「Seventeen」モデルに就任した乃木坂46久保史緒里、地元・宮城県の魅力をWeb動画シリーズで紹介

「Seventeen」モデルに就任した乃木坂46久保史緒里、地元・宮城県の魅力をWeb動画シリーズで紹介1

 アイドルグループ『乃木坂46』の3期生で、雑誌『Seventeen』(集英社)モデルに就任した“くぼちゃん”久保史緒里(16)が、出身地の宮城県の魅力を伝えるWeb動画のシリーズ企画が8月8日よりスタートする。

 同Web動画は、仙台銘菓『萩の月』をはじめ約140種類の和洋菓子を製造・販売している『菓匠三全』が、10月で創業70周年を迎えることから、日本全国、そして世界に宮城・仙台の魅力を感じてもらい、実際に訪れてもらうことを目的に企画した。

 宮城県出身のくぼちゃんが、宮城・仙台の様々な観光名所を実際に訪れて、地元の魅力を紹介していく。8月8日公開予定のシリーズ第1弾は、今年生誕450年を迎える伊達政宗公ゆかりの仙台城を訪れる。

「Seventeen」モデルに就任した乃木坂46久保史緒里、地元・宮城県の魅力をWeb動画シリーズで紹介2

伊達政宗騎馬像や仙台市内を見渡す景色を堪能した後、青葉城資料展示館で貴重な展示品を見ながら、くぼちゃん自身の名前の由来を初めて語るシーンもあり、ファンも必見の内容となっている。

 本シリーズは、8月~12月まで月替わりで全5本の動画が公開される。特設Webサイト『宮城・仙台 旅しおり』では動画シリーズに先立ち、ダイジェスト版ムービーを公開中。

・特設Webサイト:https://miyagisendaitabishiori.themedia.jp

・facebookページ:https://www.facebook.com/miyagisendaitabishiori/


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする