柳沢慎吾&芦田愛菜2人で“あばよ”!「猿の惑星」の振り返りで理路整然とした説明も

柳沢慎吾&芦田愛菜2人で“あばよ”!「猿の惑星」の振り返りで理路整然とした説明も6

柳沢慎吾&芦田愛菜2人で“あばよ”!

 タレント・柳沢慎吾(55)、女優・芦田愛菜(13)が12日、都内で『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』(監督:マット・リーヴス/配給:20世紀フォックス映画)公開前夜イベントに登場した。

 『猿の惑星』シリーズ第3弾となる作品。カリスマ的な主人公のシーザーが、リーダーとしての使命感と家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤するドラマを核に画かれる作品。柳沢はユーモアと知性を秘めた猿のバッド・エイプ役で日本語吹替え版声優を務めた。

 芦田は本作に出演する謎の女性と重なるということでゲストに。一足先に本作を観たという芦田は、この女性について「重要なキーパーソンなんです!」と熱を入れてアピール。さらに、これまでに2作品を振り返ることとなり、芦田から理路整然とした説明を連発。これには柳沢は「台本がないのにすごい!」などべた褒めだった。

 見どころへは、芦田は「前の2作ではシーザーのカリスマ性とか人間に対する温情がすごく強く現れていたと思うんですけど、今作では人間に復讐心を持つ猿がいて、謎の少女に出会うことでシーザーの心が動いたりとか……温かい交流に注目していただきたいです!」とアピールすると、柳沢も、「バッドエイプは、家族の愛とか仲間を大事にしていくというのに共感しつつ、きっかけを作るんです。そういう意味でバッドエイプは思い出深いですし、憎めないキャラクターで愛されるキャラクターをやらせて頂いたことを感謝しますね」と、演じた役ヘ愛情たっぷりにPR。

 芦田からは「地球はどうなるのか劇場で観てください!」と呼びかけ、柳沢も「ぶっちゃけ2時間20分あるんですけどその長さを感じさせないくらいで、最後はビックリしますよ!」と言いつつ、最後はおなじみの“あばよ!”を芦田と2人でポーズを決め笑いの絶えないものとなっていた。

 映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』は13日より日本公開!

柳沢慎吾&芦田愛菜2人で“あばよ”!「猿の惑星」の振り返りで理路整然とした説明も1

柳沢慎吾&芦田愛菜2人で“あばよ”!「猿の惑星」の振り返りで理路整然とした説明も1

柳沢慎吾&芦田愛菜2人で“あばよ”!「猿の惑星」の振り返りで理路整然とした説明も2

アフレコを回想する柳沢

柳沢慎吾&芦田愛菜2人で“あばよ”!「猿の惑星」の振り返りで理路整然とした説明も5

柳沢慎吾&芦田愛菜2人で“あばよ”!「猿の惑星」の振り返りで理路整然とした説明も3

芦田愛菜

柳沢慎吾&芦田愛菜2人で“あばよ”!「猿の惑星」の振り返りで理路整然とした説明も4

柳沢慎吾

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする