ももクロ「生きものになれる展」内覧に“ももくろちゃんZ”として登場!ダンゴムシ体験や求愛ダンスも披露で盛り上がる

ももクロ「生きものになれる展」内覧に“ももくろちゃんZ”として登場!ダンゴムシ体験や求愛ダンスも披露で盛り上がる6

ももクロ「生きものになれる展」内覧に“ももくろちゃんZ”として登場!

 “ももクロ”こと人気アイドルグループ『ももいろクローバーZ』の百田夏菜子(23)、玉井詩織(22)、佐々木彩夏(21)、有安杏果(22)、高城れに(24)が28日、東京・台場の日本科学未来館で『MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!-』説明会&内覧会に登場した。

 図鑑『動く図鑑 MOVE』(講談社)のコンテンツや世界観をベースとしながら五感で生きものの知恵や技術を体感できる展覧会が、29日より同所で開催となる。ももクロは幼児向け知育番組『ぐーちょきぱーてぃー』(Hulu)に『ももくろちゃんZ』として、百田がおひさまかなこちゃん、玉井がたんぽぽしおりん、佐々木がぽっぽーあーりん、有安がもしもしももかちゃん、高城がれいにーれにちゃんで出演しており、同展の応援団に就任していることからゲストとして呼び込まれた。

 『ぐーちょきぱーてぃー』でもたまに着ているという冒険するような衣装で登場した5人。おなじみのあいさつも「いま会えるお姉さん!ももいろクローバーZ!」と、変化も。今回の就任に百田は「生き物が大好きなので就任が決まったときは本当に嬉しくて光栄です!」とニッコリで、高城も「本当に私達は、生きものを飼っているメンバーもいるし、生きものが大好きなので」と、うなずく。

 すでに5人は体験してみたそうで、玉井は、「すごい良い経験になるなって思います。大人も子供一緒に楽しめると思います!」というと、百田は「20代になってから1番はしゃいだかもしれない!5人でいっぺんに体験できるものもあって、1回目は失敗しても、2回目はクリアーできて!」と、興奮気味!

 さらに、生きもの展ということで、自分の一番なってみたい生き物を30秒でフリップに絵で描くというコーナーへ。

 百田は「ナマケモノです!」といい、「性格が似ていると言われて、行動がスローでのんびりだったりするんです。ナマケモノになって1日中、木にぶら下がっていたいなって。人間界なら暇になるかもしれないけどナマケモノ界では大丈夫じゃないかな」と、憧れがあるそう。

 高城は「ツルです。今年、年女で鳥には縁があるなって。空を飛んでみたい。自分の見たことのない景色を見たいです」と、上手い絵で説明したり、佐々木は「クマ」といい、寒くなってきたのではちみつを持って冬眠したい。シャケも食べたいです。全身が毛ならふわふわしてそう」と、食いしん坊な一面も。

 玉井はイルカと挙げ「一度イルカと泳がせてもらったことがあって、ジャンプとか、深く潜ったりできるし、人間じゃ見えない海の深さとかを経験したいと思いました。めちゃめちゃ跳ねたい!」と、海を探検したいそう。一方、有安はクラゲを描いたが、メンバーたちから「有安さん史上1番うまい」という絵で盛り上がるなか、有安は「クラゲは脳がなかったり感情もないのでちょっと楽かなって思ってクラゲにしてみました。水族館に行くと撮ってしまって」と、好きなものをストレートに。

 続けては、百田と玉井がダンゴムシになる体験へ。佐々木、有安、高城がダンゴムシの天敵のアリ役となったが、佐々木が攻撃的で、百田は「絶対女王アリです!」と、苦笑いしたり、求愛ダンスを披露したりで盛り上がっていた。

 百田から「本当に動物のことを楽しく学べるので家族みんなで来てもらえれば!待ってます!」と呼びかけていた『MOVE 生きものになれる展 -動く図鑑の世界にとびこもう!-』は29日から2018年4月8日まで同所にて開催!

ももクロ「生きものになれる展」内覧に“ももくろちゃんZ”として登場!ダンゴムシ体験や求愛ダンスも披露で盛り上がる1

ももクロ「生きものになれる展」内覧に“ももくろちゃんZ”として登場!ダンゴムシ体験や求愛ダンスも披露で盛り上がる2

ももクロ「生きものになれる展」内覧に“ももくろちゃんZ”として登場!ダンゴムシ体験や求愛ダンスも披露で盛り上がる3

ももクロ「生きものになれる展」内覧に“ももくろちゃんZ”として登場!ダンゴムシ体験や求愛ダンスも披露で盛り上がる4

ももクロ「生きものになれる展」内覧に“ももくろちゃんZ”として登場!ダンゴムシ体験や求愛ダンスも披露で盛り上がる5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする