした目標が欲しくて、そこに向かって頑張りたくて、ちゃんとランクアップしたくて……じゃないと、頑張るってよく分からないな、『i☆Ris』頑張ってる理由がよく分からないなって思っていたんです。でも、こうしてパシフィコ横浜っていうハコをもらって、なんか『i☆Ris』またもう1回動き出したんじゃないかなと思っているんですけど、みなさんもそう思いませんか?(拍手が会場を包む)」

 「1人でも『i☆Ris』って、すごいって思うので……もっともっといっぱいの人に知ってほしいし、ニコ生で観戦している人は、スーパー布教してください!『i☆Ris』もっともっと上行くぞ!推しててよかったユニットになるぞ!!みんな、押せるときに押してくれっ!これからも、みんなにいっぱいラブを届けるんで、応援してください!よろしくお願いします!!

 ○山北早紀
 「良いスピーチだねぇ(笑)。セリコからの流れでいつもスピーチするけど、セリコのスピーチがエモいので終わればいいのにと思っているんです。総評みたいな“赤ペン先生”みたいなコメントだと思ってください」

 「日本武道館の公演を2016年にやりました。当時私は25歳(苦笑)。いまでもステージで言ったことは覚えていて、『25歳、アイドルとしてはとっくに賞味期限なんです!』って。それと『「i☆Ris」は日本武道館で止まりません!もっともっと上に行きます!』と。でも、まあね、アイドルおたくのみなさんは、日本武道館に連れてったから俺はもういいやという流れ……それの流れもあり、『i☆Ris』ちゃんたちも、日本武道館の先を決めていなかったと思う。2年くらいもやもやしていたなというのが正直な感想なんです。日本武道館公演が終わって、活動をやり続けるなら………………いいかなって思うし、もういいかなって。山さん正直潮時かなって。でも、なんか、今回のツアーを通して……私、やっぱり山さん28歳だけどバリバリ踊りたいし、まだアイドルやりたい人間だ。ライブがすごく大好きというのに気づいちゃったんです!やっぱり山はアイドルが好き!『i☆Ris』が嫌いというときもあるけどすごく好き!」

 観客「オレモー!」
 澁谷「オレモー!」

 「日本武道館はすごく楽しかったけど、大人たちに連れて行ってもらった感じが正直すごくあって。けれど、今回のツアーを自分たちで作ってみて、パシフィコ横浜公演はちゃんと自分たちの身の丈に合った公演をしたいなと思うし、パシフィコ横浜は私もオタクなんで、いろんなDVDを観て知ってます。でも、28歳だけど、ここからまだ上を目指してもいいですか?(涙声になる山北へ拍手でファンが励ます)」

 「最近、いろんな引退したアイドルちゃんとかダンスの先生に見てもらって、『さきさまはアラサーの星だよ!』と言われているんです。ここまできたら三十路超えても夢追い続けちゃう!だから、まずはパシフィコ横浜埋めるぞ!戸愚呂兄弟のように筋トレ頑張ります!これからも『i☆Ris』ちゃんをよろしくお願いします!」

 と、メンバーの本音とともにスピーチ。そしてラストは『Ready Smile!!』で、笑顔あふれるなかパフォーマンスを終え「きょうだけは寝るまで夢心地でいよう!」「パシフィコ横浜へドリームトレイン出発進行!」と、ファンとともに1歩前進してツアーを完走した。

 ■セットリスト
 M1:ありえんほどフィーバー
 M2:Happy New World☆
 M3:DIVE TO LIVE
 M4:§Rainbow
 M5:最悪な日でもあなたが好き。【芹澤】
 M6:Lovely time【久保田】
 M7:おジャ魔女カーニバル!!
 M8:Heart Crash!【山北】
 M9:キラキラGood day
 M10:WHAT YOU ARE【茜屋】
 M11:Over the future
 M12:DETERMINE【澁谷】
 M13:My Bright… 【若井】
 M14:Baby…
 M15:Endless Notes
 M16:イノセントイノベーション
 M17:Shining Star
 M18:Make it!
 M19:ドリームパレード
 M20:Realize!

 EN1:ミラクル☆パラダイス
 EN2:アルティメット☆MAGIC
 EN3:Ready Smile!!

 ※写真は後ほど追加掲載致します。

 ※告知事項の詳報はコチラ(i☆Risグループ史上初最大収容のパシフィコ横浜で7周年公演大発表!「絶対埋めたい!」と気合の意気込み

i☆Ris芹澤優 日本武道館公演以降の本音吐露でパシフィコ横浜公演決まり「押せるときに押してくれっ!」【スピーチ全文付きライブレポート】15

i☆Ris芹澤優 日本武道館公演以降の本音吐露でパシフィコ横浜公演決まり「押せるときに押してくれっ!」【スピーチ全文付きライブレポート】12

i☆Ris芹澤優 日本武道館公演以降の本音吐露でパシフィコ横浜公演決まり「押せるときに押してくれっ!」【スピーチ全文付きライブレポート】18

i☆Ris芹澤優 日本武道館公演以降の本音吐露でパシフィコ横浜公演決まり「押せるときに押してくれっ!」【スピーチ全文付きライブレポート】11

i☆Ris芹澤優 日本武道館公演以降の本音吐露でパシフィコ横浜公演決まり「押せるときに押してくれっ!」【スピーチ全文付きライブレポート】16

i☆Ris芹澤優 日本武道館公演以降の本音吐露でパシフィコ横浜公演決まり「押せるときに押してくれっ!」【スピーチ全文付きライブレポート】13

i☆Ris芹澤優 日本武道館公演以降の本音吐露でパシフィコ横浜公演決まり「押せるときに押してくれっ!」【スピーチ全文付きライブレポート】17

i☆Ris芹澤優 日本武道館公演以降の本音吐露でパシフィコ横浜公演決まり「押せるときに押してくれっ!」【スピーチ全文付きライブレポート】14

i☆Ris芹澤優 日本武道館公演以降の本音吐露でパシフィコ横浜公演決まり「押せるときに押してくれっ!」【スピーチ全文付きライブレポート】10

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする