坂上忍、毒舌は昔から!?「芸能界を生き抜くためにはそこまで自分を変える必要はないんじゃないかな」

坂上忍、毒舌は昔から!?「芸能界を生き抜くためにはそこまで自分を変える必要はないんじゃないかな」1

 俳優・坂上忍(50)が10日、都内で米映画『ダンケルク』(監督:クリストファー・ノーラン/配給:ワーナー・ブラザース映画)の日本初お披露目試写会に有村昆(41)らとともに出席。「さっき作品を観たが、死ぬほど疲れた。ここまで圧の凄い映画は久しぶり。相当に惚れた。この監督は普通じゃない、観ればわかる!」と熱烈PRした。

 ハリウッド映画をリードするノーラン監督の最新作で、1940年、ヒトラー率いるドイツ軍にダンケルクの地に追いつめられたフランス、イギリス連合軍の兵士40万人を無事撤退させた史上最大の救出作戦、ダンケルクの戦いを描く物語。

「セリフが少ないからセリフのあるときの効き目が凄くて、エフェクトもあって、視覚、聴覚、展開でゆさぶってくる。こんなやり方があるのかと思った。やっぱ、ノーラン(監督)、頭おかしい」とのっけから熱気ムンムンの坂上は、有村の作品についての冷静な分析も「あなたは専門家だから自分の知識をひけらかしたがるが、そこじゃない」とキッパリ一蹴。「頭がおかしいというのは褒め言葉で、プロデューサーにもスポンサーにも媚びてないということ。それで当てるのは凄いよ」とヒートアップ。「ドエスなの。モノづくりは緊張感と緩和だと思うが、この作品は緊張ばかりで、変な涙が出てくる。連れて行き方が強引すぎる。首根っこをつかまれてこっちへ来いという感じ。でもそれが心地よかったりするんだよね」とすっかり作品に魅了されてしまった様子だ。

 目下、毒舌を活かしたバラエティーでの活躍ぶりはご存知のとおりだが、お題にちなんで、芸能界を生き抜く秘訣を問われると、坂上は「生き抜くとは結果論。生き抜いてこれた観点でいうと、ありきたりだが、共演者、スタッフに恵まれたということ。最近はバラエティに出ていて、俳優のときとイメージが違う思われる方もいると思うが、ボクのことを昔から知っている人に言わせると、『オマエ、何をやっても全然変わんねーんだな』って言われる。生き抜くためにそこまで自分を変える必要はないのかなと思う」と持論を展開。

 また、ピンチの切り抜け方については、「戦争映画には機関銃や大砲のシーンがあるが、ボクらの業界には”文春砲”がある。もしもそれを喰らったとしたら、方法はひとつ。正直に謝ること。以上!」と断言していた。9月9日公開!

坂上忍、毒舌は昔から!?「芸能界を生き抜くためにはそこまで自分を変える必要はないんじゃないかな」2

坂上忍、毒舌は昔から!?「芸能界を生き抜くためにはそこまで自分を変える必要はないんじゃないかな」3

坂上忍、毒舌は昔から!?「芸能界を生き抜くためにはそこまで自分を変える必要はないんじゃないかな」4

坂上忍

坂上忍、毒舌は昔から!?「芸能界を生き抜くためにはそこまで自分を変える必要はないんじゃないかな」5

有村昆

坂上忍、毒舌は昔から!?「芸能界を生き抜くためにはそこまで自分を変える必要はないんじゃないかな」6

ダンケルク試写会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする