松山千春、急性喉頭炎悪化により6月11日グランキューブ大阪公演中止に

松山千春、急性喉頭炎悪化により6月11日グランキューブ大阪公演中止に

 歌手・松山千春(63)が、11日に開催予定だった「松山千春コンサート・ツアー2019」グランキューブ大阪メインホール公演を、急性喉頭炎悪化により公演を中止とすることを所属レコード会社が発表した。

 松山は、前日(10日)の大阪公演は無事に行ったが、その後、急性喉頭炎の悪化の症状がみられ、プロダクション並びに主催者の判断で本日の公演は中止となった。

 所属レコード会社は、「本日の公演を楽しみにしていたお客様に対しては心からお詫びを申し上げます。お客様には多大なご迷惑をおかけすることとなり誠に申し訳ございません」と、謝罪。

 なお、本公演のチケット払い戻しに関する問い合わせは、6月12日12時以降にサウンドクリエーターホームページに掲載される。

 また、「千春を見守る会」優先チケットに関しては、郵便為替にて6月下旬より随時返金するという。

 尚、所属レコード会社から、「当公演のチケットは、払い戻しの際に必要になりますので、大切に保管しておいてくださいますよう、合わせてお願い申し上げます。公演中止につきましては、皆さまのご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます」と、お願いを。

 <オフィシャルホームページ>
 http://columbia.jp/chiharu/

 【チケット中止公演に関するお問い合わせ】
 ◆6月11日(火) グランキューブ大阪メインホール
 サウンドクリエーター 06-6357-4400(平日12:00~18:00)http://www.sound-c.co.jp

 公演直前のお知らせとなりましたことを重ねてお詫び申し上げます。
 何卒ご理解いただけますようお願い申し上げます。

 <所属プロダクション>
 オフィス・ゲンキ(株)
 「千春を見守る会」インフォメーション
 03-6303-2954(平日12:30~13:00/14:00~16:00)

 <大阪公演主催者>
 (株)サウンドクリエーター
 06-6357-4400(平日12:00~18:00)


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする