岡村隆史“黒歴史”をかろうじて回避!星野源の話題賞(俳優部門)受賞に「リスナーに裏切られた」

岡村隆史“黒歴史”をかろうじて回避!星野源の話題賞(俳優部門)受賞に「リスナーに裏切られた」6

 お笑いコンビ『ナインティナイン』で俳優・岡村隆史(49)が6日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪で開催された『第43回 日本アカデミー賞授賞式』に映画『決算!忠臣蔵』(監督:中村義洋/配給:松竹)が話題賞(作品部門)を受賞したことから登壇した。

 日本映画人による日本映画人のための日本映画の祭典を目的に1978年から開催されている、映画のショーレース。岡村は『決算!忠臣蔵』で大石内蔵助を支える貧しいそろばん侍・矢頭長助役を好演し優秀助演男優賞も同作で受賞している。

 話題賞(俳優部門)の星野源、中村監督とともに壇上に立った岡村。先に、星野、中村監督とスピーチし、中村監督がその最後に「あとは岡村さんに締めて頂きます」と、いきなり岡村へ振ると、岡村はギクッとした表情を浮かべつつも、「作品部門を頂けて本当に嬉しかったです」と、まずは喜びを。

 岡村といえば、『第34回 日本アカデミー賞』の話題賞(俳優部門)の授賞式において、岡村は当時のスピーチで緊張のあまり「甚だ簡単ではございますが嬉しいお言葉とさせて頂きます」と、言ってしまい“黒歴史”となり、今回、そのリベンジを誓っていた。今回もガチガチな状態でのスピーチとなったのか「ラジオを25~26年やって頂いて……やっているので」とすぐに言い直し、危うく再び“黒歴史”化しそうになるのをかろうじて避ける姿も。

 続けて、「できれば、俳優部門もとラジオで呼びかけたのですが、見事に源さんに取られてしまいました。リスナーに裏切られた気持ちであります」というと場内に笑いが起こり、「でも、こうやって、また、『決算!忠臣蔵』の作品部門でここに立てたことを嬉しく思います。本当にありがとうございました」と、止め拍手が湧きかけ、岡村も一礼して終了……かと思いきや、「甚だ簡単ではございますが嬉しいお言葉とさせて頂きます。ありがとうございました」と、“黒歴史”を意図的に更新!すべてを終えた後の岡村には笑顔が浮かび、星野源へ一礼。

 すると、星野がすっと左手を差し出し、岡村がぎゅっとその手を右手で握ることに。続けて岡村は中村監督に左手を出し、ついには3人で手をつなぎながら降壇してレッドカーペットを歩き、3人で笑い合う姿を見せていた。

 ■関連記事
 ・星野源 岡村隆史のお株奪う「甚だ簡単ではございますが、嬉しい喜びのスピーチ」
 ・岡村隆史「決算!忠臣蔵」へ中村義洋監督から問われ「きのう観ました」とタジタジ!日本アカデミー賞の「話題賞」狙いなことも明かす
 ・岡村隆史 契約の話に石原さとみが触発で「私も給料制なので」!“セリフ改変”を指摘されるも「そこだけです」
 ・岡村隆史「決算!忠臣蔵」で「第43回日本アカデミー賞」の優秀助演男優賞受賞!司会の羽鳥慎一アナから「休憩場所」扱い!?

 ※記事内写真は(C)日本アカデミー賞協会
 ※記事内写真とSNSは5月1日までに削除予定

岡村隆史“黒歴史”をかろうじて回避!星野源の話題賞(俳優部門)受賞に「リスナーに裏切られた」4

岡村隆史“黒歴史”をかろうじて回避!星野源の話題賞(俳優部門)受賞に「リスナーに裏切られた」4

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする