中条あやみ サプライズに思わず涙!志尊淳&小関裕太とクリスマスプレゼント投げ入れで大盛り上がり

中条あやみ サプライズに思わず涙!志尊淳&小関裕太とクリスマスプレゼント投げ入れで大盛り上がり3

映画「覆面系ノイズ」公開記念舞台あいさつが開催!

 女優・中条あやみ(20)、俳優・志尊淳(22)、小関裕太(22)が6日、東京・新宿ピカデリーで映画『覆面系ノイズ』(監督:三木康一郎/配給:松竹)公開記念舞台あいさつを三木監督(47)とともに開いた。

 少女漫画『花とゆめ』(白泉社)で2013年から漫画家・福山リョウコ氏が連載している同名作が実写映画化!主人公の高校2年生・有栖川仁乃(中条)を中心にした高校生の切ない片想いの恋愛ドラマと、4人組覆面バンド『in NO hurry to shout;』(通称:イノハリ)の活動という青春模様が描かれる。

 公開から11日目となり作品の感想もそれぞれに届いているそうで中条は、「地元の友だちからは『♪響け!』と友達が歌っている動画が送られてきました(笑)。地元の友だちも観たという人が多くて嬉しく思いました。もともとみんなでカラオケに行ったことがなかったのでいつの間に歌の練習してたのって」と、驚かれたのだとか。

 志尊は、「僕には姉がいるんですけど、姉が僕の作品を観てくれたことないんです。海外にいるので。それでこの作品観てくれて、中条あやみちゃん可愛いね、小関くんはカッコイイね。お前は唇が紫だったねって。それが海のシーンなんですよ」と、もう少し言ってほしかった様子も。

 一方の小関は、「身近な人に感想をもらいますけど、映画を観た後に会うと全然違う人と言われて。CMだと無口なので気づかれないということもあって」と、苦笑いを浮かべながら友達に説明する姿が目に浮かぶようなコメントも。

 その一部として、中条が特訓を積み重ねた結晶の歌唱シーンを褒めるものも多かったそう。中条は、「SNSを見ていても歌を褒めてもらえたりするので頑張ってよかったなって。いい曲だから作ってくださった方がいて、横でしっかり演奏してくれるみんながいなかったらと思っているんです。これまで、歌は避けていきたいと思っていたジャンルだったので、なんで私に来たんだろうというくらいだったので」と、しみじみで志尊は、「ライブ前にすごい暗い顔をしてたから円陣組んだよね」と、思い出も披露。

 志尊の演じるキャラクターが涙するシーンにも、感動したという声に志尊は、「あのときは役になりきっていて。普段エゴサはしないんですけど、覆面系ノイズの感想を観たときに、自分がこうだと思ってやってきたことが感じてもらえるのは嬉しく思いました」と、お礼を伝えていた。

 さらに服装の話になると、志尊は「セッションのシーンは私服です。4、5回衣装合わせしてしたんですけど、高校生でバンドマンというとそうとうこだわりがあると思って、採用されたのは私服でやっています」と、裏話が明かされる一幕もあった。

 イベント中盤からは、音楽ディレクターの北村氏よりサプライズで中条へ向けた手紙が届くことに。中条は、「泣かせようとしてる!」と警戒心を見せたが、北村氏からの「耳にした人を振り返らせるような歌」「休憩しようと自分からは言い出さなかったですね」「躍動感ある歌声でビックリしました」などのメッセージに、中条の瞳からは涙がとめどなく流れる。

 全部が読み終わった後、中条は「してやられましたね」と、涙をぬぐいつつ、「大変だなと思うこともあったんですけどみんなが優しくて温かくて、歌手を目指している者ではないのに、全員が動いてくださって……。そのみなさんのおかげでここまで頑張ってこれたんだなと思いました」と、万感といった様子で言葉を紡ぐ。これに志尊も「弱音を吐かずにやってきたのは中条ちゃん。座長が引っ張ってくれたから支えよう頑張ろうという気持ちになれたんです」と、優しい声をかけていた。

 終盤には、観客と「覆面系ノイズ!」「大好き!」コール&レスポンスをしたり、ちょっと早いクリスマスプレゼントも客席に投げ込まれにぎわう中でイベントは終演を迎えていた。

 映画『覆面系ノイズ』は公開中!

中条あやみ サプライズに思わず涙!志尊淳&小関裕太とクリスマスプレゼント投げ入れで大盛り上がり1

中条あやみ サプライズに思わず涙!志尊淳&小関裕太とクリスマスプレゼント投げ入れで大盛り上がり2

中条あやみ サプライズに思わず涙!志尊淳&小関裕太とクリスマスプレゼント投げ入れで大盛り上がり4

中条あやみ サプライズに思わず涙!志尊淳&小関裕太とクリスマスプレゼント投げ入れで大盛り上がり5

中条あやみ サプライズに思わず涙!志尊淳&小関裕太とクリスマスプレゼント投げ入れで大盛り上がり6

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする