のん 映画「私をくいとめて」が「第33回 東京国際映画祭」で観客賞受賞で登壇!「大切に受け止めたい」と大九明子監督と笑顔

のん 映画「私をくいとめて」が「第33回 東京国際映画祭」で観客賞受賞で登壇!「大切に受け止めたい」と大九明子監督と笑顔3

 創作あーちすとで女優・のん(27)が9日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催された『第33回 東京国際映画祭』(通称:TIFF2020)クロージングセレモニーで主演映画『私をくいとめて』(監督・脚本:大九明子/配給:日活)が観客賞に選出されたことから大九監督と登壇した。

 本作は作家・綿矢りさ氏原作の同名小説を実写映画化。31歳のおひとりさまで脳内に相談役「A」のいる黒田みつ子(のん)が、みつ子は年下の営業マン多田くん(林)に恋をしてしまうという、あと1歩踏み出せないむずがゆい恋模様を描いたロマンス作品となっている。2人のほかにも、結婚しイタリアで暮らすみつ子の親友・皐月には、のんとは朝ドラ以来の待望の共演となる橋本愛。さらに、臼田あさ美、片桐はいり、若林拓也も出演となる。

 新型コロナウイルス影響下ににある今年は、外国からの監督の来場ができないという事態をふまえ、例年とは違い同映画祭の最高賞が観客賞となっている。

 まずは、大九監督から、「このような素敵な賞を頂きありがとうございます。観客賞を受賞するのは私とスタッフは(第30回に続いて)2度目になります。3年前に頂戴したときとは、映画祭は全く違っていまして、世界も全く違うものになりました。いろいろな映画祭がリモートで行われる中で、実際にお客様がいらっしゃるなかで、同じ時間で、スクリーンで見れるということは本当に素晴らしいことだと思います。出歩くのが不安な中で来てくださって、点数を入れてくださった貴重な1票が私達にこの賞をくださったのだと感慨ひとしおです。はやく1人1人のお客様とお会いできる日が来たら良いなと思っています」と、スピーチした。

 続けて、のんが壇上へ。「このたびは、このような素敵な賞を頂きありがとうございます。今年は唯一の賞ということで、観客のみなさまに応援して頂いた作品ということで嬉しく思っています。私事ではありますが、私はこの作品で何年ぶりかの主演作で大九監督に呼んで頂いて、本当に本当に心の底から喜びでいっぱいです。スタッフ・キャストを監督と代表としてお礼を伝えたいと思います。映画というのは本当に観客の方に観て頂いて完成するものだと思います。この賞も大切に受け止めたいと思います。この映画は12つい18日に公開ということで、たくさんの方に観ていただけるように頑張っていきたいと思っています」と、喜びを口にした。

 さらにこの日登壇はなかったが共演の俳優・林遣都からも手紙でメッセージが。林は「このたびは、観客賞受賞の連絡を聞いて嬉しく思っています。映画館に足を運んで投票してくださったみなさま本当にありがとうございます。そして大九監督おめでとうございます。細部に散りばめられた、スタッフさんたちのこだわりや情熱が多くの方に届いたと思うと感激です。大九組の感じを受け取ってもらえたら嬉しく思います」と、祝福と喜びを伝える。

 さらに、本作に出演した橋本愛からもメッセージが寄せられ、「観てくださった方に感謝します。何より楽しんでいたkだええことが嬉しいです。また大九監督とのんさんにおめでとうと言いたいです」と伝えることに。

 このメッセージにのんも大九監督も感激の笑顔を浮かべていた。

 映画『私をくいとめて』は12月18日より全国ロードショー予定!

のん 映画「私をくいとめて」が「第33回 東京国際映画祭」で観客賞受賞で登壇!「大切に受け止めたい」と大九明子監督と笑顔1

のん 映画「私をくいとめて」が「第33回 東京国際映画祭」で観客賞受賞で登壇!「大切に受け止めたい」と大九明子監督と笑顔2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする