米倉涼子スタイルの「アップダウンが激しい」こと告白!チャームポイントの美脚もむくみやすいとも

米倉涼子スタイルの「アップダウンが激しい」こと告白!チャームポイントの美脚もむくみやすいとも1

米倉涼子『日経ヘルス Presents ビューティーミューズ大賞2018』を受賞!

 女優・米倉涼子(42)が20日、東京ミッドタウンで開催中の『WOMAN EXPO TOKYO 2018』内で『日経ヘルス Presents ビューティーミューズ大賞2018』授賞式に登壇した。

 「肩幅広いでしょ。コンプレックスなんです」と苦笑いしつつも、白いドレスをしっかり着こなして登壇した米倉。

 “挑戦しつづける生き方の秘訣、進化しつづける美の秘訣”をテーマに、これまでの『日経ヘルス』で飾った表紙の画像を振り返りながら、「アップダウンが激しいんです。ラッキーなことに日経ヘルスさんのお仕事を受ける時は忙しい時で外がシュッとしているときなんです」と、笑いながら裏話を披露。

 人気ドラマ『ドクターX』で大門未知子役をはじめドラマへ出演する際は「睡眠時間もなくなるし、食事する時間もなくなるし、人と接する時間も長いし。あまり体が大きいと入らない服とかもあるので」と、過酷な様子も伺わせていた。

 続けて、スタイルの維持の話へ。自身のことは参考にならないと前置きしつつ、まずは食生活へ「太っちゃう前がなんとなく分かるんです。太りそうだなと思うギリギリ前ぐらいに自分に言い聞かせて、食べない。1日中ではないですけど、朝昼を食べないとか。だけど1食で食べる量は大門未知子に負けてないですね、私。出てくるものは残さないので、目の前に置かないようにしていて」と、自己流の食生活も。

 米倉のチャームポイントの1つである脚へは、「すごくコンプレックスがあって、膝から下がO脚なんです」と、告白。しかも、「私、脚にすべての体調が出るんです。朝起きてむくんでないなと思っても、2時間くらい経ったら2センチくらい変わっていたりして」と、とにかくむくみやすいそう。

 そんな脚なだけに、「大門未知子の役は本当にイライラしますね。1日中ヒールを履いてないといけないので、すぐむくむので、段差を見つけてアキレス腱を伸ばしてみたりとかしていますけど。だから、短いスカートとかムカつきます。その日最後の撮影かなってときに限って、脚からのパーンするシーンですから(苦笑)。女子の気持ちが分からない人たちだって思います」と、ならではの悩みもあるようだった。

 さらに、人間関係の話題では、「失敗もいっぱいあるし、周りに居てくださる方が『道を間違えているんじゃない』とか言ってくれるからいまがあると思うんです。失敗がない人なんていないと思うんです。反省することもたくさんあるし。でも、自分しかいないから、吹っ切るしかないかなって。ものすごくネガティブなので、みんなに背中を押してもらっています」と、考えを披露し、「ネガティブ思考+負けず嫌いというのはあって。プラス思考ではないですが、自分には負けたくないです」と、胸に抱いている思いも話していた。

米倉涼子スタイルの「アップダウンが激しい」こと告白!チャームポイントの美脚もむくみやすいとも3

肩幅を気にしているという米倉

米倉涼子スタイルの「アップダウンが激しい」こと告白!チャームポイントの美脚もむくみやすいとも2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする