相葉雅紀「明治おいしい低脂肪乳」イメージキャラクター就任でオーバーオール姿で牛と掛け合い!“もう”づくしの茶目っ気も

相葉雅紀「明治おいしい低脂肪乳」イメージキャラクター就任でオーバーオール姿で牛と掛け合い!“もう”づくしの茶目っ気も1

相葉雅紀「明治おいしい低脂肪乳」イメージキャラクターに就任!

 アイドルグループ『嵐』の相葉雅紀(36)が2日よりオンエアがスタートする『明治おいしい低脂肪乳』新TVCM『牛と相葉さん』篇に登場する。

 株式会社 明治が2日より氷点濃縮仕立ての乳原料を採用し、新鮮な香りとコクとおいしさを実現した『明治おいしい低脂肪乳』を発売。そのイメージキャラクターに相葉を起用することとなった。

 CMの舞台は一面に緑が広がる牧場。オーバーオール姿の相葉が、青空の下、1頭の雌牛と、『明治おいしい低脂肪乳』のおいしさをめぐり漫才さながらの軽妙なトークをするというもの。牛が「“もう”おいしすぎて申し訳ない!」と、ダジャレを入れ込むと相葉は、「なんで謝んの?」と冷静な表情でテンポよくツッコんだり、その後も“もう”を入れる牛の“猛攻”をリズミカルな掛け合いでさばいていく。しかし、その最後には、牛の口ぐせがうつり、相葉が「“猛”アピールです」とボケ返すものとなる。ほかにも、相葉がおいしそうな表情で『明治おいしい低脂肪乳』を飲む姿も見どころの1つとなる。

 撮影では、牛とのやり取りにも特別な演技指導はなく、“相葉”としてカメラの前に立つ。事前の打ち合わせで相葉は「どんなテンションですか?友達に話しかける感じ?」とセリフのトーンや、「牛のテンションはどれくらいですか?」と、しっかり確認。そんなこともあっただけに、監督は撮影しながら「ボケとツッコミでいうと、相葉さんはツッコミが似合うキャラクターだと思っていましたが、予想以上に牛との掛け合いが息ぴったりでした」と、舌を巻くほど。さらに、相葉は、カメラ前で待ち時間があると、空のグラスを手にして飲み方やセリフの練習を繰り返し、「もうちょい上げますか?」と、プロの仕事ぶりを見せた。

 ちなみに、この牧場はセットで、スタジオは本物の草を敷き詰め、リアルな牧場の雰囲気を再現。草の種類にもこだわり、造園のプロが6人がかりでセッティングシーンごとに配置や草の丈を変更する徹底ぶりだった。しかし、そんな完璧すぎる植え付けが裏目に出たのか、相葉の立ち位置を示す目印が草に埋もれて見つからなくなってしまう一幕も。数人のスタッフが大慌てで草の根をかき分けた末に発見できたが、相葉はその状況も楽しんでいたようで、「草がフワフワして不安定だね(笑)」と、笑顔で和ませていた。

 続けて、『明治おいしい低脂肪乳』を飲むシーンへ。何度もバリエーション撮影したが、監督から「次は3口で飲むシーン、いけますか?」と頼まれても「ぜんぜんイケますよ!」と、笑みが絶えない。スタッフが心配して声をかけたが、「大丈夫です」といい、飲むシーンはそのまま10数回続けるタフさを見せる。飲み終えた瞬間の笑顔は常に絶品でNGはないものとなった。

 このコップに注いだ『明治おいしい低脂肪乳』は泡が立たないように、表面に残ってしまう小さな泡はスタッフが竹串を使って丁寧に処理。それを見ていた相葉は、興味津々で、「職人だね~」と眺めることも。撮影のペースが早くなると、スタッフも竹串を2本に増やしてペースアップ。相葉はますます笑顔で「二刀流じゃん。やるね~」と、声をかけていたが、数回分のストックが用意されると「めっちゃできてるじゃん。すごいね~」と、さすがに驚いていた。

 撮影後にインタビューを受け、製品を飲んでみた感想へ、「低脂肪乳はコクや香りが少し弱いのかな……という印象もありましたが、これ(『明治おいしい低脂肪乳』)は低脂肪乳とは思えないほどコクがあって、めちゃめちゃおいしかったです!」と、レポート。CMの撮影へは、「“も”うね、セリフのテンポが“モー”レツ早くて……。“もう”少しでセリフをかみそうになりました。(共演した牛のくちグセが)“もう”抜けないですね(笑)」と、CMの牛のような“もう”づくしの遊び心を見せていた。

 明治おいしい低脂肪乳新TVCM『牛と相葉さん』篇は15秒、30秒で2日より放送スタート!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする