佐藤健 役作りで初の無精ヒゲなど“やさぐれ感”な新境地!鈴木亮平 眼鏡に作業服という地味な出で立ちや松岡茉優もあか抜けきらない雰囲気

佐藤健 役作りで初の無精ヒゲなど“やさぐれ感”な新境地!鈴木亮平 眼鏡に作業服という地味な出で立ちや松岡茉優も眼鏡に作業服という地味な出で立ちに6

映画『ひとよ』場面写真が公開!

 俳優・佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子が同じ家族役で出演する11月8日公開の映画『ひとよ』(監督:白石和彌/配給:日活)の場面写真が解禁となった。

 15年前、稲村家の母とその子どもたち3兄妹にある事件が降りかかり家族は崩壊してしまう。15年前の事件に縛られ家族と距離をおき、東京でフリーライターとして働く次男・雄二を佐藤、町の電気屋に勤務し、3兄妹で唯一自身の家庭を持つが夫婦関係に思い悩む長男・大樹に鈴木、事件によって美容師になる夢を諦め、スナックで働きながら生計を立てる末っ子の妹・園子に松岡、そして、15 年ぶりに3兄妹のもとへと帰ってくる母親・こはるを田中が演じる。別々の人生を歩んだ家族が15年後に再会……家族の絆を問いかけるヒューマンドラマに仕上がっている。

 佐藤は役作りのために、華やかなオーラを封印し、役作りとして初めて無精ヒゲを生やし、ヘアスタイルは無造作にかき上げたオールバックと、これまでにない“やさぐれ感”を醸し出す雄二を作り上げた。公開されたカットでは、緊迫した表情でシャツ姿の男につかみかかる様子や、どのカットでも眉間にしわを寄せ、鋭い眼差しでピリついた様子で、新境地を見せている。

 田中は、互いに神妙な面持ちで雄二と向き合っているこはるのカットが公開。彼がこはるに15年分の想いをぶつけて詰め寄る緊迫のシーン。撮影時は、演じる佐藤と田中の目力の強さがあまりに印象的だったため、白石監督がモニター越しに思わず「吸い込まれそうだ……」と、漏らしたとも。

 鈴木演じる大樹は、吃音が原因でコミュニケーションに苦手意識を持つ役で、新たな一面を披露。眼鏡に作業服という地味な出で立ちと、大河ドラマ『西郷どん』で西郷隆盛とは対称的な姿を披露。

 松岡は、毛先をブリーチした明るい髪色にし、あか抜けきらない雰囲気を醸し出す園子の役作りを見せている。

 ■ストーリー
 どしゃぶりの雨降る夜に、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、愛した夫を殺めた。それが、最愛の子どもたち3兄妹の幸せと信じて。そして、こはるは、15年後の再会を子どもたちに誓い、家を去った―。たった一晩で、その後の家族の運命をかえてしまった夜から、時は流れ、現在。次男・雄二(佐藤 健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の3兄妹は、事件の日から抱えたこころの傷を隠したまま、大人になった。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるは帰ってくる。15年前、母の切なる決断とのこされた子どもたち。みなが願った将来とはちがってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先は―。

 ※記事内の画像は(C)2019「ひとよ」製作委員会

佐藤健 役作りで初の無精ヒゲなど“やさぐれ感”な新境地!鈴木亮平 眼鏡に作業服という地味な出で立ちや松岡茉優も眼鏡に作業服という地味な出で立ちに1

佐藤健 役作りで初の無精ヒゲなど“やさぐれ感”な新境地!鈴木亮平 眼鏡に作業服という地味な出で立ちや松岡茉優も眼鏡に作業服という地味な出で立ちに2

佐藤健 役作りで初の無精ヒゲなど“やさぐれ感”な新境地!鈴木亮平 眼鏡に作業服という地味な出で立ちや松岡茉優も眼鏡に作業服という地味な出で立ちに4

佐藤健 役作りで初の無精ヒゲなど“やさぐれ感”な新境地!鈴木亮平 眼鏡に作業服という地味な出で立ちや松岡茉優も眼鏡に作業服という地味な出で立ちに5

佐藤健 役作りで初の無精ヒゲなど“やさぐれ感”な新境地!鈴木亮平 眼鏡に作業服という地味な出で立ちや松岡茉優も眼鏡に作業服という地味な出で立ちに3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする