宇宙Six・松本幸大 室龍太から「けいこ前に1発殴られるんじゃ」と恐れられ苦笑い!初単独舞台へ「絶対に笑わせます!」と意気込みも

宇宙Six・松本幸大 室龍太から「けいこ前に1発殴られるんじゃ」と戦々恐々だった!「絶対に笑わせます!」と意気込みも3

舞台『どれミゼラブル!』ゲネプロ後に会見が開催!

 ジャニーズJr.でアイドルグループ『宇宙Six』の松本幸大が3日、東京・銀座の博品館劇場で主演舞台『どれミゼラブル!』(演出:池田テツヒロ)公開ゲネプロをジャニーズJr.の室龍太、俳優・石垣佑磨、岩田華怜、金田哲、早乙女友貴、石橋徹郎らとともに開いた。

 本作は2004年に初演となった脚本家・演出家の可児理華氏による書き下ろし作品。初演で大好評だった本作が15年の歳月を経て池田氏の演出で上演される。俳優を夢見て「コーポ・レミゼ」に住みたいと広島から上京してきた松本演じる若者や、大手芸人養成所を首席で卒業したものの売れず、プライドだけは高い芸人(室)、ショーパブで働く自称ミュージカル俳優(石垣)、住人たちの度重なる滞納に悩まされるアパート管理人(岩田)、デパートの屋上が主な活躍の場となっているスーツアクター(金田)、良い役を与えられず、大部屋に甘んじている歌舞伎役者(早乙女)、華麗な経歴を持ちながらもなぜか今は一般人が理解不能な前衛劇団を主宰しているアングラ俳優(石橋)と一癖も二癖もある者たちが繰り広げるコメディ。

 終演後に、演出の池田氏も交えて囲み会見を開催。舞台へ松本は「キャストも7人しかいないのでチームワークが大事ですけど、けいこ場は盛り上がってて」と話していると、石橋が「座長、襟が内側に入ってますよ(笑)」と言って松本の襟を直してあげるほど和気あいあい。

 室との共演は初めてという松本は、「“リュウタ・ムロ”は関西で頑張っているっていうのは聞いてて(笑)」と、イジりながら話していると金田も「物陰からバッと飛び出してきて驚かせるんです。無邪気ないい子ですよね。現場が和みます」と、現場のムードメーカーだったよう。

 その室はといえば、本作のけいこに入る前は松本を恐れていたようで、「けいこ前に1発殴られるんじゃないかと思うくらい、最初無口だったんです」と、戦々恐々だったのだとか。これに、松本は「確かに、すごい社交的ではないかも。でも、しゃべれば社交的になります」と、苦笑いしつつ話すようになってからは打ち解けたようで、室は「ホンマに楽しいですね。いろんな人と毎日喋れるのも楽しいし、会話できるのも楽しい」と、声を弾ませていた。

 そして、初日へ向け、池田氏からは「とんでもない傑作になりました。私史上1番面白いですよ」と、太鼓判を押せば松本も「楽しみでしかないです。コメディなので自分たちも楽しくてそれをいかに伝えるかと思っています。7人のチームワークで絶対に笑わせます!」と、勢いよくアピールした。

 舞台『どれミゼラブル!』東京公演は10月3日から14日まで博品館劇場にて、大阪公演は17日から22日まで松下IMPホールにて、福岡公演は10月30、31日にももちパレス大ホールにて、仙台公演は11月3、4日に電力ホールにて上演!

 ■出演キャスト
 田中守:松本幸大
 コムサ真二:室龍太
 市河マサチカ:石垣佑磨
 西家松子:岩田華怜
 ジャッキ・チェーン:金田哲
 中村鶴若:早乙女友貴
 安具楽秀樹:石橋徹郎

宇宙Six・松本幸大 室龍太から「けいこ前に1発殴られるんじゃ」と戦々恐々だった!「絶対に笑わせます!」と意気込みも2

宇宙Six・松本幸大 室龍太から「けいこ前に1発殴られるんじゃ」と戦々恐々だった!「絶対に笑わせます!」と意気込みも1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする