櫻井孝宏、神谷浩史、小野大輔が「しろくまカフェ10周年記念配信イベント」でトーク!「フィーチャーしちゃダメだろう」という話数や福山潤に3人で「トークショー」とツッコミ【公式レポ】

櫻井孝宏、神谷浩史、小野大輔が「しろくまカフェ10周年記念配信イベント」でトーク!「フィーチャーしちゃダメだろう」という話数や福山潤に3人で「トークショー」とツッコミ【公式レポ】2

 スペシャルイベント『しろくまカフェ10周年記念配信イベント』が13日、開催されシロクマくん役・櫻井孝宏、ペンギンさん役・神谷浩史、ラマさん役・小野大輔がトークに花を咲かせ、司会は『アメリカザリガニ』の平井善之が務めた。

 漫画家・ヒガアロハ氏が『ココハナ』(集英社)に連載している作品。シロクマくんが経営するカフェを舞台に、常連客のパンダくんやペンギンさん等、愛らしい動物キャラクターたちが繰り広げるほっこりスローライフを描いた、癒し系&脱力系の新感覚動物物語が紡がれている。2012年4月から1年間、テレビ東京ほかにてTVアニメが放送されており、本日登壇の3人のほかにもパンダくん役を福山潤、グリズリーさん役を中村悠一が演じている。

 都内のスタジオからの配信だったが、3人の背景には『しろくまカフェ宮古島店』の外観が映し出され、『しろくまカフェ』の雰囲気そのままに行われることに。

 冒頭では“10周年”ということに関して感想を求められた櫻井は「どのタイミングでこの作品を知るかは人それぞれで、オンエア後に見てくれた人が結構多いんです。時代とかタイミングを選ばない作品だなとも思いますし、好きな作品ですので、このタイミングでイベントをできたことを嬉しく思います」と、しみじみ。

 神谷は「出演させて頂いた作品の中で1番好きな作品なんです。あれから10年経ったんだ~という感じですね」と作品愛を熱弁。小野は「10年前って30代前半くらいで、ちょっとまだギラギラしていた時代だと思うんです。役者としてもっともっと!というのが前面に出ている時期に、こういう癒し系の作品を僕らの世代でやれたのが自信になりましたね」と当時の心境を語った。

 最初のコーナーは、TVアニメ『しろくまカフェ』全50話のあらすじやイベントを見ながら思い出トークやオススメエピソードなどを語り合う企画。当時の役作りの話に。櫻井は初めてキャラクター表を見たときのことについて「フォルムがデフォルメされていない“シロクマ”で、どうしようかなと(笑)」と、驚いたのだとか。神谷はアフレコでの役作りについて振り返り、「役が固まるまでは時間がかかりましたね。第1話とか見たくない(笑)」とちょっぴり苦い思い出があるとも。

 小野も役作りについて「共演者のお芝居が道標になったというのがこの作品ではすごくありましたね。他のキャストの芝居を聴きながら、最終的に自分の中で1番上品な声で行こうと思ってラマになったんですが、テストの第一声で森川智之さんが後ろで笑ってくれたので正解かなと思いました(笑)」とラマ誕生秘話を明かした。

 ここで神谷セレクトの第2話 『カフェのお花見』、小野セレクトの第30話『ラマデー』が配信。キャスト陣がオーディオコメンタリーとして参加。第2話『カフェのお花見』では神谷が「1話はまだ役がふわふわしていたんですが、2話のBパートで役が固まりましたね。お花見でアルコールが入るので、そこで若干役の振り幅を広く設定できたんです」と、振り返る。

 第30話『ラマデー』では小野が「みんなから認識されないというのがラマのアイデンティティなのに、お当番回だからといって(笑)フィーチャーしちゃダメだろうと(笑)1話以来のドキドキでやったのを覚えています」と、楽しげ。

 さらにTVアニメ『しろくまカフェ』をコンセプトにした「しろくまカフェ 宮古島店」と中継が繋がり、店内の様子が映し出されると、劇中のカフェを彷彿とさせる店内やメニューに大盛り上がり。期間限定で終わることの多いコラボカフェだが、放送終了後も営業を続けていることにも感心しきり。店舗で実際に提供されているメニューが届くと、櫻井は「シロクマくんのよくばり洋食プレート」、神谷は「シロクマ・グリズリーの思い出シチュー」、小野は「ラマサラダ」をそれぞれ堪能した。

 番組後半に差しかったところで、本日、出演できなかったパンダくん役の福山潤から映像コメントが到着。「未だに“楽しんで見ていました”とか、今は“子どもと見ています”とか話題に出ることが多く、時折パンダくんの声を求められることもあります。オーディションで初めて櫻井さんとシロクマくんとパンダくんを演じさせて頂いた時は2人してどうやるかね……?という会話をしたことも覚えています」と熱いメッセージ動画が届くと、その流暢すぎるコメントに3人は「トークショーだ!」と盛り上がっていた。

 続いて、事前にファンの方から募集した人気エピソードを紹介するコーナーでは、第16話『見知らぬお店』 、そして第31話『アイドル・ヤマアラシ』が選ばれ、再び声優陣のオーディオコメンタリー付き上映で配信。本作の世界観にサラリーマンが突っ込むという全50話の中でも異色のエピソードである第16話『見知らぬお店』 では、しろくまカフェに入ったサラリーマンがシロクマの存在に戸惑っている映像に対して櫻井が「世にも奇妙な感じがする(笑)」とコメントし、演者全員が改めて本作の独特な世界観に新鮮な驚きを見せた。

 第31話『アイドル・ヤマアラシ』では森川智之演じるパンダママと檜山修之演じるキングペンギンのベテラン声優ならではの掛け合いや、宮野真守演じるヤマアラシのこれ以上ないくらい役にピッタリのセリフ回しや歌唱に、終始笑いが起こっていた。

 最後に小野は「きょう改めていい作品だなと感じました。10年愛してくださってありがとうございます。ずっとずっと愛して頂ければと思います」とメッセージを。神谷は「楽しかったですね!話が尽きないですね。でもかなり喋れたので満足です(笑)」と充実の表情を浮かべ、櫻井は「自分たちが出ている作品なのに新鮮に楽しんでしまいました(笑)後はカフェの存在が大きいんだなと思いました。ずっと営業し続けているからこそ作品もありつづけているんだなと思えました。10年経ってこんなイベントができて本当に嬉しかったです」と語り、時折新作への期待も覗かせながら、終始朗らかな雰囲気で配信イベントは終了した。

 ■10周年記念配信イベント情報
 ●視聴期間
 ~2022年3月21日(月)23:59
 ※3月15日(火)AM5:00~17:00 の期間はプラットフォームのメンテナンスがある為、
アーカイブ視聴ができなくなります。予めご了承ください。
 ※上記時間以降のアーカイブ配信(見逃し配信)はございません。
 ※アーカイブ開始時間は状況により遅れる場合がございます。
 受付 URL:e+(https://eplus.jp/shirokumacafe10th/)
 受付 URL:チケットぴあ(https://w.pia.jp/t/shirokumacafe/)
 受付 URL:ローソンチケット(https://l-tike.com/shirokumacafe-10th-event)
 受付 URL:ミクチャ(http://shirokumacafe.mixch.tv

 ※櫻井孝宏過去記事
 ・櫻井孝宏「第十六回 声優アワード」パーソナリティ賞受賞!「こむちゃっとカウントダウン」に厚い感謝で通して学んだ「ラジオの楽しさ、難しさ、尊さ」
 ・櫻井孝宏「anan AWARD 2021」声優部門受賞で「嬉しいですが、それよりも驚きの方が大きかった」!おそ松さんへの感謝や「広く声優さんのお仕事を応援して頂けたら」【スピーチ部分ほぼ全文】
 ・「フェス松さん’21」昼の部は小野大輔が口半開きで登場やりたい放題の挨拶や櫻井孝宏と掛け合い!無茶振り連発の朗読劇や6つ子キャスト体を張ったゲームなど盛りだくさん【イベントレポ】

 ※神谷浩史過去記事
 ・Kiramune主催のリーディングライブ10周年記念公演「ハコクの剣」Blu-ray化で5月に発売へ!発売決定記念イベントも開催で神谷浩史、上村祐翔と福井晴敏氏登壇へ
 ・神谷浩史 紫色の襟で黄色、青色、緑色、赤色のボーダーが特徴的な洋服でたった1つのセリフをさまざまな声で表現して収録!上坂すみれは5秒間で4種類の声色披露
 ・神谷浩史 Amazon Prime Videoチャンネルでサービススタートの「アニメタイムズ」メインナレーター起用!神谷演じたリヴァイ、夜トら33作品キャラの目線カットPR映像も公開

 ※小野大輔過去記事
 ・近藤孝行&小野大輔「TRD Valentine Party 2022-Strangers-」開催で「懲りずに応援してくださると嬉しい」!朗読劇でアドリブの嵐で声優仲間のモノマネなど連発なども【夜の部公式レポ】
 ・“小野D”小野大輔 10月からの新番組『Delightful Days』パーソナリティに!「喜びにあふれた明るくポジティブな番組を目指します」と意気込みも
 ・前野智昭 白スーツに花澤香菜赤いドレスで「はたらく細胞!!」初日舞台挨拶!黒スーツの小野大輔が「紅白でめでたい!司会者みたい」や歌い出す一幕も

 ※記事内画像は(c)ヒガアロハ/しろくまカフェ製作委員会 2012

櫻井孝宏、神谷浩史、小野大輔が「しろくまカフェ10周年記念配信イベント」でトーク!「フィーチャーしちゃダメだろう」という話数や福山潤に3人で「トークショー」とツッコミ【公式レポ】1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする