サンドウィッチマン「ギャラクシー賞」テレビ部門の個人賞受賞で伊達みきお「直接見た、直接聞いた情報を届けていきたい」!富澤たけし「ちょっと、何言ってるか分からない」に会場沸く

サンドウィッチマン「ギャラクシー賞」テレビ部門の個人賞受賞で伊達みきお「直接見た、直接聞いた情報を届けていきたい」!富澤たけし「ちょっと、何言ってるか分からない」に会場沸く2

 お笑いコンビ『サンドウィッチマン』の伊達みきお、富澤たけしが2日、都内で『第58回ギャラクシー賞』贈賞式に登壇した。

 『ギャラクシー賞』は、テレビ、ラジオの番組、関係者といった放送文化の発展と向上に貢献した番組や個人、団体等を称える賞として毎年開催されている賞となる。『サンドウィッチマン』は「卓抜な芸人力で人々の気持ちと向き合い、笑いの力で人々を励まし、東北の『心の復興』に並走してきたことに対して」テレビ部門の個人賞を受賞した。

 2人はおなじみのスーツ姿で登壇。富澤は「“寝耳にお湯”という感じです。この勢いでベストジーニスト賞を」といえば、伊達も「阿部寛さんと方を並べられて嬉しいですね」と、ひょうひょうとしたコメントで会場を沸かせる。

 2人は3年間好感度ランキングで1位を獲っていることが発表ごとに話題になっているが、この理由を問うと、伊達は「東北新幹線のなかで(アンケートを)取っているんだと思います」と、冗談を飛ばしつつも「わからないんでうしょね。2人とも太っているというコンビというのがいないから?」といえば富澤も「フォルムでは?」と、首をかしげる。

 さらに司会が、「真摯に向き合っている部分は?」と質問すると、富澤が「ちょっと、何言ってるか分からない」と、おなじみの“伝家の宝刀”の返しで、司会者も思わず「ありがとうございます」と、笑顔だった。

 最後に東北の方々へのメッセージを求められると、伊達から「直接見た、直接聞いた情報を届けていきたいと思います。東日本大震災から10年過ぎたら過ぎたで、また問題が出てきていて、汚染水と処理水の違いというのを伝えていきたいと思います。僕らも原発に行って初めて知ったこともありました。海辺の方の大変さも感じています」と、気持ちを伝えていた。

 ※サンドウィッチマン過去関連記事
 ・サンドウィッチマン富澤たけし 芦田愛菜“パン”をライバル視や「浮気してしまう」こと告白!伊達みきお勝負事のときにしていることとは?
 ・サンドウィッチマン松屋銀座の地下食品売場で宮城の新ブランド米「だて正夢」をサンプリング!2017年は「いろいろ順調」としみじみ
 ・サンドウィッチマン宮城米メッセンジャーに就任!コンビ名改名にまで発展!?

 ※記事内写真は「第58回ギャラクシー賞贈賞式(主催:放送批評懇談会)」

サンドウィッチマン「ギャラクシー賞」テレビ部門の個人賞受賞で伊達みきお「直接見た、直接聞いた情報を届けていきたい」!富澤たけし「ちょっと、何言ってるか分からない」に会場沸く1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする