若月佑美 関ジャニ∞、嘉門達夫、ポケモン、ガンダムらとともに「ドバイ国際博覧会日本館PRアンバサダー」に!「今からとてもわくわく」

若月佑美 関ジャニ∞、嘉門達夫、ポケモン、ガンダムらとともに「ドバイ国際博覧会日本館PRアンバサダー」に!「今からとてもわくわく」4

若月佑美「ドバイ国際博覧会日本館PRアンバサダー」に!

 女優・若月佑美(25)が12日、東京・霞が関の経済産業省内で『ドバイ国際博覧会日本館PRアンバサダー』イベントを、歌手・嘉門達夫(60)、宇宙飛行士の山崎直子(48)、 アイドルグループ『関ジャニ∞』の横山裕(38)、村上信五(37)、丸山隆平(36)、安田章大(35)、大倉忠義(34)とともに開いた。

 2020年10月から2021年4月にかけて行われるドバイ万博。その日本館において、ドバイ万博や日本館のテーマに共感し、U.A.E.と日本の架け橋となり、日本の魅力や文化を発信し、ドバイ万博の盛り上がりを2025年大阪・関西万博につながるように、熱意をもって発信できる人たちを日本館PRアンバサダーとして任命するというもの。ほかにも、ガンダムやポケットモンスターら7組14人がアンバサダーに就任が発表となった。

 若月は会見前に書面で「今回このような大役を務めさせて頂けることを大変光栄に思っております。私は2019年の冬と春にお仕事でドバイに訪問させて頂きました。ドバイの風景や建造物のスケールの大きさ、そしてクリーンできらびやかな街並みの美しさに一瞬で魅了されました」と、ドバイの魅力を伝えつつ、「その際に建築中の『2020年ドバイ国際博覧会』の会場の見学もさせて頂き、土地の規模だけで圧倒されたことを覚えております。どのようなものが作られ、どれだけの人々が来場し、どんな化学反応があるだろうかと心躍らせて想像しておりました。日本の魅力とドバイの魅力がかけ合わさった素晴らしい空有感が出来上がることを今からとてもわくわくしております。また日本人として、世界に日本の素晴らしさを伝える手伝いを微力ながらにもできるように頑張りたいと思います」と、メッセージを寄せている。

 ピンク色のロングドレス姿で登壇した若月。壇上では「このたびPRアンバサダーを務めさせて頂きます」と、切り出すと今年も2度ドバイに行ったことに触れつつ「『2020年ドバイ国際博覧会』の会場も行かせて頂きました。まだ形になっていないものもたくさんありましたけど、来年どんな素晴らしい会場になっているのかとても楽しみです。ドバイの魅力をそのときに知ったので、日本の魅力を知ってもらえるように頑張りたいと思います」と、スピーチした。

 その後の囲み会見では、「ドバイの人たちは『日本食がおいしい!』と言ってくださるんです。街には日本食のお店もあって、お寿司が出てきます。ですので、寿司以外にも日本にはおいしいものがあるのでそれを伝えたい」という若月に、具体的に何かあるかと質問があがると、「お茶漬けのおいしさを伝えたい」と、アピールした。

 ほかにも、同日が今年の漢字1字が発表されるということで、自身の漢字は『夢』と返答。これは昨年11月に『乃木坂46』を卒業したことで、「夢に向かって頑張るぞという1年でした。それに、『乃木坂46』卒業生として、後輩たちに、『卒業してからも夢があるよ』と、夢を与えられる存在でいたいなって。頑張りたいと思い走り続けてきた1年でした」と、気持ちを明かしていた。

若月佑美 関ジャニ∞、嘉門達夫、ポケモン、ガンダムらとともに「ドバイ国際博覧会日本館PRアンバサダー」に!「今からとてもわくわく」2

若月佑美 関ジャニ∞、嘉門達夫、ポケモン、ガンダムらとともに「ドバイ国際博覧会日本館PRアンバサダー」に!「今からとてもわくわく」1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする