田中圭 思わせぶりな言葉や、さりげないボディタッチでアプローチ!主演映画「女子高生に殺されたい」本編映像第2弾解禁

田中圭 思わせぶりな言葉や、さりげないボディタッチでアプローチ!主演映画「女子高生に殺されたい」本編映像第2弾解禁1

 俳優・田中圭(37)主演で4月1日より公開予定の映画『女子高生に殺されたい』(監督:城定秀夫/配給:日活)。本作の本編映像第2弾が30日、解禁となった。

 『ライチ☆光クラブ』『帝一の國』などの漫画家・古屋兎丸氏の画業20周年を記念した同名コミック。女子高生に殺されたいがために高校教師になった男・東山春人(田中)の9年間におよぶ、前代未聞の“自分”殺害計画を描いた作品。一見、常識的な人間でありながら、自らに潜む衝動を抑えられない男という難しい役どころを、不気味さと色気を併せ持つ狂気をはらんだキャラクターとして体現し、見てはいけない人間の深層心理まで浮かび上がらせる。

 公開された映像は、春人が夕暮れ時のひとけの少ない図書館で文化祭のクラス演劇の演目で悩む、演劇部の京子(莉子)へ急接近。思わせぶりな言葉や、さりげないボディタッチでアプローチをはかり、言葉巧みに京子の心の隙間に入り込んでゆく姿が映し出されている。京子は冷静を装っているが、ときおり動揺を隠しきれていない様子も……。春人の色気が前面に押し出され、先生と生徒の一線を越えた!?シーンを映し出している。

 春人が実行しようとしている完全犯罪の“登場人物”の一人・京子は、どのように物語に絡んでくるのか……。

 映画『女子高生に殺されたい』は4月1日より全国ロードショー予定!

 ■本編映像第2弾
 https://youtu.be/aAGzaIQdqBs

 ※田中圭過去関連記事
 ・田中圭 真摯な夢披露で「自分もその一員として作品にかかわっていたい」!キラキラ感を持つためにランニング告白や大島優子から「おい!!!」と迫られる一幕も
 ・田中圭 青スーツ&メガネ姿で振り返り「これは僕が作り上げた 人生最後にして最高の舞台」!主演映画「女子高生に殺されたい」ティザービジュアル&追加キャスト解禁
 ・田中圭 永野芽郁から「ミステリアスなんて誰一人思ってないですよ!」や「もうそういうとこおっちゃめー!」なエピソード次々暴露!「僕がすごく好きな感じ」の部分とは?
 ・田中圭「怖い夢を見て泣きました」に石原さとみ 永野芽郁と正反対の対応で場内爆笑!「そこ言ったらダメでしょ」と事前にストップかける“父娘”姿も
 ・田中圭「俺からの……バトンを」とお茶目さから“娘”を“召喚”!永野芽郁からは寝癖が「芸術」で「写真展を開いてほしかった」や「よく分からない嘘」への対処法も【田中コメント部分ほぼ全文】

 ※記事内画像は(c)2022 日活

\

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする