林翔太 主演の“ボーイズ”シンデレラミュージカル2021年11月に再演発表で「すでにワクワクしています」!相手役の松岡充も続投で想いを披露

林翔太 主演の“ボーイズ”シンデレラミュージカル2021年11月に再演発表で「すでにワクワクしています」!相手役の松岡充も続投で想いを披露1

 俳優・林翔太、俳優・松岡充らが出演し、2019年に日本初演されたミュージカル『ソーホー・シンダーズ』(演出:元吉庸泰)が2021年11月より再演予定であることが27日、発表となった。

 作曲家ジョージ・スタイルズと、作詞家アンソニー・ドリューのコンビによって描かれた作品で、ロンドンの街・ソーホーが舞台。洗濯屋で働く青年・ロビー(林)と、ロビーの恋人で市長選立候補者のジェイムズ(松岡)が紡ぐ“真実の愛”を爽やかに描く現代版“ボーイズ”シンデレラミュージカルとなっている。

 主演は、前回から続投の林が主人公・ロビー役を演じる。そして、ロビーの恋人ジェイムズ役は、こちらも続投の松岡が務める。ミュージカルからストレートプレイまでさまざまな作品での活躍に注目を集める林と、アーティストとして、俳優として、多彩なフィールドで唯一無二の存在として輝き続ける松岡。初演よりもさらに深めたコンビネーションで、前作を演出を担当した元吉庸泰氏のもと、再び仲睦まじい恋人同士を体現していく。

 共演に、東山光明、綿引さやか、西川大貴、豊原江理佳、菜々香、青野紗穂、さらに、水 夏希、松村雄基らがそろっている

 今回の発表へ林は「再演が決まった時はとにかく嬉しくて、前回の台本を読み返したり曲を聴いたりと、気分はもう『ソーホー・シンダーズ』でした。みなさんも好きな作品だと思うので、待望の再演という感じでとても嬉しいです」と、心情とともに、「前回の上演の時はミュージカル経験も少なく、共演者のみなさんやスタッフのみなさんに助けられながらなんとかやり切ったという感じなので、今回は成長した姿も見せられたらと思います。演出の元吉さんとは三度目のお仕事なのですが、役者一人一人と心から向き合ってくださる方で、とても安心感があり信頼しています。今回もすごく楽しみです。またロビーを演じることができるんだ!とすでにワクワクしています」と、弾むような胸の内を。

 そして、「前回観た方も今回初めて観られる方も『ソーホー・シンダーズ』の世界を楽しんでいただけたらと思います!ぜひ劇場
にお越しください!」と、メッセージを寄せた。

 一方、松岡からも、「2019年初演の千秋楽、『絶対また再演で会おうね!』とキャスト・スタッフのみんなと約束してましたが、2020年春、あのころ誰も想像もしていなかったコロナの脅威に直面し、この作品だけでなく全てのエンターテイメントにおいて有人観客での上演は難しいのではないかと思っていたところでの再演が決定し、いち表現者としてとてもとても未来が明るく開けるように感じたのを記憶しています」といい、「今作を観劇された方の『明日からまた一生懸命生きるぞ』と思えるパワーに繋げるために、僕達が演じる役柄のマイノリティ(違和感のある表現であるが)な部分=痛みや傷があるけどそれは幸せへのアプローチなんだということを表現できればと」と、意気込んでいる。

 一方、元康氏は、「林くん、充さんの二人が繊細に紡いで下さったロビーとジェイムズの距離感、重なる手。目まぐるしく回るランドリーのように、出演者全員で考え、組み上げたシーンワーク(だってアンサンブルキャストをゼロでやることになるなんて!)。初演の思い出は尽きませんが、再演となった今回は新たな気持ちで戯曲と、魅力的な音楽たちと向き合って、新たなワークオブアートを立ち上げて行きたいと思います」と、コメントを寄せた。

 ミュージカル『ソーホー・シンダーズ』プレビューとなる埼玉公演は11月3日に東松山市民文化センター、名古屋公演は11月5日に日本特殊陶業市民会館 ビレッジホールにて、山口公演は11月7日に山口市民会館 大ホールにて、香川公演は11月9日にレクザムホール(香川県県民ホール) 大ホールにて、大阪公演は11月13、14日に枚方市総合文化芸術センター 関西医大 大ホール、神奈川公演は11月20日にやまと芸術文化ホール メインホールにて、東京公演は11月25日から12月12日まで紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて上演予定!

 ■キャスト
 ロビー:洗濯屋を営む青年/林翔太
 ジェイムズ・プリンス:ロンドン市長選の立候補者/松岡充
 ウィリアム・ジョージ:ジェイムズの選挙本部長/東山光明
 マリリン・プラット:ジェイムズのフィアンセ/綿引さやか
 サーシャ:ウィリアムの助手/西川大貴
 ヴェルクロ:若いシングルマザー/豊原江理佳
 クローダ:ロビーの義姉妹/菜々香
 ダナ:ロビーの義姉妹/青野紗穂
 サイドサドル:自転車リキシャ店主/水夏希
 ベリンガム卿:経済界の大物/松村雄基

 ※過去関連記事
 ・林翔太「櫻井翔くんの」ラップを参考!「自分より家族が幸せになってくれればいい」とサラリと返答
 ・林翔太主演の戯曲「キオスク」東京公演初日へ「こういう時代だからこそやるべき作品」!山路和弘けいこ中「気が狂いそうだ」と感じたこととは?
 ・林翔太 松岡充とのキスシーン「もしかしたら見えるかも」と心配!?「殻を破れた部分をお見せできる」と意気込みも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする