草なぎ剛「ミッドナイトスワン」で最優秀主演男優賞受賞!「慎吾ちゃんとかゴロさんとか、本当に近い人たちが支えてくれて、きょうここの舞台に立てた」と感謝のスピーチ

草なぎ剛「ミッドナイトスワン」で最優秀主演男優賞受賞!「慎吾ちゃんとかゴロさんとか、本当に近い人たちが支えてくれて、きょうここの舞台に立てた」と感謝のスピーチ2

 『新しい地図』の草なぎ剛が19日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪で開催された『第44回 日本アカデミー賞授賞式』で最優秀主演男優賞を受賞した。

 草なぎは、昨年9月に公開となった主演作『ミッドナイトスワン』(監督:内田英治/配給:キノフィルムズ)で優秀主演男優賞を受賞。作品は、草なぎ演じる新宿の街で生きるトランスジェンダーの凪沙(なぎさ)と、親から愛を注がれることなくネグレクトされ生きてきた中学2年生の少女・一果(いちか)の間に芽生える“切なくも美しい現代の愛の形”を描く“疑似母子”のオリジナルラブストーリーとなっている。

 壇上には草なぎとともに優秀主演男優賞を『罪の声』で受賞した小栗旬、映画『浅田家!』で受賞した『嵐』二宮和也、映画『Fukushima 50』で受賞した佐藤浩市、映画『意図』で受賞した菅田将暉が並んだ。

 受賞が伝えられた草なぎは「いやほんと、……マジすか……ごめんなさい、なんか頭真っ白になってしまって。本当にいままで……あの……なんだろう、みなさんと仕事をさせてもらえたこととか……仲間のみなさんと共演して頂いていることとか、(香取)慎吾ちゃんとかゴロさん(稲垣吾郎)とか、本当に近い人たちが支えてくれて、きょうここの舞台に立てたんだな思って、嬉しいです」といい「人と人との関わりのなかで、これからも自分の人生をもっとうしていきたいと思います。ありがとうございました」と、スピーチを終えた。

 降壇の際には佐藤が笑顔で草なぎの肩をたたき、喜びを分かち合う一幕も見られた。

 なお、『ミッドナイトスワン』は『第44回 日本アカデミー賞』において優秀作品賞も受賞。さらに、内田英治監督は本作で優秀監督賞と優秀脚本賞をW受賞、伊藤麻樹氏が優秀撮影賞、井上真吾氏が優秀照明賞、我妻弘之氏が優秀美術賞、伊藤裕規氏が優秀録音賞、女優・服部樹咲が新人俳優賞を受賞するなど、席巻している。

 ■関連記事
 ・草なぎ剛&内田英治監督&音楽担当の渋谷慶一郎氏が11月29日に2度目となる映画「ミッドナイトスワン」舞台挨拶開催へ!香港でも2021年公開決定
 ・草なぎ剛主演映画「ミッドナイトスワン」が台湾で「午夜天鵝」として大晦日より公開で「大変うれしく」!急遽発表となった背景とは?
 ・草なぎ剛 主演映画「ミッドナイトスワン」へ「奇跡は起きる」と実感した瞬間とは?「あなたのご飯代を稼ぐため」頑張っている“お相手”も語る

 ※記事内写真と該当SNSは5月1日までに削除します。

 ※記事内写真は(C)日本アカデミー賞協会